最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【邦楽】 一応入れとくか
http://www.sanspo.com/top/1220fr_index08.html

本当なら上のほうに持ってってもいい記事ですがね、どうもこの前の悪態でただでさえいいイメージないのにさらに悪くなった反町隆史。本当は拾わないつもりだったけど、ま、一応ね。そんな悪態ついたプロモーションのときにアジアライブを発表しましたが、このほど香港の四天王と言われるビッグアーティストの1人、アンディ・ラウと映画で共演だそうですよ。なんかな、こういう外見いい男は、なんでもないところでつまずいて転ぶとかいうところ見て大笑いしてみてえな。平凡な男の小さな願い。

Written by fermata2000 at 2001-12-20 00:00:00
【邦楽】 今年一番CD売ったのは浜崎
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2000/12/19/01.html

オリコンが総売上を出して算出してるんですがね、スポニチに10位まで載ってたので見ますと、浜崎、倉木、林檎、Misia、小柳と見事なまでの女性ヴォーカリスト人気。みんな今年ヒットを出してるのでなるほどねと思わされます。算出対象期日が去年の12月6日付から今年の11月27日付までということで、倉木のアルバム1枚に対し、今年9月27日発売の「Duty」だけじゃなく、前作去年11月10日発売の「LOVEppears」が多く算入されたのも非常に大きな要因でしょう。ところで浜崎の新曲、初の自分での作曲らしいですが、この曲が売れたことによって浜崎が今後歌手でやっていくのに非常に大きな武器を手に入れたと言っていいでしょう。昔コラムで書きましたが、宇多田が自分で曲書けるのに、浜崎、倉木、小柳は曲を書いてもらってるのが不安定要因だと思ったんです。これで浜崎も自分で書いた曲が売れるという更なる充実感を得られるでしょう。

Written by fermata2000 at 2001-12-19 00:00:00
【邦楽】 坂本教授、カンヌ上映作品に曲提供
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/dec/o20001218_40.htm

1月公開の映画「EUREKA(ユリイカ)」に坂本さん、「久しぶりに才能が露骨にむき出しになった映画を見た」と感動し曲提供に快く応じたそうです。映画の作品については記事を読んでもらうとして、それだけ意欲を掻き立てられた坂本さんの曲を純粋に拝聴したいですね。何気に坂本作品となると映画を見ない僕にとっては縁遠い存在でありましたが、「裏BTTB」によって世間的にも身近な存在になったと思うので、その次の作品となるその曲を聞きにその映画もちょろっと見たい気もするわけです。映画も素晴らしいらしいし。

Written by fermata2000 at 2001-12-19 00:00:00
【邦楽】 GLAYのJIROも入籍
http://www.sanspo.com/top/1219fr_index06.html

この前のHISASHIに続いて今度はJIROが入籍発覚ということです。これでTERUとTAKUROの2人がシングルなわけですが、なんか布石でしょうか。TERUと亜美ちゃんの結婚に向けて、大きな話題にしていこうという。お相手はGLAYも担当してた元音楽専門誌の編集者だそうで、やっぱ有名人は出会う場所が限られるんですかね。松坂と柴田アナの時も言われてたけど出会う場所がないので、自然にそういう付き合う人が限られてくると。いいじゃんか。有名人と付き合えるんだから。うらやましいよ。俺も有名人になりてえよ。柴田アナと付き合いてえよ。おっと、取り乱しました。一般人ですら捕まえられないもんですから。とりあえずおめでとうございますということで。

Written by fermata2000 at 2001-12-19 00:00:00
【邦楽】 辛島美登里がクリスマスコンサート
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/dec/o20001218_100.htm

わかる気がする。辛島美登里にクリスマスコンサート。雰囲気が合いそうで。そんな辛島さんと僕の接点はタモリ倶楽部の空耳アワーだけですね。何年か前に空耳特集に大槻ケンヂと一緒に出演してまして、今も歌ってますかね、最初の「空耳〜ア〜ワ〜」って。そん時に見たくらいです。来年1月にはドリカムの吉田美和と中村正人が作ったという曲を出すそうで、お題は「さよならを待ってる」。新曲と書いてありますが、まさかドリカムセカンドアルバム「WONDER3」の3曲目じゃあるまいな。作詞吉田美和、作曲吉田、中村まで一緒だけど。

