最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 トム・ヨークも絶賛のSPANK ROCK、5 年ぶりの新作をリリース
http://ro69.jp/news/detail/56802

トム・ヨークやボーイズ・ノイズ、マーク・ロンソンも絶賛する2006 年『YoYoYoYoYo』でデビューを果たした米フィラデルフィア出身のヒップホップ・グループ、スパンク・ロックが、10月12日に5年ぶりのニュー・アルバム『Everything Is Boring & Everyone Is a Fucking Liar』をリリース。前作以上にバラエティに富んだフロア・キラーなブチ上げサウンド!なのだとか。

携帯amazon:


Written by Grecoviche at 2011-08-26 07:27:05
【洋楽】 リアム・ギャラガー、謝罪を受けノエル告訴を取り下げ
http://oops-music.com/info/view_news.html?nid=69196

オアシスの解散理由をめぐり、兄のノエル・ギャラガーを告訴していたリアム・ギャラガー。しかしノエルの謝罪を受け、告訴を取り下げたことが明らかに。ノエルはそのウェブ・キャストにおいて「真実はどこまでいってもひとつだが、表向き、リアムが喉頭炎を患っていて、医者からの診断書もあったことは事実だ。もし俺の発言が奴の気を悪くしたなら、それは謝っておきたい。でもこうして法廷にまでいくことは度を越しているし、気持ちのいいものではない」とコメント。
また告訴の取り下げには、2人の母親のペギー・ギャラガーが不快感を示していたことをリアムが知り、考え直したことも影響しているとも伝えています。

Written by Grecoviche at 2011-08-26 07:26:50
【洋楽】 Amy Winehouse 遺体から薬物は検出されず
http://www.mtvjapan.com/news/music/19550

エイミー・ワインハウスの毒物検査の結果、非合法薬物は検出されなかったことが発表。薬物検査によると、遺体からアルコール成分が検出されたが、「それが死亡の原因となったか否かは、現時点では断定されていない」とのこと。エイミーの家族は「私たち家族一同、警察や検察医の調査および報告に感謝しております。引き続き10月まで、最終結果の調査を待ちたいと思います」とコメント。エイミー・ワインハウスの父親は、彼女は過去3年近くは薬物を断っていたことを明かしている。ここ数年の体型の激変は一体何だったのか?

Written by Grecoviche at 2011-08-25 09:17:39
【洋楽】 Michael Jackson 追悼公演にビヨンセも参加!
http://oops-music.com/info/view_news.html?nid=69163

今年10月8日にイギリスはウェールズにあるMillennium Stadiumにて開催されるマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の追悼コンサート「Michael Forever: The Tribute Concert」に、新たにビヨンセ(Beyonce)が参加。しかしながらスケジュール上の都合により現地には行けないため、衛星放送を使っての参加となり、彼女の「お気に入りのジャクソン5(Jackson 5)の楽曲」を、「これまでに観たことのないようなユニークなパフォーマンス」で披露する予定だとか。すでにジャクソン兄弟から数人のほか、クリスティーナ・アギレラ、シー・ロー、スモーキー・ロビンソン、クレイグ・デイヴィッドらが参加すると発表済み。
ファンから非難を受けKISSの参加リストから外したり、チャリティによる寄付金がどの団体へ贈られるのか定かでなかったり、色々問題を抱えたコンサート、開催できるのでしょうか?

Written by Grecoviche at 2011-08-25 09:17:21
【洋楽】 Red Hot Chili Peppers 『アイム・ウィズ・ユー』、iTunes Storeで全曲試聴公開
http://www.barks.jp/news/?id=1000072634

レッド・ホット・チリ・ペッパーズのニュー・アルバム『アイム・ウィズ・ユー』の全曲の無料ストリーミング試聴がiTunes Storeにて公開。この試聴は、8月31日のiTunes Storeでの配信前日までの期間限定。
先日行われたサマソニでも新曲を披露してましたが、先行シングル「The Adventures Of Rain Dance Maggie」同様に評判もよく、その辺りの自信からか発売前の全曲ストリーミングとなったのでしょうか?プロデュースは過去5作同様リック・ルービン。ジョンの不在を埋めるとまでもいかないまでも安定感はあります。



携帯amazon:

Written by Grecoviche at 2011-08-24 08:47:59
【洋楽】 リアム・ギャラガー、オアシス解散理由をめぐって兄ノエルを提訴
http://oops-music.com/info/view_news.html?nid=69076

