最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 TODD RUNDGREN、伝説のブルース・ギタリストに捧げる来日公演を開催
http://smash-jpn.com/band/2010/10_todd/index.php

トッド・ラングレンの来日が決定。しかも単なるステージなく、伝説のブルース・ギタリスト ロバート・ジョンソンを弾きまくるというもの。共演はおなじみのジェシー・グレス(G)、カシム・サルトン(Bs)、プレーリー・プリンス(Dr)らを従えての完璧な布陣。日程は、10月11日(月・祝)東京・渋谷CLUB QUATTRO、13日(水)愛知・名古屋CLUB QUATTRO、14日(木)大阪・心斎橋CLUB QUATTRO、15日(金)東京・Shibuya DUO Music Exchangeの4公演。お問い合わせはSMASHまで。

Written by Grecoviche at 2010-06-04 10:59:21
【洋楽】 Manic Street Preachers ツアーが悩みのタネに
http://www.barks.jp/news/?id=1000061597

9月に新作『Postcards From A Young Man』をリリースするマニック・ストリート・プリーチャーズが、それにあわせUKツアーを行なうことを発表。しかしながら、ニッキー・ワイアーは、曲があり過ぎてセットリストに頭を悩ませているとか。「ツアーはちょっと厄介なことになりつつある。セットリストのせいでね。まさに曲が多すぎる。俺ら、インディ・ローリング・ストーンズだ。セットリストはどんどん長くなるし、曲の選択はどんどん難しくなる。ファンの希望もいろいろだしな。『Journal For Plague Lovers』や『The Holy Bible』の曲をたくさん聴きたいって人もいれば、『Everything Must Go』や『This Is My Truth』がいいって人もいる」と談。確かに去年のツアーは2部構成となり、1部で新作、2部でヒット曲を演奏。2部だけで15曲あったというから軽いフェスティバル。
『Postcards From A Young Man』についてニッキーは、ホーン・セクションを取り入れたゴージャスで厚みのあるサウンドで絶賛を集めたエアロスミスの名盤『Pump』(1989年)に匹敵する作品になるだろうと談。公式サイトでは、俳優ティム・ロスをフィーチャーした新作のカヴァー・アートを公開中なのでそちらもチェック!

Written by Grecoviche at 2010-06-03 09:57:25
【洋楽】 PAUL McCARTNEY ツアー・バスが、メキシコでギャングに襲われる
http://oops-music.com/info/view_news.html?nid=56906

ポール・マッカートニーのツアー・バスが、ツアー先のメキシコでギャングに襲われていたことが明らかに。メキシコ・シティーでのコンサートの後、ポールやスタッフが乗ったツアー・バスが、ギャングのメンバーが囲まれ襲撃され、ギャングはバスの屋根に登り飛び跳ねるなどしたが、通報により駆けつけた警察のサイレンを聞くとすぐに立ち去り大きな被害はなかったとか。また良いニュースとして、米議会図書館がポピュラー音楽で世界的な貢献をした人を表彰するガーシュウィン賞の受賞が決定。表彰式の後はスティービー・ワンダー、フェイス・ヒル、エルビス・コステロらとホワイトハウスでコンサートを開くのだとか。「これまでにも素晴らしい賞を幾つかもらったけれど、リバプールで育ったイギリス人にとって、ホワイトハウスは特別だ。普段の観客とは違うので緊張しそうだが、楽しんでやりたいと思う」と本人談。

Written by Grecoviche at 2010-06-03 09:57:08
【洋楽】 FUJI ROCK FESTIVAL ワン・デイ・アズ・ア・ライオン出演決定!
http://www.fujirockfestival.com/

フジロックフェスティバルの出演アーティスト第7弾が発表となり、ザック・デ・ラ・ロッチャ(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン)とジョン・セオドア(元マーズ・ヴォルタ)によるプロジェクト、ワン・デイ・アズ・ア・ライオンの出演が決定!年内にアルバムを出すとは言われてますが、その前に観られるとは。その他にも、サード・アイド・ブラインド、ラスマス・フェイバー、ザ・エックス・エックスなど、新たに18組みが発表。また、ステージ別ラインナップも発表。

