最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【邦楽】 若手演歌歌手の紹介です
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jan/o20010113_80.htm

紫艶さんは、以前夕刊フジの記事で異色演歌歌手ということで取り上げたと思うんですが、セクシー系の演歌歌手です。ライブ中に「脱ごうか?」とこともなげに言ってしまうという現代っ子、22歳。プロフィール見ると明後日には23歳ですね。ま、このくらい固定概念を覆すようなことをしないと演歌はどんどん飽きられるわけですよ。既に一時代を築いてしまった大御所さんたちには無理だと思いますが。セクシー系に限らず、いろんなタイプの演歌歌手がもっと出てくるといいと思うんです。僕は。

Written by fermata2000 at 2001-01-14 00:00:00
【邦楽】 森山良子の歌を聞いたのは
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2001/01/14/05.html

森山さん。CMとかNHKで歌ってるとこを見たような気がしますが、名前だけしか知りません。そんな森山さんがリサイタルを開いたのは韓国。同じステージにはハープ奏者として、金大中大統領の孫娘さんも立ったそうですよ。して観客は400人ということですがその大統領の政敵が軍事政権を引いてたころに青春を過ごしたという40歳前後の方が集まったそうです。しかし悲しいくらい記事が少ない。ま、体調がすぐれないのでちょうどいいっちゃちょどいい。決して手抜きではないことをお知らせしたかった。

Written by fermata2000 at 2001-01-14 00:00:00
【邦楽】 センバツの行進曲にビートルズメドレーも
http://www.nikkansports.com/news/entert/p-et-tp0-010113-04.html

サザンの「TSUNAMI」が行進曲に選ばれたってのは、確か年末に日刊が取り上げたような気がする。どうも今回正式に決定したようですね。他の各紙も読むと。で、今回はさらにビートルズのメドレーとして3曲がですね、新たに行進曲として選ばれたそうです。最近はサッカーに人気をおされ気味の野球ですが、こちらには伝統と根強い人気があります。かくいう私も昔は野球小僧でしたので、一応高校野球は見ますよ。最近は圧倒的にサッカーですが。しょうがないね。だってサッカーは世界的規模なんだもん。

Written by fermata2000 at 2001-01-13 00:00:00
【邦楽】 DA PAMPがペナントレース中に
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jan/o20010112_40.htm

この前は、ISSAが父ちゃんとゴルフの大会のプロアマの方に出るって記事で、弟の名前に注目した次第でした。で、今度は本物のスポーツ新聞カメラマンと、巨人戦の試合で写真対決をしたんだって。いいけどさ、なんか歌の話題は提供してくれないんだろうか。最近僕のコメントが音楽とまるで関係ないことばかり書いてあることに最近気づき、ちとショック。でも書きようがないんだもん。わからないから。

Written by fermata2000 at 2001-01-13 00:00:00
【邦楽】 てんむす続報
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2001/01/13/07.html

2日前に「ヒッパレ」に出てる5人娘、てんむすが番組卒業という記事をリンクしましたが、今回はその卒業時に出す最初で最後のシングルの発売日とタイトルが載ってたのでまた載せます。一応記事を見てたので、見ましたよ。今日のヒッパレ。好きじゃないけど。志村けんが出てたのでまだよかったけど。歌は一番下手だったけどタイプ的には酒井彩名が一番好きですね。そして、話し方が変なやつはえてして歌がうまいってのがあるので、もしやと思った山川恵里佳、やっぱ聞ける程度には歌えてました。

Written by fermata2000 at 2001-01-13 00:00:00
【邦楽】 つんくの曲がどこまで通用するのか
http://www.sanspo.com/top/0113fr_index08.html