リアム・ギャラガーが、オアシスの解散理由をめぐり、兄ノエル・ギャラガーの発言が真実でないとして提訴。 2009年のオアシス解散の発端となった〈V Festival〉出演キャンセルについて、先にノエルは記者会見で「キャンセルはリアムの二日酔いが原因だ。またリアムが自身のブランド〈Pretty Green〉の宣伝をオアシスのツアー・パンフに載せようとしたことも解散の口論の一因だった」と発言していたが、これにリアムが反発。発言は真実ではないとし、法廷にノエルからの謝罪を求める訴えを起こしているとか。金銭ではなくあくまでも謝罪を求めているようで、これだけ時間が経過しても忘れらないほど頭にきているのでしょう。ノエルにも非がありそうですが・・・

Written by Grecoviche at 2011-08-23 09:03:12
【洋楽】 Radiohead 60分に及ぶライブ映像『フロム・ザ・ベースメント』公開
http://www.barks.jp/news/?id=1000072577

2011年2月に突如8thアルバム『ザ・キング・オブ・リムス』を発表し、9月21日には同作のリミックス・アルバム『TKOL RMX 1 2 3 4 5 6 7』を日本3週間先行発売することが発表したレディオヘッドが、ナイジェル・ゴドリッチのプロデュースで収録されたスタジオライヴ『フロム・ザ・ベースメント』のフル映像を公開。約1時間にも及ぶ強力な映像です。『ザ・キング・オブ・リムス』収録の8曲の他に、新曲「ステアケース」、アトムス・フォー・ピースやトムのソロライヴでプレイされていた「ザ・デイリー・メール」を含む全10曲が披露。メンバーのほか、パーカッションやホーンセクションも加わりかなり濃厚な内容となってます。



Written by Grecoviche at 2011-08-22 08:54:12
【洋楽】 TALKING HEADS 全キャリアを総括するライヴ映像集リリース
http://oops-music.com/info/view_news.html?nid=69013

トーキング・ヘッズが、デビュー当時から現在に至るまでのライヴ映像を集めたDVD作品「Chronology」を10月18日にリリース。結成から間もない70年代半ばの映像から、2002年の再結成ライヴの様子までを年代順にコンパイルしたものとなり、デヴィッド・バーンをはじめとするオリジナル・メンバー4人のオーディオ・コメンタリーも収録。数量限定で発売されるリミテッド・エディションには48ページにも及ぶハードカヴァーのブックレットが付属。収録曲は以下の通り。これは欲しい!

TALKING HEADS「Chronology」収録曲
1. Mic Test (1976)
2. With Our Love (1975)
3. I’m Not In Love (1975)
4. Psycho Killer (1975)
5. Intros Montage (1976)
6. The Girls Want To Be With The Girls (1976)
7. Don’t Worry About The Government (1978)
8. Dressing room fan footage: Found A Job (1978)
9. Thank You For Sending Me An Angel (1978)
10. Warning Sign (1978)
11. Artists Only (1979)
12. Take Me To The River (1979)
13. Crosseyed And Painless (1980)
14. Animals (1980)
15. Love ? Building On Fire (1982)
16. Citie”(1982)
17. Burning Down The House (1983)
18. Life During Wartime (2002)

携帯amazon:

Written by Grecoviche at 2011-08-22 08:53:39
【洋楽】 U2、アイルランドの音楽教育支援で5年間、政府の肩代わり
http://ro69.jp/news/detail/56590

U2は2015年までに計500万ユーロ(約5億4500万円)もの寄付をアイルランドの音楽教育支援のために行うことを明らかに。支援は主に音楽機材や音楽教師の人件費に回されることになるとか。さらにバンドは世界中に住むアイルランド系の人々によって支えられているアイルランド基金にも200万ユーロ(約2億1800万円)の寄付を行うとのだとか。もともと慈善活動には熱心なバンドですが、このところ騒がれている脱税疑惑を和らげる意図があるのではと勘ぐりたくなります。それでも継続して慈善活動を行っていること自体は立派なことです。

Written by Grecoviche at 2011-08-22 08:53:22
【洋楽】 映画「ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター」
http://getloud.asmik-ace.co.jp/

エレキギターの3世代におけるスーパースター、U2のジ・エッジ、レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ、ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトの実像と音楽に迫るドキュメンタリー映画「ゲット・ラウド」が9月9日に公開。監督は、『不都合な真実』で第79回アカデミー賞ドキュメンタリー長編賞に輝いたデイヴィス・グッゲンハイム。3人の光と影を浮かび上がらせるインタビューや貴重な過去の映像はもちろん、クライマックスのジャム・セッション場面が見どころ。



Written by Grecoviche at 2011-08-19 08:16:55
6552 件中 1321 - 1330 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652 653 654 655 656  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [22940513]