Written by Grecoviche at 2010-06-02 09:28:13
【洋楽】 ジャック・ジョンソン、新作は「最高に高い波」
http://www.mtvjapan.com/news/music/17806

ジャック・ジョンソン待望のニュー・アルバム『To the Sea初回限定盤)』が5月26日、日本先行発売し、オリコン・デイリー・アルバム・ランキングでは初登場10位、iTunesのトップアルバム・チャート(総合)で1位獲得と絶好調だとか。今作について「今作は、人生を祝うようなアルバムになっているんだ。友人や家族を失った後に、生を祝うものとして見られるようになった。波のサイズで例えたら、僕の他のアルバムと比べたら今作は最高に高い波ってことになるかな」と本人談。まだの方は是非!

携帯amazon:

Written by Grecoviche at 2010-05-28 08:26:16
【洋楽】 U2、グラストンベリーのヘッドラインをキャンセル
http://www.barks.jp/news/?id=1000061374

ボノが背中の緊急手術を受けたことによりU2が北米ツアーおよびグラストンベリー・フェスティヴァルへの出演をキャンセル。グラストンの代役はゴリラズの模様。ボノはすでに退院し順調に回復に向かっているものの、今後、リハビリが必要だという。
またボノはグラストンフェスの主催者に電話を入れ「打ちひしがれてる。何か特別なことをやりたいって思っていたんだ。フェスティヴァルのため特別に曲も作っていたのに」と話したとか。

Written by Grecoviche at 2010-05-27 08:40:21
【洋楽】 リアム・ギャラガー、新バンドの名前を発表
http://www.mtvjapan.com/news/music/17796

元オアシスのシンガー、リアム・ギャラガーが、新バンドの名前を発表。「ビーディ・アイ(Beady Eye)」。メンバーは、リアムと元オアシスのゲム・アーチャー、アンディ・ベル、そしてクリス・シャーロック。現在、ローリング・ストーンズやU2の作品で知られる大御所のスティーヴ・リリーホワイトをプロデューサーにデビュー・アルバムをレコーディング中だとか。

Written by Grecoviche at 2010-05-27 08:40:07
【洋楽】 ミック・ジャガーが語るドラッグ、批評家、ビートルズ
http://cnn.co.jp/showbiz/AIC201005220014.html

ボーカルのミック・ジャガーに、ラリー・キングが、ドラッグ問題や批評家、ビートルズなどについてインタビュー。ビートルズをライバル視していたかの問いに、「ライバルであり同時に・・・どう言ったらいいか、うまい言葉が見つからない。つまりビートルズは「進むべき道筋」を示してくれた。」と談。興味深いインタビューの動画及びテキストにおこしたものが記事元で確認できます。是非!

Written by Grecoviche at 2010-05-25 08:25:33
【洋楽】 The Chemical Brothers 新作を体験できるイベントを開催!
https://www.j-wave.co.jp/topics/1005_chemical.htm

ケミカル・ブラザーズの、3年ぶり7枚目となる待望の最新作『時空の彼方へ』が世界に先駆け6/9に日本で発売されることを受け、最新映像を東京渋谷WOMBにて爆音で、そして大画面で楽しもうという上映会&DJイベントの開催が決定。このイベントは、J-WAVE、MTV JAPAN、MySpaceといった、3社による完全招待制の合同企画で、3社で企画する音楽イベントとしては初の試み。応募はJ-WAVEMTV JAPANMySpace各社のサイトから。

Written by Grecoviche at 2010-05-25 08:25:14
【洋楽】 EELSが今年2枚目の新作リリース
http://www.eelstheband.com/

マーク・オリヴァー・エヴァレットによるバンド、イールズがニュー・アルバム『Tomorrow Morning』を海外で8月24日にリリース。今年1月に前作『End Times』をリリースしてからわずか半年。今年はサマソニへの出演が決定し盛り上がり必至です。

Written by Grecoviche at 2010-05-24 10:03:21
6538 件中 1671 - 1680 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652 653 654  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [22671035]