最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 ザ・キラーズ、ティム・バートン監督による最新ビデオを公開
http://www.mtvjapan.com/news/music/21989

ザ・キラーズが、ティム・バートン監督が手掛けた最新ミュージックビデオ「Here With Me」を公開。イングランド北西部のブラックプールにて撮影され、バートン作品でおなじみの女優ウィノナ・ライダーが出演。
バートン監督はザ・キラーズの公式サイトに寄せたメッセージで、「僕が初めてザ・キラーズのライヴを観たのはUKのブラックプールで、バンドとの最初のコラボレーションだった「Bones」のミュージックビデオを完成させた直後のことだった。今回の楽曲「Here With Me」を聴いた時、ブラックプールにあるルイ・タッソー蝋人形館で、ウィノナ・ライダーの蝋人形を見たことを思い出した。このビデオのコンセプトは、ピーター・ローレ主演の1935年の映画「Mad Love」と、マリオ・バーヴァ(イタリアの映画監督)の作品にインスパイアされている。ブラックプールでの撮影や、ザ・キラーズ、ウィノナ・ライダー、クレイグ・ロバーツ(主演俳優)との仕事は楽しかった。みんなが楽しんでくれることを願っているよ。良い休暇を!」と談。

The Killers - Here With Me



Written by Grecoviche at 2012-12-19 08:57:08
【洋楽】 デイヴ・グロール、ニルヴァーナ再結成ツアー説を否定
http://ro69.jp/news/detail/76234

マディソン・スクエア・ガーデンで行われたハリケーン・サンディ被害支援ライヴの121212コンサートにポール・マッカートニー、クリスト・ノヴォセリック、パット・スメアらとともにニルヴァーナ再結成として出演したことで、ポールとは違う人物を歌手に立ててニルヴァーナ再結成を準備しているという噂が広まったそうでデイヴの広報がニューヨーク・ポスト紙に対してこの噂が「でたらめだ」と否定。
他のアーティストとのコラボに関しては、デイヴが製作しているドキュメンタリー映画『Sound City』のサントラ曲でポール以外にもフリートウッド・マックのスティーヴィー・ニックスとのコラボレーション曲"You Can’t Fix This"やクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・オムとナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーと制作したトラックの"マントラ"などがあることを明らかに。
映画『Sound City』はフリートウッド・マックの『噂』やニルヴァーナの『ネヴァーマインド』など数々のロックの名盤を生みだしたロサンジェルスのサウンド・シティ・スタジオを扱った内容となっていて、来年の1月にサンダンス映画祭で世界プレミア上映を行う予定。

Written by Grecoviche at 2012-12-19 08:56:49
【洋楽】 Paul McCartney + Dave Grohl and friends - Cut Me Some Slack (Jam)
ポールがRape Meとか歌うのは想像できませんが、面白い取り合わせです。



Written by Grecoviche at 2012-12-17 08:30:50
【洋楽】 ブラー、TOKYO ROCKS 2013での来日が発表に
https://www.facebook.com/Rocks.vc

2013年5月11、12日に東京・味の素スタジアムで開催される「TOKYO ROCKS 2013」にブラーが出演することが発表。ブラーの来日公演は、2003年のサマーソニック以来、約10年ぶり。
TOKYO ROCKS 2013は、現時点で他にマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、プライマル・スクリーム、illionの出演が決定。

Written by Grecoviche at 2012-12-17 08:30:36
【洋楽】 2012年最も収入が多かった、女性ミュージシャン・トップ5
http://www.barks.jp/news/?id=1000085475

アメリカの経済誌『Forbes』が2012年最も収入が多かった女性ミュージシャンを発表。
1位はブリトニー・スピアーズでアルバムはリリースしていないものの、5,800万ドル(約48億円)もの収入があったとか。オーディション番組『US X Factor』の審査員を務め、1,500万ドル(約15億5,000万円)の収入が推定。また香水のセールスも好調だったようです。
2位は、テイラー・スウィフトの5,700万ドル(約47億円)。ツアーで1晩100万ドル(約8,300万円)以上の所得があると考えられているとか。
2011年にトップだった、レディー・ガガは4位にランク・ダウン。

『Forbes』誌が発表した2012年最も収入が多かった女性ミュージシャン・トップ5
1.ブリトニー・スピアーズ(5,800万ドル)
2.テイラー・スウィフト(5,700万ドル)
3.リアーナ(5,300万ドル)
4.レディー・ガガ(5,200万ドル)
5.ケイティ・ペリー(4,500万ドル)