最近は記事を見るたびに「ジャンルを超えた」と話す五木ひろしのコメントがありますが、今回ですね五木ひろし唯一の弟子という前田有紀さんがですね、新曲を作詞がまことで作曲つんくという布陣で出すそうなんですよ。前田さんのデビューシングルは演歌だったそうで、今回の曲がミディアムテンポとしか書かれてないのでどんな感じなのかはわかりませんが、つんくが作るからにはポップス調になってるんでしょう。歌手が若いしまだ2枚目ですから、いろいろ試させるならいい時期だと思います。その昔「演歌の花道」とかいう映画を作って自ら演歌調の歌を歌ったつんくですが、固定概念やら曲の癖などで演歌をいつも聞いてる人に聞かせりゃ違う演歌に聞こえてることでしょう。今回の前田さんの曲が演歌か違うかわかりませんが、前田有紀ファンがどう判断するのか聞いてみたいですね。

Written by fermata2000 at 2001-01-13 00:00:00
【邦楽】 元気なオヤジ
http://www.nikkansports.com/news/entert/p-et-tp0-010113-03.html

ジョージ山本などのファミリーが「オヤジ」と慕う北島三郎。今年はシングルを大量に発表するようで依然元気であるところをアピールというところでしょうか。そして「歌で若者を直したい。21世紀は演歌の時代」と高らかに宣言してますが、はっきり言って彼らの世代では無理。北島さんといい五木さんといい、演歌界の大御所が意気込むのは大いに結構ですが彼らが人気があっても演歌の冬の時代を作ったのも紛れもなく彼らの世代なわけです。目新しさがあるわけでもないし、かといって何か工夫をしてきたわけでもない。完全に若者の世代にはそっぽを向かれてるわけです。ならばパラパラに挑戦する天童よしみや、いろんなジャンルの人と試す香西かおりなどの中堅や、新世代の氷川などの方が若者への影響力はあると思います。ならば大御所は裏でその人たちを支えてあげるという方が正解だと思いますね。

Written by fermata2000 at 2001-01-13 00:00:00
【邦楽】 更新遅れたおかげで
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2001/01/12/01.html

報知新聞は更新が昼過ぎと遅いんですが、ビックニュースと捉えたんでしょう。この記事だけアップしてました。しかし、スポニチの写真の方がわかりやすいので、スポニチにリンク採用。宇多田ヒカルがクリスマスイブに、ライブに一緒に出てた新人DJとデートしてたのを今日12日発売のフライデーに掲載されるということですわ。まだ、17歳ですからね。そういう話もおかしくないでしょう。相手は新人といっても19歳。なんか魅力的なところがあったんでしょう。そんなアルバム作ったり、大学行ったりばかりじゃね。そんくらいの息抜きしないと。でも忙しいな、宇多田は。充実って感じで。

Written by fermata2000 at 2001-01-11 00:00:00
【邦楽】 ジュディマリの解散理由
http://www.nikkansports.com/news/entert/p-et-tp0-010111-10.html

ま、確かにYUKIが強調してました。「最高のアルバムができたから終わりにしよう」って。っていうか解散のきっかけを探ってたというところが本心でしょうか。何年前からか解散はメンバーの中で話し合いには出てたそうです。YUKIがラジオで語ってたところによれば。何曲か2月7日発売のニューアルバム「ワープ」の中の曲をラジオで流してましたが、アーティストサイドが「最高」と語るアルバム、ファンがどう判断しますかね。僕はファンというわけではなかったので、曲は聴きましたがこの点は語れません。しかしファンではないが、解散は残念だ。ま、ちょうど世紀越えの年だしね。新しい方向へ行くなら今というのもあるでしょう。

Written by fermata2000 at 2001-01-11 00:00:00
【邦楽】 aikoは何も語らずだそうです
http://www.zakzak.co.jp/geino/0111_g_3.html

簡単な記事ですが、記事少ないので一応ね。熱愛報道を受けて国分くんは会見を開きましたが、aikoは自分がパーソナリティを務めたラジオの仕事があったそうですが何も語らずだったそうです。ま、アーティストですからね。国分くんはどっちかと言えばタレントですから。しゃべるとすれば国分くんの方でしょう。アーティストはそんなプライベートなことはしゃべらなくてもいいでしょう。いいんじゃないすか。片方がマスコミに説明したんだから。あとは暖かく見守ってあげれば。

Written by fermata2000 at 2001-01-11 00:00:00
4704 件中 4641 - 4650 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21799840]