最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【邦楽】 日本サッカー協会もハロプロ人気を放っておけないようで
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200311/gt2003110801.html

わかりませんよ、はっきり言って動いてる映像を見てないから、ハロプロメンバーがどれだけフットサルがうまくなってるのか知りませんけど、女性ということを差し引いてもですね、いくら金のかかる仕事として本気で取り組んでるからといってですね、記事にある「レベルの高さ」がどの程度なのか、未だ持って疑問なわけです。どっかの女子フットサルチームと戦うはずのこのメンバーに、日本サッカー協会から協会公認の選手証が手渡されたということでの記事。ま、いいですよ、どうせ注目してるわけじゃないですから。それでフットサルの裾野が広がるってんだから、いいことはいいことなんじゃないっすか。

Written by fermata2000 at 2003-11-10 03:22:27
【邦楽】 NEWSデビュー曲発売ということですが
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-031107-0009.html

そんな曲の印象がキャラに隠れてわけがわからなくなるような人たちのコメントをするほど、暇じゃありません。どうせ歌がどうだって売れるものは売れるんだから。そりゃPRも派手にしなきゃ、いっぱいお金を落としてくれる女の子達に悪いもんね。

Written by fermata2000 at 2003-11-10 03:22:08
【邦楽】 久々にみる小室哲哉の文字
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/nov/o20031106_10.htm

覚えている限り、最後に見た小室の文字は吉本入りのとき。人気プロデューサーの座はつんくに流れ、小室の曲もさっぱり見かけなくなった今日この頃。正直完全アイドル路線限定のつんくの曲なんかよりは、はるかに小室さんの曲の方がもうちょっと大人対象になるので良いのだが、多くが若者向けでブーム的な売り方だったから、売れるときは爆発的、落ち始めたら止まらないはわかってたはず。それでも実力はある人ですから、今後もまた活躍し出したら急上昇を描くことでしょう。今はじっと忍んでいるときと解釈します。で、久々の小室さんの記事は、「WASABI」などを制作したリュック・ベイソン監督の最新作映画の日本版イメージソングを作るってんだって。

Written by fermata2000 at 2003-11-10 03:21:44
【邦楽】 「冬のソナタ」の一部を日本語が味わえる
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2003/11/07/06.html

NHKBSで流されて大反響を巻き起こしたと、どこかしこで見た韓国のテレビドラマ「冬のソナタ」。BSは見れる環境にはありますが、韓国に興味はあってもドラマに興味がないおいらは、やっぱりチェック無し。純愛ドラマとの評判はどっかで聞いた。もしかしたらNHK教育の韓国語講座だったかもしれない。で、当然ながら注目度の高いドラマの主題歌にも注目はいきまして、韓国語の歌ながらも問い合わせ殺到。その主題歌を歌うryuという方が来日して、日本語でレコーディング、12月10日に発売だそうです。歌の世界に近づきやすい配慮だとは思いますが、ドラマを愛して止まないという人は、どうせなら韓国語バージョンを手に入れて、韓国語を学ぶ機会にしてみてはいかがでしょう。

Written by fermata2000 at 2003-11-10 03:21:26
【邦楽】 氷川ニューアルバムはどこまで売れるのか
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200311/gt2003110712.html

売上げ的には、既に演歌の枠を超えている氷川きよし。19日にアルバム発売だそうで、タイトルは「男気」。うーむ、似合わん。氷川に男気。どの辺を想像すれば良いのだろう。別に変まではいかないけど、中性的だから若い女性にも受けてるはずで、正直男気のイメージはちょっと。どうせなら、どっかの温泉ロケとか行ってもらって、男らしく風呂に入るとか一回でも見ると、「おーっ、男気!」ってのはないか。いずれにせよ、オリコンをまた賑わすのか、それだけが唯一の注目であります。

Written by fermata2000 at 2003-11-10 03:20:45
【邦楽】 古き良き曲集めた陽水ベスト盤
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200311/gt2003110603.html

曲リストがあるので見たんですがね、わしが生まれる前の曲がほとんどにもかかわらず、しかも陽水ファンでもないのに知ってる曲が多くあるというのは、これ一重に名曲が多いから。しかも何がいいって初回出荷8万枚という数字。もちろん、8万枚を売り切るまでの苦労はたくさんあるでしょうが、ほらほら、最近は初回出荷が何十万枚だの100万枚だのって賑やかな数字を踊る人がいるから、この微妙さ加減に加えて、しっかり売り切って追加注文を得る。このバランス加減が何ともなく陽水に似合う。ともあれ、マイペースな陽水さんは地方周りを行ってるそうです。

