最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【邦楽】 aiko体調不良で1曲披露で延期
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/02/23/06.html

季節の変わり目というわけでもないだろうけど、忙しかったんでしょう。胃腸炎でダウンということで4月1日に延期されたって。ここんとこ温かくてね、2月とは思えない天気でまた寒くなったりしたから、体調崩した人もいるかもしれないが、感染性胃腸炎という病気、感染するんだ、胃腸炎って。体の仕組みはほんと不思議。でも、延期するにもステージに立って、1曲でも披露するってのが、駆けつけたファンには救い。なかなかそんな話聞いたことない。ちゃんと納得して帰れたことでしょう。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:26:37
【邦楽】 北出菜奈、HMV新宿でライブ
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-040223-0002.html

まだデビューしたてのこの人に期待するのも勝手なことだけど、失望するのも勝手なことでして、女性ロッカーという触れ込みで記事を見てから一応期待してたんですが、テレビで歌声を見てちょっと理想に達してないと失望したんですよ。矢井田さんを知ったときに、こういうの歌える女もいるんだっていうのがあったから、期待しすぎたってのがあったのかもしれないけど。まだまだ先がありますから、そのわしの失望がいつか変わるかわからないけども、雰囲気というか迫力が足りない。歌も何か1本調子。だからもうちょっと時間をかけて、もしも幅が広がった感があったら、もう一度じっくり聴いてみたい人であります。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:26:21
【邦楽】 浜崎のファン限定イベントをテレビで放送
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-040222-0005.html

とは言っても、一般の電波に乗せるわけがありません。スカパーのTBSチャンネルを見れる人だけであります。去年の春辺りにファンクラブ会員のみのイベントを6ヶ所で開いたそうで、その模様をここで流すと。わしがここでなんと言おうと、今一番若者に人気があって、一番金を動かせる歌手ですから、そういう映像が欲しがられるのも、それがCSで流されることも当たり前っちゃぁ当たり前。どうしても見たい人は、見れる友達にビデオを頼むか、自分でスカパーと契約すればいいんです。流す側はそういうのを期待して、高い金を浜崎側に払って流すんですから。ただで見ようと思っちゃいけません。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:05:50
【邦楽】 今回のZONE特集記事で学んだこと
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200402/gt2004022202.html

とかく快いコメントを書かないわしであるが、この人らも例外ではない。歌手を見るときに、歌ってる時の雰囲気を見るキャラ、聞いてる自分が気持ちいいと感じる曲なのか、歌詞なのか。もしくは歌には見えないその人のバックボーンなど、どこか共感できる部分があるとその歌手を好意的に見るもんです。逆にどこかに嫌悪感があると嫌になるとも言えまして、わしの場合はかわいさで売るとか、曲がありがちというアイドルには多いところが気になるため、どうしてもアイドルと呼ばれる人種には辛辣なコメントが多くなることが多い。そうなると、興味を持たなくなるため、情報を求めようともしなくなる。しかし、このサイトをやるからにはその人らの情報も扱わなくてはならなくなるというジレンマが生まれるわけです。そこで今回の記事。新しくなったZONEの紹介記事ですが、ま、感動させようとする話も好きではないので、別に興味を持って読んだわけではないですが、あまり見かけられない結成時の裏の話を読むことで、多少見方が変わる人もいるのかもしれない。わしにはわからん。あぁ、そういうこともあったんですか程度ではあるが。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:05:33
【邦楽】 そしてゴスペラーズ結成10周年記事
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20040221_10.htm

10年ですか、大学のサークルに始まり、笑っていいともで存在に気づき、ようやく軌道にのったというとこでしょうか。ほぼ同年代で早稲田にいた者としては、こうやって活躍してくれる人がいるのは嬉しいですよ。広末さんも後輩になったと思いきや中退でがっかりなのも束の間、まさか芥川賞受賞者が出るとはね。かと思えば、早実寄付金問題で、元総長が直接面接でお願いしてたとかニュースでやってるし。規模がでかくなればいろんなことが起こる。2年で芥川賞とる人もいれば、卒業に苦しんで留年しまくったわしもいる。ピンキリですな。はてゴスペラーズ、JRAのテーマソングを歌ってるということで、夢は馬主と記事にでかく書かれてますが、年収何千万以上を何年連続とか、馬主資格は厳しいです。北島三郎、和田アキ子、志村けんと馬主は多くいますが、馬主になれるよう、人気を維持できるといいですな。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:05:16
【邦楽】 平松さん、ご苦労様です
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2004/02/22/02.html

