最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 Ben Folds: Tiny Desk Concert
http://www.npr.org/2016/02/16/466945874/ben-folds-tiny-desk-concert

ペンフォールズのTiny Deskセッション。ピアノのみ。途中歌詞を忘れる一幕もあります。



"Phone In A Pool"
"Not A Fan"
"Capable Of Anything"
"Emaline"
"One Angry Dwarf And 200 Solemn Faces"

Written by Grecoviche at 2016-02-17 09:07:27
【洋楽】 フレーミング・リップス、自身のライヴでデヴィッド・ボウイを8曲カヴァー
http://nme-jp.com/news/14722/

ザ・フレーミング・リップスはデヴィッド・ボウイへの追悼の意を表明して、自身の公演で数々のボウイの“Space Oddity”、“Fame”、“Ziggy Stardust”、“Golden Years”、“Life on Mars”、“Five Years’”、“The Man Who Sold the World”、“Ashes to Ashes”をカヴァー。

Flaming Lips - 8 David Bowie Covers - 2/12/16 Tribute Set


Written by Grecoviche at 2016-02-15 12:58:32
【洋楽】 フジロックフェスティバル、第1弾出演アーティストを発表
http://www.fujirockfestival.com/news/?id=2873

7月22日(金)23日(土)24日(日)に、新潟県湯沢町苗場スキー場で開催されるフジロックフェスティバルが第1弾出演アーティストを発表。

Red Hot Chili Peppers
Sigur Ros
Disclosure
Battles
Ben Harper & The Innocent Criminals
Con Brio
Courtney Barnett
Ernest Ranglin
G.Love & Special Source
Dj Harvey
The Internet
Jack Garratt
Jake Bugg
Kamasi Washington
Kula Shaker
Leon Bridges
Mura Masa
Oliver Heldens
Robert Glasper Experiment
Squarepusher
2 Cellos

Written by Grecoviche at 2016-02-12 14:11:24
【洋楽】 ジョン・レノンの髪がオークションにかけられることが明らかに
http://nme-jp.com/news/14418/

今月、ジョン・レノンの髪束がオークションにかけられることが明らかに。映画『ジョン・レノンの僕の戦争(HOW I WON THE WAR)』の出演にあたって切られたもので、1966年9月にドイツ人の美容師が切ったもので、髪束は10センチほどのものだとか。

オークションは2月20日に行われる。現在の掛け金は12000ドル(約140万円)。

Written by Grecoviche at 2016-02-12 08:31:51
【洋楽】 Elton John Carpool Karaoke
https://youtu.be/nblf7Yw4jys

米TV番組『The Late Late Show with James Corden』でエルトン乗車。



Written by Grecoviche at 2016-02-09 09:19:53
【洋楽】 コールドプレイ、ハーフタイム・ショウのパフォーマンス映像がオンラインに
http://nme-jp.com/news/14300/

50回目を迎えた今年のスーパー・ボウル。コールドプレイによるハーフタイム・ショウのパフォーマンス映像がオンラインにアップ。

コールドプレイは“Viva La Vida”や“Paradise”、“Adventure of a Lifetime”を演奏したほか、ブルーノ・マーズとマーク・ロンソンがゲスト出演して“Uptown Funk”を披露し、ビヨンセもゲスト出演して直前にリリースした“Formation”を披露。
最近のブルーノ・マーズのスター感ハンパねぇ。

Super Bowl 50 - Full Halftime Show HQ (Coldplay, Bruno Mars & Beyonce) | 07/02/2016


Written by Grecoviche at 2016-02-08 11:56:16
【洋楽】 コールドプレイのクリス・マーティン、米テレビ企画でヒッチハイクして車の中でカラオケ状態
http://nme-jp.com/news/14018/

コールドプレイのフロントマンであるクリス・マーティンとコメディアンのジェームズ・コーデンは、テレビの企画「カープール・カラオケ」でコールドプレイのヒット曲やデヴィッド・ボウイのカヴァーを披露。これおもしろーい。

Chris Martin Carpool Karaoke


Written by Grecoviche at 2016-02-04 12:21:12
【洋楽】 ストーン・ローゼズの伝記本『コンプリート・ストーン・ローゼズ』発売
http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK046

コンプリート・ストーン・ローゼズ
自ら激動なバンド人生を選んだ異才ロック・バンドの全軌跡

Stone Rosesの伝記本がいよいよ日本でも出版に。メンバーのレニ、マニの協力を得て、著者のサイモン・スペンスが400時間以上もの取材やリサーチを行い執筆した、ストーン・ローゼスのほぼ初となる詳細な伝記本『コンプリート・ストーン・ローゼズ (自ら激動なバンド人生を選んだ異才ロック・バンドの全軌跡)』がDU BOOKSから3月19日に発売。

