最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 T・レックスのマーク・ボランの息子、著作権管理会社に2億円相当の損害賠償を要求
http://ro69.jp/news/detail/85556

レックスのマーク・ボランの息子のローラン・シーモア・フェルドは父の楽曲の著作権管理会社であるウェストミンスター・ミュージック社に対して著作権侵害で訴訟をおこしたとか。
ローランは自分がマークの作品をすべて所有しており、ウェストミンスター・ミュージックが1968年に交わしてから続けられている1年契約の更新をしなかったとして、200万ドル(約2億200万円)の損害賠償を要求。

Written by Grecoviche at 2013-07-22 06:12:18
【洋楽】 ジョン・ライドン、グラストンベリーのストーンズは「様子がおかしかった」と語る
http://ro69.jp/news/detail/85545

ロック界のご意見番ジョン・ライドンが、今年のグラストンベリーフェスについて言及。「マムフォードが出ているとは知らなかったんだ。うーん。ダサめのアイルランド風装いっていうのはああいうもんじゃないんだよなあ。俺にはちょっとウケ狙いが過ぎてるように思えるね。それとストーンズは・・・その前の晩にブリストルのホテルで5分ほど観たんだけど、あまり感心しなかったな。なんか様子がおかしかったよ」
「まあ、頑張ってほしいよ、やりたいことやればいいじゃん。ストーンズは俺の敵じゃないから。ミック・ジャガーは俺たちにとってはすごくいいことをいくつかやってくれてて、特に初期のセックス・ピストルズについてはそうなんだよ。シドが面倒ばっかり起こしてた頃、実はミックが裏で動いてくれてて、俺たちに弁護士やらいろんなことを紹介してくれてて、当時の俺たちにはできるはずのなかったことを提供してくれてたんだ」と談。

Written by Grecoviche at 2013-07-22 06:11:58
【洋楽】 Fredy Mercury 伝説のトリビュートライブ発売決定
http://www.barks.jp/news/?id=1000092458

1991年11月に45歳という若さで急逝したフレディー・マーキュリーの死を悼み、翌1992年4月20日にロンドン・ウェンブリー・スタジアムで行われた「フレディー・マーキュリー・トリビュート・コンサート」が映像作品『フレディー・マーキュリー・トリビュート・コンサート〜エクステンデッド・ヴァージョン』として8月28日に日本先行リリースが決定。
ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコンという残されたクイーンの3人のメンバーを中心に、全盛期のガンズ・アンド・ローゼズ、『ブラック・アルバム』をリリースし頂点に君臨したメタリカなど、フレディを心から慕う大物ミュージシャンが続々登場、7万2000人のオーディエンスを前に約4時間近くにわたって伝説のパフォーマンスが繰り広げられた。同じくメンバーの死を乗り越えたデフ・レパード、癌告知をうけ翌1993年に他界してしまったミック・ロンソンをデヴィッド・ボウイがステージに招いて「ヒーローズ」で競演するなど、多くのドラマを含んだロック史に残る貴重な一夜が収められている。
日本盤はフロントにフレディー、バックにクイーンの4人のメンバーと全出演者がプリントされたTシャツ(DVDはホワイト、ブルーレイはブラック)を同梱する日本限定仕様特別BOXとして1000セット限定販売される。

