最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 Beyonce パフォーマンス中に胸があらわに・・・!
http://www.youtube.com/watch?v=xTfQMUJr5nk

自身のファッション・ブランド「House of Dereno」の発表会の席でパフォーマンスを披露したビヨンセ。ダンサーを従え、大ヒット曲「Deja Vu」で激しく歌い踊っていたところ、なんとドレスの前面がはだけて上半身があらわに。



Written by Grecoviche at 2007-08-23 09:20:12
【洋楽】 Subkicks 待望の初来日公演が決定!
http://www.udo.jp/artist/Subkicks/index.html

2004年、イギリスはウェストミッドランズにて、高校の同級生4人によって結成されたサブキックス。初めて制作したデモが、RADIO1の名物DJ、スティーヴ・ラマックに認められ、番組で流し続けたことをきっかけに、いきなりEMIより限定盤シングル「Spiders&Saints」でメジャー・デビュー。本格始動から2年足らずで、“ネクスト・カサビアン”“ストーン・ローゼズ meetsプライマル・スクリーム”などと各媒体から手放しの賛辞を獲得してきたサブキックスが、1日限りの日本公演を11/1(木)、LIQUIDROOM ebisuにて行なうことが急遽決定!これは見逃せません!お問い合わせはウドー音楽事務所(tel: 03-3402-5999)まで。

Subkicks 公式サイト(試聴アリ)

Written by Grecoviche at 2007-08-23 09:19:56
【洋楽】 BBCラジオ、40周年を記念し豪華なカヴァー・アルバム
http://www.barks.jp/news/?id=1000033625

BBCラジオ1が開局40周年を記念し、カヴァー・アルバム『Radio 1. Established 1967』を10月1日にリリース。40周年記念にちなみ、アルバムには40曲を収録した本作には、フランツ・フェルディナンド、レイザーライト、カサビアン、ラカンターズ、フー・ファイターズ、The Viewなど豪華なアーティストが参加。デヴィッド・ボウイ、エルトン・ジョン、キュアー、マドンナ、REM、リバティーンズなどのトラックをカヴァー。収録曲は以下。


1967年「Flowers In The Rain」(ザ・ムーヴ) カイザー・チーフス
1968年「All Along The Watchtower」(ジミ・ヘンドリックス) フラテリス
1969年「Cupid」(ジョニー・ナッシュ) エイミー・ワインハウス
1970年「Lola」(ザ・キンクス) ロビー・ウィリアムス
1971年「Your Song」(エルトン・ジョン) ザ・ストリーツ
1972年「Betcha By Golly Wow」(ザ・スタイリスティックス) シュガーベイブス
1973年「You’re So Vain」(カーリー・サイモン) ザ・フィーリング
1974年「Band On The Run」(ウィングス) フー・ファイターズ
1975年「Love Is The Drug」(ロキシー・ミュージック) カイリー
1976年「Let’s Stick Together」(ブライアン・フェリー) KT・タンストール
1977年「Sound & Vision」(デヴィッド・ボウイ) フランツ・フェルディナンド
1978年「Teenage Kicks」(アンダートーンズ) ラカンターズ
1979年「Can’t Stand Losing You」(ポリス) MIKA
1980年「Too Much Too Young」(スペシャルズ) カサビアン
1981年「Under Pressure」(クィーン&デヴィッド・ボウイ) キーン
1982年「Town Called Malice」(ジャム) マクフライ
1983年「Come Back And Stay」(ポール・ヤング) ジェームス・モリソン
1984年「Careless Whisper」(ジョージ・マイケル) ザ・ゴシップ
1985年「The Power Of Love」(ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース) ピジョン・ディテクティヴ
1986年「Don’t Get Me Wrong」(プリテンダーズ) リリー・アレン
1987年「You Sexy Thing」(ホット・チョコレート) ステレオフォニックス
1988年「Fast Car」(トレイシー・チャップマン) ムツヤ・ブエナ
1989年「Lullaby」(ザ・キュアー) エディターズ
1990年「Englishman In New York」(スティング) レイザーライト
1991年「Crazy For You」(マドンナ) グルーヴ・アルマダ
1992年「It Must Be Love」(マッドネス) パオロ・ヌティーニ
1993年「All That She Wants」(エイス・オヴ・ベイス) クークス
1994年「You’re All I Need To Get By」(メアリー・J・ブライジ) マーク・ロンソン
1995年「Stillness In Time」(ジャミロクワイ) カルヴィン・ハリス
1996年「No Diggity」(ブラックストリート) クラクソンズ
1997年「Lovefool」(カーディガンズ) ジャスト・ジャック
1998年「Ray Of Light」(マドンナ) ナターシャ・べディングフィールド
1999年「Drinking In LA」(ブラン・ヴァン3000) トワング
2000年「The Great Beyond」(REM) ザ・フレイ
2001年「Teenage Dirtbag」(ウォータス) ガールズ・アラウド
2002年「Like I Love You」(ジャスティン・ティンバーレイク) マキシモ・パーク
2003年「Don’t Look Back Into The Sun」(リバティーンズ) The View
2004年「Toxic」(ブリトニー・スピアーズ) ハード・ファイ
2005年「Father & Son」(ユースフ・イスラム&ローナン・キーティング) エナミー
2006年「Steady, As She Goes」(ラカンターズ) コリーヌ・ベイリー・レイ


