最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 元LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィー、オリジナル・コーヒーを開発
http://ro69.jp/news/detail/93526

元LCDサウンドシステムのジェームス・マーフィーは自身のコーヒー豆ブレンドが完成しつつあることをローリング・ストーン誌に談。

「ちゃんと仕上がってるんだよ! さっきも飲んできたばかりだし。もう一月くらい飲み続けてみているんだけど、もうノリノリになってるから。特製のエアロプレス・コーヒーメーカーを作ったくらいだし」

「エスプレッソとしての風味はすごくちょうどいい感じで、要素ひとつひとつの個性がすごく強いんだ。つなぎの豆はまったくなくて、どれもそれだけで充分いける銘柄の豆をいくつか使ってるんだよ。このブレンドの発想は、パレットでどこまで複雑で微妙な味わいを出せるかということなんだ。焙煎は普通のイタリアン・ローストよりは浅目だけど、ノルディック・エスプレッソほどライトでもないんだ・・・」

ジェームスのブレンド・コーヒーはブランド豆をブレンドするアメリカの新世代コーヒー豆焙煎業者のブルー・ボトル・コーヒー社から販売される予定。

Written by Grecoviche at 2013-12-08 18:23:15
【洋楽】 ザ・ビートルズ ブライアン・エプスタインを描く『ザ・フィフス・ビートル』の監督決定
http://www.barks.jp/news/?id=1000097016

ザ・ビートルズの初代マネージャーを務めたブライアン・エプスタインを主人公にしたグラフィックノベル『ザ・フィフス・ビートル』の映画化でペイトン・リードが監督に抜擢。

原作者で映画版の脚本も執筆したトニー賞受賞者のヴィヴェック・J.・ティワリーと、アカデミー賞受賞経験があるブルース・コーエンの2人がプロデュースを手掛けることになるとか。現在はキャスティングが行われている段階。

ビートルズ関連の映画が続いてますね。

Written by Grecoviche at 2013-12-08 18:22:54
【洋楽】 ビリー・ジョエル、マジソン・スクエア・ガーデンで毎月コンサートを開催
http://www.barks.jp/news/?id=1000096920

ビリー・ジョエルが2014年1月から毎月一回、NYのマジソン・スクエア・ガーデンでコンサートを開くことを発表。
1978年以来、同アリーナで46回も公演を開催するほどゆかりのある地ですが、マジソン・スクエア・ガーデンがミュージシャンとこのような契約を結ぶのは初めてだとか。すでに発表された1〜4月の公演は、早くも完売。5回目の公演はジョエルの65回目の誕生日にあたる5月9日に開かれる予定。
この月イチ公演は「需要がある限り」続くとか。観光ツアーに組み込まれそうですね。

Billy Joel At The Garden


Written by Grecoviche at 2013-12-06 07:48:44
【洋楽】 ロッド・スチュワート「2015年にフェイセズの再結成を考えている」
http://www.barks.jp/news/?id=1000096912

今年に入って何度かフェイセズのリユニオンをほのめかしてきたロッド・スチュワートが、ロニー・ウッドの間で“2015年再結成”計画を進めているとか。
ジェフ・ベックとのコラボが立ち消えになったことについて「このルートは途絶えた」と答えた後、いいお知らせとして「フェイセズが再結成するチャンスのほうが大きいと思うよ。ロニーのマネージメントがうちのスタッフと話している。僕ら、2015年に印を入れているんだ」と談。

Written by Grecoviche at 2013-12-06 07:48:30
【洋楽】 ザ・ローリング・ストーンズ 8年ぶり来日公演!
http://14onfire-japantour.com/

ザ・ローリング・ストーンズの来日公演が決定。8年振り6度目となる来日公演は、2014年2月26日(水)、3月4日(火)、3月6日(木)の3日間にわたり東京ドームの開催となる。ステージを囲むように花道が配置され、限定数の良席が「ゴールデン・サークル席」として限定500席用意されるとのこと。

ツアーにはスペシャル・ゲストとしてミック・テイラーのジョインも予定。

「来年東京に戻れるのが待ちきれないよ。もうすぐファンの前でみんなの聴きたい曲を全て披露するのが楽しみだ。」─ミック・ジャガー

「俺にとって、ステージに立っている瞬間が世界で一番好きなんだ。日本のみんな、心して待っていてくれよ。ミック、チャーリー、ロニー、俺、その他の仲間が日本を最高に盛り上げるからな。列車は既に走り出している…もうすぐ行くから、日本で会おうぜ!」─キース・リチャーズ

Written by Grecoviche at 2013-12-05 05:54:07
【洋楽】 ビリー・ジョー、グリーン・デイが休みに入ることを宣言
http://ro69.jp/news/detail/93252

2月末から3月初頭にかけてオーストラリアで開催されるツアー型フェスティヴァル「サウンドウェイヴ・フェス」へのヘッドライナー出演が決定しているグリーン・デイだが、このフェスの後、しばらく活動休止に入るとか。