Written by fermata2000 at 2003-11-07 02:53:08
【邦楽】 松山さんよ、お前もか
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-031106-0004.html

このサイトを始めた当初、毒舌として認めていた和田アキ子と松山千春。和田アキ子はいつぞやの紅白舞台裏での小林幸子とのバトルでの言い訳に嫌気がさし、あえなく転落。そして唯一認めていた松山さん。音楽面に関してはもはやいうことはありません。ところが、鈴木宗男べったりで出馬断念会見までにも同席していたのには憤慨。無罪でも有罪でもあんな政治スタンスは嫌いだが、拘置所生活で仕事ができないのに議員歳費をもらい続ける野郎なんか、クソ。それを支え続けてきた千春さんにも当然目が向くわけで、千春さん尊敬の眼差しはもはやこれまで。そんな千春さんの音楽本出版の話にも、どうにも讃える言葉が出てこなくなった。

Written by fermata2000 at 2003-11-07 02:52:43
【邦楽】 鈴木亜美が歌手復帰に第一歩
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/nov/o20031105_40.htm

何と、所属レコード会社だったソニーと和解したんだって。しかも裁判での判決を思い切り覆して、ソニーが主張していた内容を亜美側が全面的に受け入れるということで。ファンにとってはまず喜ぶべきことでしょう。公に復帰する第一歩となったわけですから、ソニーもCD発売に前向きと言われてるので、遠くない将来にまた歌を出すことができそうですから。さて、冷静なのはここまで。では個人的主観を炸裂させていただきます。なんだそりゃ!自分達の筋より現実をとったってことは、おいらの目からすれば裁判自体に意味を感じなくなる。事務所独立を果たしたからもういいんかい。何でレコード会社まで敵に回したのかはよう知らんが、訴えておきながら「すみません」は虫が良すぎる話だな。きっと鈴木亜美に同情的な人は「そこまでして歌いたかったのね、よよよ・・・」って感じだろうけど、おいらから言わせりゃ言葉悪いけど手段選ばないって感じ。最後に一言言うとすれば、鈴木亜美も大人ですから、あまり自分の仕事で家族と行動しちゃいかんよ。

Written by fermata2000 at 2003-11-06 09:37:34
【邦楽】 Coccoファンにもクリスマスプレゼント
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-031104-0018.html

どうもやたら、クリスマスイブ発売の記事をやたら見かけると思って、調べたら水曜日。そういうことか。レコード会社がオリコンタイトルを狙って、週刊売上げの初日となる水曜日に発売したがるというのを昔テレビで見ました。今年のイブは水曜日。だからなのね。さて、東京の生活になじめず、休業宣言をして地元沖縄に帰ったCoccoであったが、地元に帰って自分らしい生活ができるようになったか、いつだったか絵本を出したりと、マイペースに活動できるようになったようで、今回はTBS「NEWS23」で流されたという演奏会の模様を収めたDVDがイブに発売されることが決定したそうです。なんでも沖縄を「ごみのない島」になるように願いを込めたということがTBSに注目されて、視聴者の反響を呼んだそうで、この人は純粋すぎる人なんだな。だから東京みたいなすれたとこは合わなかっただよ。これからは沖縄発でゆっくりと活動していただきたいと思います。

Written by fermata2000 at 2003-11-06 08:57:12
【邦楽】 テレサを知らずしてチャイニーズ音楽を語れません
http://www.avex-club.com/

志村けんの如く、幾度となく死亡説が流れてはデマだったことを繰り返し、最後は現実になってびっくりしたのが確か高校生の時。売れない金髪ミュージシャンを化していたユースケ・サンタマリアと文恵子司会のアジアン・ビートを毎週見ていたおいらは、テレサ・テン追悼特集で貴重な台湾のライブ映像や、アジアン音楽解説者に耳を傾けテレサを偲んだものでした。今なお日本のみならず、中国、台湾そしてアジア圏を中心とした世界に根強い人気をほこるテレサ・テンの完全版とも言うべきCDボックスが発売されたそうです。日本語曲の「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」といった代表曲はもちろん、中国語曲の代表曲「何日君再来」「夜来香」、さらに日本語カヴァー、英語カヴァー曲まで全113曲を6枚にわたって収録、さらに現地テレビ出演映像やデビュー前映像などを収めたDVDまであるらしい。テレサファンのお父さん、お母さんにはたまらない内容であります。最後は政治活動に身を捧げてしまいましたが、アジアの歌姫と呼ばれた所以を思い切り感じることができるでしょう。なお、レコード店には並ばないようなので、お気をつけあそばせ。

Written by fermata2000 at 2003-11-06 08:56:51
4708 件中 1391 - 1400 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [22511369]