『フレディー・マーキュリー・トリビュート・コンサート〜エクステンデッド・ヴァージョン』収録曲

DISC 1
-オープニング-
01.イントロダクション:ブライアン・メイ / ロジャー・テイラー / ジョン・ディーコン
02.エンター・サンドマン:メタリカ
03.サッド・バット・トゥルー:メタリカ
04.ナッシング・エルス・マターズ:メタリカ
-ムーディ(インターバル映像)-
05.ムスターファ〜ボヘミアン・ラプソディ〜炎のロックンロール:エクストリーム
06.ブレイク・フリー(自由への旅立ち):エクストリーム
07.ファット・ボトムド・ガールズ〜バイシクル・レース〜地獄へ道づれ:エクストリーム
08.ストーン・コールド・クレイジー〜レディオ・ガガ:エクストリーム
-ショウマン(インターバル映像)-
09.ナウ・アイム・ヒア:デフ・レパード / ブライアン・メイ
-トゥー・マッド・ミニッツ(インターバル映像)-
10.トゥ・レイト・ゴッド:ボブ・ゲルドフ
11.パラダイス・シティ:ガンズ・アンド・ローゼズ
12.ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア:ガンズ・アンド・ローゼズ
13.エリザベス・テイラー スピーチ

DISC 2
-デイ・オー(インターバル映像)-
01.タイ・ユア・マザー・ダウン:クイーン / ジョー・エリオット / スラッシュ
02.アイ・ウォント・イット・オール:クイーン / ロジャー・ダルトリー / トニー・アイオミ
03.ラス・パラブラス・デ・アモール(愛の言葉):クイーン / ズッケロ
04.ハマー・トゥ・フォール:クイーン / ゲイリー・シェローン / トニー・アイオミ
05.ストーン・コールド・クレイジー:クイーン / ジェイムズ・ヘットフィールド / トニー・アイオミ
06.愛という名の欲望:クイーン / ロバート・プラント
07.トゥー・マッチ・ラヴ・ウィル・キル・ユー:ブライアン・メイ
08.レディオ・ガガ:クイーン/ポール・ヤング
09.リヴ・フォーエヴァー:クイーン / シール
10.ブレイク・フリー(自由への旅立ち):クイーン/リサ・スタンスフィールド
11.アンダー・プレッシャー:クイーン / デヴィッド・ボウイ / アニー・レノックス
12.全ての若き野郎ども:クイーン / イアン・ハンター / デヴィッド・ボウイ / ミック・ロンソン
13.ヒーローズ:クイーン / デヴィッド・ボウイ / ミック・ロンソン
14.’39:クイーン/ジョージ・マイケル
15.輝ける日々:クイーン / ジョージ・マイケル / リサ・スタンスフィールド
16.愛にすべてを:クイーン/ジョージ・マイケル
17.ボヘミアン・ラプソディ:クイーン / エルトン・ジョン / アクセル・ローズ
18.ショウ・マスト・ゴー・オン:クイーン / エルトン・ジョン / トニー・アイオミ
19.ウィ・ウィル・ロック・ユー:クイーン / アクセル・ローズ
20.伝説のチャンピオン:ライザ・ミネリ&オール・キャスト
-エンディング-

DISC 3
ボーナス映像
・ドキュメンタリー(約57分)日本語字幕付
・リハーサル映像(約12分)
1.アンダー・プレッシャー:クイーン / デヴィッド・ボウイ / アニー・レノックス
2.輝ける日々:クイーン / ジョージ・マイケル / リサ・スタンスフィールド
3.愛にすべてを:クイーン / ジョージマイケル
・フォトギャラリー(約7分)

携帯amazon:

Written by Grecoviche at 2013-07-19 07:29:19
【洋楽】 アリス・クーパー、1970年代のカバー・アルバムを制作中
http://www.barks.jp/news/?id=1000092414

アリス・クーパーが、1970年代前半のお気に入りを集めたカバー・アルバムを制作中だとか。プロデューサーは、長年のコラボレーター、ボブ・エズリン。
「俺ら、このカバーに関わっている連中みんながすごく満足している。まさに俺らがやりたいって思っていたことだからね。時代を限定して“この中だけでやろう。あまり広げるのはやめよう”って言ったんだ。1980年代や1990年代の曲のカバーはやりたくない」と談。
収録曲についてはまだ秘密にしておきたいというが、ジョン・レノンやT・レックス、ジミ・ヘンドリックス、ザ・ドアーズ、ザ・フーなどの曲をカバーしているようです。2014年春にリリースしたいと考えているそうです。