確か子供産むときだっけ、1回死にかけたの。今度は乳がん克服。いろんな試練を乗り越えてらっしゃいました、平松愛理。体質とかあるんだろうけども、大変だよなぁ。被った本人の苦労を他人が察することはまず不可能だろうが、おぼろげでも頑張ったんだなというのはわかる。今回はその闘病の記録を書き綴ったエッセーの出版会見の記事であります。わしがこの人の歌を知ったのは、有名な「部屋と・・・」ではなく、ウンナンがフジ土曜8時にやってた「やるならやらねば」のエンディングで歌ってた曲。正直、男にはなかなか好きになれない曲ではあるが、女性に根強い人気があるし、攻撃しづらいアクのない方なので、こういう話を聞かされるとちと弱い。4月21日にニューシングルを発売されるそうなので、とりあえず無理せずにという無難なコメントにしときましょ。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:04:58
【邦楽】 Tommy febraryの別人格なんだと
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20040220_30.htm

5月公開の深田恭子と土屋アンナ出演の映画「下妻物語」の主題歌を川瀬が歌うらしいんだけど、その映画のイメージを含まらせて曲を作った結果、今までのようわからんちょっと昔の洋楽アイドルっぽい曲とは違って、パンキッシュな音楽ということで、別人格のTommy hevenly6という名前で曲を出すんだって。そういう能書きはどうでもいいけども、どうにも川瀬のソロの歌は好きじゃなかったから、その路線はいかなるもんじゃいと若干好意的に思ってはいる。ブリリアントの曲自体はそんなに嫌いでもないし、この人は歌がうまいとかじゃなくて、雰囲気で客にアピールする人だと思ってるから、そのパンキッシュだという別人格の歌がどれだけひきつける曲なのか、ちょっと聞いてみたい気はする。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:04:39
【邦楽】 氷川の舞台に玉緒乱入は決まったオチのようだ
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200402/gt2004022107.html

これが初めてではないから、もはやこれは恒例化しそうな登場パターンなのだろうが、デュエット曲で話題を作ったこの二人、今回は大阪の氷川の公演で玉緒乱入でデュエット熱唱だそうです。玉緒のこのキャラをテレビで引き出したさんまも素晴らしいが、和田アキ子が、娘とパチンコを打っていた玉緒の横に座った時に、娘から和田アキ子への挨拶を催促された玉緒が、娘の彼氏と勘違いして挨拶したというほど、プライベートでも面白い人らしい。そんな人ですから、客に断ってカンペを持ち出して歌うというのもありなのであります。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:04:23
【邦楽】 作詞一青窈、作曲井上陽水
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20040219_20.htm

「ハナミズキ」も売れ行き好調のようですな、一青さん。曲のタイトルを見てると、どこか古きよき70年代風の香り漂うのが印象的ですが、4月7日発売のニューアルバムの中に収録される曲の中に、井上陽水が作った曲が2曲含まれるという記事であります。陽水さん、さらりと聞かせる歌詞もさることながら、年代問わず通用するメロディーセンスはさすがでありますからね。何といっても好奇心旺盛な人ですよ、陽水さんはきっと。あれだけ自分の個性がありながら、積極的に人と交わるんですから。普通嫌がると思うんですよ、独特の雰囲気を持った人は。とても楽しそうに人との仕事をこなしてるように見える。だから、一青さんとの作品とやらも、きっとそういう中で出てきた曲でしょうから、楽しみではありますな。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:04:05
【邦楽】 MISIAとTAKURO、JIROの対談
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200402/gt2004022008.html

20日にオールナイトニッポンのパーソナリティを務めたMISIAが呼んだのは、公私とも仲がいいというGLAYのTAKUROとJIRO。同じミュージシャン同士、触発されることもあるんでしょうが、どうも未だにGLAYはいいとは思わんわしにとっては、そのGLAYの良さをMISIAに教えて欲しいところである。かといって、MISIAの方がいいかというと、歌手としてはすごいと思うものの、歌が好きという訳ではない。しかし商業音楽は売れてなんぼ。既に売りまくってる両者はたくさんいるミュージシャンの中では数少ない勝ち組。ちょっとこのラジオ聞いてみれば良かったな。意外としゃべりを聞いて良くなったりすることもあるから。

Written by fermata2000 at 2004-02-24 04:03:49
4709 件中 1071 - 1080 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [22775406]