最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 U2、浜辺でサプライズギグ
http://www.barks.jp/news/?id=1000014560

U2のボノとエッジが、マイアミ・ビーチで即興ライヴを行なったとか。2人はサウスビーチの監視塔のそばで「In A Little While」を演奏し、その後にコンサート会場となったアメリカン・エアライン・アリーナの屋外で「Where The Streets Have No Name」を披露。このドッキリはドキュメンタリープロジェクト『A Day In The Life Of Edge』の一環。彼らはツアーの合間を縫ってゲリラ撮影を続けているそうです。居合わせた人にはお金を払っても観られぬアクトをタダで観られたばかりか、ドキュメンタリー映像に一緒に収められたりと度を超えての嬉しさ。

Written by Grecoviche at 2005-11-17 12:36:28
【洋楽】 レノン殺害「どうにも止まらなかった」=犯人が動機詳述
http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200511160010.html

1980年にニューヨークで起きたジョン・レノンの射殺事件から12月8日でちょうど25年。殺害犯のマーク・チャップマン受刑者が、NBCテレビが近日放映するドキュメンタリー番組の中で、犯行の動機を語っているとか。ジョンにについては「なんていうか、世界そのものを手に入れて鎖にぶら下げているような、そんな成功を収めた男がいるのに、自分はその鎖の一部にさえなれない。なんの人格もないような人間だと思った。そう思ったとき、ぼくの中で何かが壊れてしまった。」、殺害を思いついた時のことについては、「ハワイの自宅でじゅうたんの上にあぐらをかいて座っていた。サージェント・ペパーのアルバムを開いたのを覚えてる。あと『ライ麦畑でつかまえて』もすごく目立っていた。『殺したらどうなる?』と自分の中で考えてみたのを覚えている。それで、ジョン・レノンを殺すことで自分のアイデンティティーを見つけられるかもしれないと思ったんだ」と談。チャップマン服役囚は実刑20年から終身の刑期で収監されており、これまでに繰り返し仮釈放を申請しているが却下されている。来年に再び仮釈放を申請する見通し。

Written by Grecoviche at 2005-11-17 12:36:12
【洋楽】 KORN 衝撃の映像が到着!ビデオ・クリップを大幅先行で大公開!
http://www.toshiba-emi.co.jp/intl/special/0512korn/index_j.htm

12/5に2年ぶりの新作『See You on the Other Side』をリリースするKORNのレーベル特設サイトが開設。先行シングル「Twisted Transistor」のPVが11/30(水)までの期間限定で公開中です。スヌープ・ドッグ、イグジビット、リル・ジョン、デヴィッド・バナーが参加し、この4人がコーンのメンバーを演じて、ライヴを行ったり、インタビューを受けるというユーモラスな映像に!必見です。

Written by Grecoviche at 2005-11-16 09:35:24
【洋楽】 ケリー・オズボーン、誕生日プレゼントは億ション
http://www.barks.jp/news/?id=1000014523

ケリー・オズボーンが21歳の誕生日に、両親から100万ポンド(約2億円)のマンションをプレゼントされた。億万長者の両親を持っても、このプレゼントには驚いたと友人の証言。10月29日に誕生日を迎えたケリーは、ロンドンやラスベガスで2週間に渡りパーティを繰り広げているとか。更生の気配まったくなし。末恐ろしい娘です。

Written by Grecoviche at 2005-11-16 09:34:50
【洋楽】 Motley Crue、2006年もツアー続行
http://www.mtvjapan.com/music/music_news_detail.html/data_id=786

今週末から来日公演がスタートするモトリー・クルーの復帰ツアーが、来年にも引き続き行なわれることになった。バンドは大晦日の12月31日にミシガンで今年の世界ツアーを締めくくり、2006年2月10日から再びロードに出る。USだけで計27公演が予定され、てヨーロッパと南米も回る模様。最新のビルボードが伝えたところによると、ツアー収益は3300万ドル(38億9,400万円)に達し、40以上の公演がソールドアウトとなった今回の復帰。取り巻きの鼻息も荒らそうです。

Written by Grecoviche at 2005-11-16 09:34:29
【洋楽】 ニュー・オーダー+スミス+ストーン・ローゼズ
http://www.barks.jp/news/?id=1000014404