Written by Grecoviche at 2013-07-18 08:07:04
【洋楽】 元R.E.M.のマイケル・スタイプ、ジェイ・Zに歌詞を使ってもらって光栄だと語る
http://ro69.jp/news/detail/85382

ジェイ・Zの新作では「Heaven」という曲でR.E.M.の「ルージング・マイ・レリジョン」の歌詞が使われているが、そのことについてマイケル・スタイプが次のように談。。
「ジェイのことは昔からよく知ってるけど、ジェイは超イケてるし、超足が地に着いてるし、超頭がいいし、超才能があるんだよ。ジェイに対してはその音楽的な試みも含めて、最高の敬意を持っているし、ぼくたちの歌詞が使われたということで全員ものすごく楽しみにしてるし、すごい光栄なことだと思ってるよ」

Written by Grecoviche at 2013-07-18 08:06:53
【洋楽】 ジョン・フルシアンテ、ソロアルバム『アウトサイズ』8月14日発売
http://www.barks.jp/news/?id=1000092330

ジョン・フルシアンテのソロアルバム『アウトサイズ』が8月14日にリリース。
2012年にリリースされた『Letur - Lefr』『PBX Funicular Intaglio Zone』では封印気味だったギターソロが全面にフィーチャーした10分を超える大曲「Same」から、アルバムは幕を開ける。アルバムは3曲入りだが、日本盤はボーナストラックが1曲追加され、高音質Blu-spec CD2仕様で日本先行発売となるとか。

John Frusciante - Letur-Lefr (Full Album)


携帯amazon:

Written by Grecoviche at 2013-07-17 07:03:55
【洋楽】 ポール・マッカートニー、11月に11年振りのジャパン・ツアー決定
http://outthere-japantour.com/

ポール・マッカートニーが、11月に11年振りとなる待望のジャパン・ツアー「ポール・マッカートニー アウト・ゼアー ジャパン・ツアー」を行うことが発表。日程は11月15日(金)に福岡ヤフオク!ドーム、18日(月)、19日(火)、21日(水)に東京ドームの4公演が決定し、さらに大阪公演も今後発表されるそうです。

Written by Grecoviche at 2013-07-17 07:03:42
【洋楽】 ブラック・アイド・ピーズのファーギー、改名を申請
http://www.barks.jp/news/?id=1000092318

ブラック・アイド・ピーズのファーギーが、本名の改名を求める申請を裁判所に行った。「長年に渡って仕事上でも、一般的にも使われてきたファーストネームに一致させよう」と本名をステイシー・アン・ファーガソンからファーギー・デュアメルに変えようとしているとか。
ジョシュ・デュアメルと結婚、第1子を妊娠中ということで子供には紛らわしくならないのは確か。
裁判所はファーギーが改名の旨を地元新聞に4週間に渡って告知し続けることを条件に申請を受け入れる方向で、次回の審理は来月16日に行われる予定。

Written by Grecoviche at 2013-07-16 09:05:16
【洋楽】 フランツ・フェルディナンド、歌って踊れるミュージックビデオ完成
http://www.mtvjapan.com/news/music/22794

フランツ・フェルディナンドが、新曲「Right Action」のミュージックビデオを公開。ビデオは「Take Me Out」のミュージックビデオを手掛けた映像作家、ヨナス・オデルによる作品で、サイケデリックな背景がまるで万華鏡のように次々と変化するもの。WEBで流行りのフラットデザイン的な印象も受けます。
「Right Action」は、8月21日に日本先行リリースとなる約4年ぶりのニュー・アルバム『Right Thoughts, Right Words, Right Action』に収録される曲。

Franz Ferdinand - Right Action (Official Video)


携帯amazon:

Written by Grecoviche at 2013-07-10 09:09:28
6516 件中 731 - 740 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21798805]