Written by Grecoviche at 2007-08-21 08:57:34
【洋楽】 カニエ・ウェスト 新作ジャケットは村上隆に発注
http://www.mtvjapan.com/news/music/news_music_detail.php?music_news_id=1884

カニエ・ウェストのサード・アルバム『Graduation』のジャケットを世界で活躍する日本人芸術家の村上隆が手掛けたとか。「今作は音楽というよりビジュアル面で最高のコラボが実現したね。世界が認める天才の村上隆が参加してくれた。今のポップ・アートの世界では第一人者だよね。誰でもできるようなアートは嫌いだけど、村上隆の絵を真似できる人なんていないでしょ?HIP HOPに新たな風を吹き込んだと思うよ。ブラック・ミュージック全般に酷いジャケ写が多いからさ。」とカニエ談。どこまでオタクを理解しているかは不明ですが、HIP HOPに新たな息吹は確かに吹き込まれそう。新作『Graduation』は、9/5に日本先行リリースされる。

Written by Grecoviche at 2007-08-21 08:57:13
【洋楽】 Radiohead 子供たちとコラボ
http://www.barks.jp/news/?id=1000033684

来年までリリースされないというレディオヘッドの新作に関して続報。30人の地元小学生をスタジオへ招きコーラスをレコーディングしたとか。期限ないもんだから好き勝手にやってますが、ますます楽しみ。

Written by Grecoviche at 2007-08-20 09:26:25
【洋楽】 Bob Dylan の伝記映画が完成
http://www.barks.jp/news/?id=1000033575

またもやボブ・ディラン関連のニュース。この秋から冬にかけて、ボブ・ディランのバイオグラフィ映画『I’m Not There』が公開されるそうです。面白いことに1人の俳優がディランを演じるのではなく、6人しかも女性を含んだ俳優らがそれぞれの時代の彼を演じているとか。

Written by Grecoviche at 2007-08-16 09:20:15
【洋楽】 VAN HALEN、いよいよ再結成ツアーの日程を発表
http://www.barks.jp/news/?id=1000033558

初代ヴォーカリスト、デヴィッド・リー・ロスが参加するヴァン・ヘイレンの再結成ツアーが、正式に発表。デイヴがバンドに復帰しツアーを行なうのは、20年以上ぶりのこと。エディ・ヴァン・ヘイレンお容態も大丈夫ってことなんでしょうか?ツアーは9月27日にノースカロライナのシャーロットでスタートし、12月11日までの間に25公演の日程が発表。来日の気配プンプン匂います。

Written by Grecoviche at 2007-08-14 14:34:16
【洋楽】 Oasis 世界のギャラガー集合!
http://www.barks.jp/news/?id=1000033557

世界中にいる“ギャラガーさん”をひとつの場所に集め、同姓会合の世界記録を作ろうという企画があるとかで、オアシスのノエル&リアム・ギャラガー兄弟に参加の要請がでているとか。おバカな企画ですが、なかなか本格的で、一同をギャラガー発祥の地であるアイルランドのカントリー・ドネガルに集結させ、1週間イベントを開催。家系図やギャラガー家に関する資料の提示をする他、歌やダンス、お喋りを楽しもうとのこと。

Written by Grecoviche at 2007-08-14 14:33:58
【洋楽】 RADIOHEAD アート・ワークが本に
http://www.barks.jp/news/?id=1000033484

これまでにUKやヨーロッパのギャラリーで彼らのアート・ワークは展示されれることがあったが、レディオヘッドのアート・ワークをまとめた本が出版されることに。『Dead Children Playing』とのタイトルがついたこの本には、スタンリー・ドンウッドの作品や、『The Bends』以来しばしアルバムのカヴァー・アートを手がけているアーティスト“Dr. Tchock”(スタンリー・ドンウッドとトム)の作品が収められているとか。アルバム早くでないかな?

Written by Grecoviche at 2007-08-13 09:18:39
【洋楽】 Van Halen 秋に再結成ロング・ツアーを計画!?
http://www.vibe-net.com/news/?news=0031882

一旦は立ち消えになったものの、ここに来てこの噂が再浮上しています。ビルボード誌の情報によると、バンドはオリジナル・メンバーで元ヴォーカリストのデヴィッド・リー・ロスを迎え入れ、10月より北米50公演を行なうことをまもなく発表するとか。続報待ちです。

Written by Grecoviche at 2007-08-13 09:18:25
6518 件中 2351 - 2360 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21815732]