ニュー・オーダー、ザ・スミス、ストーン・ローゼズの3バンドのベーシスト(ピーター・フック、アンディ・ローク、マニ)によるスーパー・グループ「Freebass」が誕生。「酔っ払ってるときに思いついたんだ。ベース・プレイヤー3人のアルバム?ってみんなに大笑いされたんだけど、それでよけいにやる気になったよ。どの曲も――いまのとこヴォーカルが入ってないんだけど――3本のベースでできてる。マニが低いパート、アンディがミドル、俺が高いパートをプレイしてるんだ。いい感じだよ。問題はヴォーカリストだ。俺たち3人ともヴォーカリストに対しては、由緒正しい家系だろ。変な奴、使うわけにはいかないよ。イアン・ブラウン、ボビー・ギレスピー、イアン・カーティス、バーナード・サムナー、モリッシーの代わりを務めるなんて大役だろ。誰か若くて、新しい奴がいいんだよな。(オーディション番組の)『Pop Idol』や『X-Factor』見るたびに、俺たちもこういうのやるべきだなって思うんだ。『ミゼラブル・ファクター』ってタイトルでさ」とピーター・フック談。ヴォーカルなんていらないから今すぐ音を聴かせて欲しい。

Written by Grecoviche at 2005-11-15 09:59:50
【洋楽】 ベック ビデオの主役はソニーの小型ロボット
http://www.mtvjapan.com/music/music_news_detail.html/data_id=783

ベックが最新シングル「Hell Yes」のミュージック・ビデオにソニー株式会社が開発した、世界に4台しかないQRIO(キュリオ)が勢揃い。「発売は3、4年先なんだけど、日本のソニーの人たちの善意のおかげで、ビデオに登場させることができたよ。QRIOは信じられないくらい流動的な動きができるんだ。だからベックと僕は、彼らのために、念入りに振付けを考えるだけで済んだ。日本のプログラマーは、それらの振付けをそれぞれのロボットにプログラムするために約3週間かけたみたいだよ」とディレクターのガース・ジェニングス談。ステージでも競演してくれたらいいのに。

Written by Grecoviche at 2005-11-15 09:59:09
【洋楽】 50 Cent 主演映画の上映中に殺人事件がぼっ発!
http://www.vibe-net.com/musicinfo/news/index.html?DATE=20051114

USペンシルベニア州の映画館にて、50セント主演の映画『Get Rich Or Die Tryin』の上映中、男性がトイレで口論に巻き込まれ撃たれて死亡。「事件の被害者の遺族には同情するよ。だが、子供のやったことじゃないんだ。30歳の男が、3人の男と口論になったわけだからさ」と50セント談。同劇場はこの映画の上映を中止している。50セントの映画デビュー作となる『Get Rich or Die Tryin』は、ストリートで育ったドラッグ・ディーラーが、ギャングの世界を捨ててラッパーになっていくという50セントの人生を描いたようなストーリー。

Written by Grecoviche at 2005-11-15 09:57:47
【洋楽】 ポール・マッカートニー、自身の児童書を子供たちに朗読
http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200511120016.html

ポール・マッカートニーが、初めて執筆した環境保護がテーマの児童書「High in the Clouds(邦題:あの雲のむこうに)」を、児童らに読んで聞かせたとか。自分の2歳になる娘にも読んであげてないとか。この本は、リスの「ウィラル」が、切り倒された木の下敷きになって死んだ母親を悲しみ、動物の国へ向かうというもので朗読後、ある少年から「なぜこのような悲しいお話を子供のために書いたの?」という質問があったが、マッカートニーさんはこの少年を抱き寄せながら、「子供たちを泣かせるため」と冗談を言った後で、「でも元気をだして。ハッピーエンドになるから」と答えたとか。もともと歌詞に物語を取り入れてただけに、ノーマン・クックやマドンナとは質が異なるはず。

Written by Grecoviche at 2005-11-12 21:41:23
【洋楽】 ポール・マッカートニーの歌宇宙中継へ 飛行士の目覚ましに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051112-00000144-kyodo-ent

ポール・マッカートニーが、宇宙に向けてライヴ発信する史上初のアーティストに。マッカートニーのライヴ・パフォーマンスが、国際宇宙ステーション(ISS)ルへ生中継されるという。この中継は、今週土曜日(11月13日)にカリフォルニア、アナハイムで開かれるポールのコンサート会場から行なわれる。スペース・シャトル、ディスカヴァリーの乗務員へのスペシャル・モーニング・コールとなるとか。この話はNASAの宇宙管制センターは毎朝、ビートルズの「Good Day Sunshine」を流しディスカヴァリーにいる宇宙飛行士を起こしているそうだが、この話を聞いたポールがこの中継を思いついたのだとか。ポールははアナハイムのコンサートで、宇宙飛行士のために「Good Day Sunshine」と「English Tea」をプレイする予定。宇宙旅行のオプションにもして欲しいサービス。

Written by Grecoviche at 2005-11-12 21:41:02
6518 件中 3031 - 3040 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21804812]