Written by Grecoviche at 2012-12-17 08:30:20
【洋楽】 Led Zeppelin 「本腰を入れて新曲を作り出す時期だと感じたんだ」
http://www.barks.jp/news/?id=1000085406

2013年にソロツアーを行うと発表したジミー・ペイジだが、レッド・ツェッペリンとしての将来のツアーのために、ロバート・プラントに代わって新たなシンガーを加入させるという噂を否定。
「(2007年のO2アリーナでのギグの後)ジェイソン・ボーナムと俺、それにジョン・ポール・ジョーンズの3人は、本腰を入れて新曲を作り出す時期だと感じたんだ。どうなるか試してみたかったんだよ。確かに何人か他のシンガーを迎えるっていう話はあったけど、そうしちゃうと俺たちが今までやってきたことの本質が変わってしまうんだ。それも突然やってしまうとなおさらね。いっぱい、何て言うかな・・・プレッシャーとは言わないけど、「あのシンガーや、この歌手」とかっていう話があったからな。でも俺としては正直、「俺たちがホントに成し遂げられることを黙って見ててくれよ」って感じだったんだ。まあ、でも実際はそんなことをするチャンスは無かったんだけどね」

Written by Grecoviche at 2012-12-13 08:29:35
【洋楽】 Jimmy Page 「イエスとのコラボが日の目を見るといいんだが」
http://www.barks.jp/news/?id=1000085392

ジミー・ペイジが、1980年代にイエスのメンバーとコラボした幻のプロジェクトXYZについて談。
「仲介人から申し出があったんだ(笑)。アラン・ホワイトとクリス・スクワイアとプレイするってものだった。イエスの音楽はものすごくリスペクトしていた。なんて厳密なんだってね。一緒にやってみたよ。彼らは興味深いものを持っていた。僕にとって挑戦ではあったけど、うまく行った。僕も曲を持ち込んだ。いいシンクロだったよ。クリスが素晴らしい名前を思いついたんだ。XYZだ。元イエス(ex-Yes)と元ツェッペリン(ex-Zeppelin)だからね。それで、仲介人がロバート(・プラント)に聴きに来ないかって話を持っていった。もちろん、彼はまったく興味を示さなかったよ。でも、曲はよかったんだ。いくつか持っている。いつか日の目を見ることを願っている」
ヴォーカリストが決まらず短期間で消滅してしまったXYZには「Mind Drive」「Fortune Hunter」「Can You See」「Telephone Secrets」の4曲を収めたデモ・テープが存在するとか。

Written by Grecoviche at 2012-12-13 08:29:20
【洋楽】 SPIN’S 50 BEST ALBUMS OF 2012
http://www.spin.com/articles/best-albums-2012?slide=0

Written by Grecoviche at 2012-12-12 08:01:56
【洋楽】 Muse Follow Meで、鉄拳パラパラアニメ新作描き下ろし
http://www.barks.jp/news/?id=1000085381

実は、鉄拳「振り子」をビデオクリップにするオファーと同時に、最新アルバム『ザ・セカンド・ロウ〜熱力学第二法則』のためのビデオクリップ制作も、鉄拳に依頼していたのだとか。
曲はマシュー・ベラミーが、初めて出来た自分の子供への愛を歌った作品「フォロー・ミー」が選ばれ、歌詞を具象化するのではなく、曲からインスピレーションを受け鉄拳独自の解釈を表現するという作業に約1ヶ月かかっての完成。原画の枚数は1440枚を数え、鉄拳の作品のなかでもかつてない分量となっているのだとか。
来日時のステージバックで流れたりするんでしょうか。

<ミューズ来日公演>
2013年1月11日(金)@さいたまスーパーアリーナ
2013年1月12日(土)@さいたまスーパーアリーナ

MUSE - Follow Me (鉄拳 Version) Official


Written by Grecoviche at 2012-12-12 07:58:06
【洋楽】 ビーチ・ボーイズの来日公演が2013年3月に決定
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/8917

今年、デビュー50周年を記念して、新作『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ〜神の創りしラジオ』をリリースし、来日公演を行ったばかりのザ・ビーチ・ボーイズが、マイク・ラヴ、ブルース・ジョンストンを中心としたメンバーで来年3月に来日公演を行うことが発表。日程は2013年3月26日(火)〜27日(水)、会場はビルボードライブ東京。

Written by Grecoviche at 2012-12-12 07:57:53
6560 件中 931 - 940 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652 653 654 655 656  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [23052647]