Written by fermata2000 at 2001-12-19 00:00:00
【邦楽】 キムタク、TBCに4年目続投
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2000/12/19/02.html

確かにCMによる効果ってすごいみたいですね。浜崎が口紅のCMに出たら売上が倍になったとか、J−PHONEが藤原紀香起用したら一気に売上が伸びたとか。だからTBCもキムタクを手放せなかったんでしょうね。個人的には何年前のやつですかね、「くびれ〜」ってやつが印象にありますね。テレビ人間なんで見てるCMは膨大だと思うんですが、今までに印象に残ってるCMってなると、僕は秋元康企画っていうセガの湯川専務のドリキャス発売のCMと永谷園のチャーハンとかお茶漬けのCMですね。どっちも素人を起用して当たったっていう企画勝ちのCM。人気タレントとか使っちゃうとそのときは効果あるかもしれないけど、後になると忘れやすいんですよね。そういう意味で心に残る名作CMです。僕の中では。

Written by fermata2000 at 2001-12-19 00:00:00
【邦楽】 嵐はマックのCMに
http://www.nikkansports.com/news/entert/p-et-tp0-001219-02.html

僕はジャニーズあまり知らないので、ここはマックに触れることにしましょう。上のキムタクの記事の下にもちょっと書いてありましたが、一応もひとつ拾っときます。昔は高くてあまり手が出なかったマック。最近は平日半額とかいろいろ価格破壊を打ち出してやっとかよって感じですね。未だに日本のビックマック買う気がしなくて食ったことありません。なら松屋で290円牛丼食ったほうがいいやと。松屋も甘い感じなので、余裕があれば吉野屋行くんですが。そんなことはどうでもいい。で、日本のってしたのは、高校の時に修学旅行で中国に行きまして、北京で唯一というマックに入ったんですよ。物価が安いだけあって確かむこうのビックマックは日本円で百何十円くらいだったような。ポテトと飲み物つけて、こっちのビックマックの値段より安かったですからね。中国良かったですよ。今はどうだか知らんけど。中国人を当時から聞いてたのでCD買ったり。700円くらいで。カセット100円くらいで。そこら辺でジュース買ったらLサイズ並のコップに表面張力働くくらい注いで20円くらいとかね。

Written by fermata2000 at 2001-12-19 00:00:00
【邦楽】 最後に前川清のコマ劇公演製作発表
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/dec/o20001218_120.htm

来年2月公演という前川清が座長の公演製作発表がありました。共演にこの前、ガキの使いで松ちゃんに「何でこんなとこに来てんですか?」と言われながら出てた香田晋、紅白出場の石原詢子だそうです。そういえば、今コマ劇は日替わりで演歌界の大物が座長を務める公演を世紀末スペシャルとか言ってやってるんじゃなかったかな。昔そんな記事を拾った気が。いかんせん新宿はなかなか行かないんで様子もつかめません。昔は新宿のWINSに馬券をよく買いに行ったんですが、新宿は1000円単位しか買えないんで、金のない最近はめっきり100円単位で買える後楽園へ。でも今度の有馬記念は競馬場へ久々に。ただし、人ごみの大嫌いな僕は有馬記念が行われる中山ではなく、府中のほうへ。ゆっくり画面で眺めたいと思います。つぅか今度の日曜はクリスマス・イブ。つまり1人寂しく競馬場というわけです。さぶっ。

Written by fermata2000 at 2001-12-19 00:00:00
【邦楽】 くるり、来春発売のニューシングル、タイトル決定!!
http://www.listen.co.jp/news.xtp?t=i

「ワールズ・エンド・スーパーノヴァ」ですって。最近タイトルカッコいいの続いてるけど、どんな音か楽しみ。2月20日発売。コメントなくてすいません。公式サイトはこちら

Written by fermata2000 at 2001-12-19 00:00:00
4710 件中 2321 - 2330 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [23062695]