サイモン・スペンス (著), 佐藤一道(Monchicon!) (翻訳)

【目次】
プロローグ
1. ザ・パトロール ※ストーン・ローゼズの前身バンド
2. レニ ※メンバー(ドラム)
3. スウェーデン ※デビュー前のスウェーデン記
4. ソー・ヤング ※1985年デビュー・シングル
5. ハネット ※マーティン・ハネット
6. ギャレス ※悪名高いマネージャー
7. マニ ※メンバー(ベース)
8. レッキ― ※ジョン・レッキ―
9. ブラックプール ※89年の有名なライヴ
10. フールズ・ゴールド ※1989年シングル
11. マッドチェスター
12. ワン・ラヴ ※1990年シングル
13. ゲフィン ※1st以降の移籍先レーベル
14. セカンド・カミング ※2ndアルバム
15. レニ 2
16. ロビー ※レニの後のドラマー
17. フィフティーン・イヤーズ
18. リユニオン ※再結成
あとがき
ギゴグラフィ/ディスコグラフィ
発言記録
参考文献
登場人物などのインデックス

A5版 / 384ページ / 並製
2016年3月発売予定



コンプリート・ストーン・ローゼズ (自ら激動なバンド人生を選んだ異才ロック・バンドの全軌跡)

Written by Grecoviche at 2016-02-03 15:01:36
【洋楽】 ブライアン・ウィルソンをモデルにした史上最高のロックンロール小説『ホエール・ミュージック』発売!
http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK096

BRIAN WILSON PRESENTS SMILEツアーのパンフには、SMILEにインスパイアされた文学作品が3作紹介されていた。
ルイス・シャトナーの『グリンプス (ちくま文庫)』(創元SF文庫、ちくま文庫)とサルマン・ラシュディの『THE GROUND BENEATH HER FEET』、そして本書、ポール・クォリントンの『ホエール・ミュージック(仮)』だ。

主人公はデズモンド・ハウルという天才的なミュージシャン。
しかし周囲からのプレッシャーとドラッグのせいで精神に変調をきたし、今では世捨て人同然の暮らしを送りながら、未完の大作「ホエール・ミュージック」の作業を、えんえんと続けている。

そんなある日、彼の家にクレアという少女があらわれる。天真爛漫だがどこか悲しげな彼女と接していくうちに、ずっと閉ざされていたハウルの世界は次第に開けはじめ、かつての仲間たちの協力を得て、「ホエール・ミュージック」も完成に近づいてくる。ところが恩人のクレアが行方知れずになり、ついにデズモンドは勇を鼓して、外の世界に踏み出すのだった......。

いうまでもなく「デズモンド」はブライアン・ウィルソンがモデルだが、ほかにも偽ロック史のエピソードがふんだんに盛りこまれている。例えばビートルズが「エド・サリヴァン・ショウ」に出演したとき、デズモンド率いるハウル・ブラザース(ビーチ・ボーイズ)はなんとエルヴィスの家にいて、ピンボールで遊びながら横目で見ていた、とか...。また、主人公はドラッグのせいで、ついさっきのことを忘れてしまうという設定なので、一人称の文章が時間的に痙攣し、カート・ヴォネガット的な効果を上げている。「ブライアン」が女の子を捜してひさびさに外に出てからの、スラップスティック的な描写も楽しい。

著者のポール・クォリントンは、スティーヴン・リーコック賞の受賞経験があるカナダの作家兼ミュージシャン。本書は「ペントハウス」誌で「史上最高のロックンロール小説」と絶賛された。1994年にカナダで映画化もされ、高評価を得ている。


翻訳 : 奥田祐士(おくだ・ゆうじ)
1958年、広島生まれ。東京外国語大学英米語学科卒業。
雑誌編集をへて翻訳業。主な訳書に『レコーディング・スタジオの伝説』『トッド・ラングレンのスタジオ黄金狂時代』
『バート・バカラック自伝』『スティーリー・ダン Aja作曲術と作詞法』などがある。

四六 / 304ページ / 並製
2016年2月発売








ホエール・ミュージック(仮)

グリンプス (ちくま文庫)


Written by Grecoviche at 2016-02-03 09:08:42
【洋楽】 プライマル・スクリーム、スカイ・フェレイラ参加の新曲の音源を公開
http://nme-jp.com/news/13868/

プライマル・スクリームは、スカイ・フェレイラ参加のニュー・シングル「Where The Light Gets In」の一部を公開。

プライマルの新譜『カオスモシス』は2016年3月18日にリリース予定。

Written by Grecoviche at 2016-02-02 07:59:26
6518 件中 161 - 170 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21808310]