「今度オーストラリアに行くことになってて、そこでツアーをやったら、そのまま休みを取ることにしてるんだ。グリーン・デイでは今のところ、大したことは特に何もやってないから。だから、ちょっと他のことをやってみるのもいいんじゃないのかなっていう。また、グリーン・デイを再開させる準備が出来た時には俺たちのバッテリーもしっかり充電されてることになると思うよ」とビリー談。

ノラ・ジョーンズとのデュエットでみせた違った顔がなかなか良かったので期待。

Written by Grecoviche at 2013-12-04 07:38:56
【洋楽】 キラーズ、クリスマス・シングル“Christmas in L.A.”のミュージック・ビデオ公開
http://ro69.jp/news/detail/93207

初のベスト・アルバム『ダイレクト・ヒッツ』をリリースしたザ・キラーズが、クリスマス・シングルとして新たに新曲“Christmas in L.A.”をリリース。
ミュージック・ビデオには俳優のオーウェン・ウィルソンが出演、同曲の売り上げはエイズ撲滅対策のためのプロダクト(RED)プロジェクトに全て寄付されるとか。

The Killers - Christmas In L.A. (feat. Dawes)


Written by Grecoviche at 2013-12-03 10:41:20
【洋楽】 ビートルズ、ディランの楽曲を収録。『SONGS FOR PHILIPPINES』が発売に
http://ro69.jp/news/detail/92843

フィリピンを襲った大型台風30号に被災された人たちへのコンピレーション『SONGS FOR PHILIPPINES』がリリース。
これはユニバーサル ミュージック グループ、ソニー・ミュージックグループ、ワーナーミュージック・グループの3社共同でリリースされたもので、本作品の売上は義援金としてフィリピン赤十字社に直接寄付され、被災者支援や被災地の復興支援にあてられる予定となっているとか。

2011年3月の東日本大震災の際にも被災者支援を目的に『SONGS FOR JAPAN』がリリースされ、発売後1ヶ月で500万USドルを売り上げている。

トラックリストは以下の通り。
1. The Beatles, Across the Universe
2. Bob Dylan, Shelter From the Storm
3. Michael Bubl醇P, Have I Told You Lately That I Love You
4. U2, In A Little While
5. Bruno Mars, Count On Me
6. Beyonc醇P, I Was Here
7. Eminem, Stan (live from BBC Radio 1)
8. Cher, Sirens
9. Adele, Make You Feel My Love
10. Katy Perry, Unconditionally (Johnson Somerset remix)
11. One Direction, Best Song Ever
12. fun., Carry On
13. Lady Gaga, Born This Way (the Country Road version)
14. Justin Timberlake, Mirrors
15. Justin Bieber, I Would
16. Alicia Keys, New Day
17. Imagine Dragons, 30 Lives
18. Madonna, Like A Prayer
19. Pink, Sober
20. Kylie Minogue, I Believe In You
21. Enrique Iglesias, Hero
22. Red Hot Chili Peppers, Factory of Faith
23. Linkin Park, Roads Untraveled
24. Kings of Leon, Use Somebody
25. Muse, Explorers
26. Lorde, The Love Club
27. Josh Groban, Brave
28. Kelly Clarkson, Stronger
29. Paolo Nutini, Simple Things
30. Ellie Goulding, I Know You Care
31. James Blunt, Carry You Home
32. Pitbull featuring Christina Aguilera, Feel This Moment
33. Earth, Wind & Fire, Sign On
34. Apl.De.App, Going Out featuring Damian Leroy
35. Sara Bareilles, Brave
36. Jessica Sanchez, Lead Me Home
37. Lily Allen, Smile
38. The Fray, Love Don’t Die
39. The Beatles, Let It Be

Written by Grecoviche at 2013-11-27 10:11:45
【洋楽】 クリス・マーティンとボノ、チャリティーイベントでコラボ
http://www.barks.jp/news/?id=1000096639

アフリカ支援を行っている「ザ・グローバル・ファンド・トゥ・ファイト・エイズ」のチャリティーイベント<ザ・レッド・オークション>で、クリス・マーティンとボノがチャリティーのためにピアノを共に演奏。ふたりで「パーフェクト・デイ」と「ビューティフル・デイ」を演奏し、その後そのパーラーグランドピアノは、オークションにかけられ190万ドル(約1億9000万円)もの価格で落札されたそうです。
チャリティーイベントはニューヨークのサザビーズで行われ、デザインとイノベーションを称える趣旨で開かれた<ザ・レッド・オークション>のひとつとして開催された。このイベントはボノ協賛のもとで、ジョナサン・アイブとマーク・ニューソンによって主催されているもの。

Bono & Chris Martin Perform Perfect Day


Written by Grecoviche at 2013-11-27 10:10:31
6527 件中 631 - 640 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652 653  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [22246889]