最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 デビュー30年 羽田健太郎が新作CD
http://www.asahi.com/culture/music/K2001112400602.html

中学生の頃に教わっていたピアノの先生にそっくりな羽田健太郎氏。ってそんな事はどうでもいい事ですけど、11月21日にキャニオン・クラシックスから「想い出の夏」につづく「冬物語」が発売されたようです。ラフマニノフやスクリャービンなどのクラシック音楽だけでなく、西部劇の映画音楽やスタンダードまでジャンルの垣根を越えた羽田世界が自然に交じり合った1枚。こんな彼はジャンルへのこだわりが消えたきかっけは20代の時、コンクールの本選で、曲の一部をすっぽり落とした奏者が自分より上位に立った時からだそうです。「楽譜への忠誠」を誓ってきたことが急にばかばかしくなったとか。反対に楽譜を忠実に語ることを大切にしている人もいるけれど、両者どちらが正しいのかとかそういう問題ではなく、お互いがあってこそバランスを取り合っている音楽業界なんでしょうね。

Written by fermata2000 at 2001-11-29 00:00:00
【クラシック】 デビュー30年 羽田健太郎が新作CD
http://www.asahi.com/culture/music/K2001112400602.html

中学生の頃に教わっていたピアノの先生にそっくりな羽田健太郎氏。ってそんな事はどうでもいい事ですけど、11月21日にキャニオン・クラシックスから「想い出の夏」につづく「冬物語」が発売されたようです。ラフマニノフやスクリャービンなどのクラシック音楽だけでなく、西部劇の映画音楽やスタンダードまでジャンルの垣根を越えた羽田世界が自然に交じり合った1枚。こんな彼はジャンルへのこだわりが消えたきかっけは20代の時、コンクールの本選で、曲の一部をすっぽり落とした奏者が自分より上位に立った時からだそうです。「楽譜への忠誠」を誓ってきたことが急にばかばかしくなったとか。反対に楽譜を忠実に語ることを大切にしている人もいるけれど、両者どちらが正しいのかとかそういう問題ではなく、お互いがあってこそバランスを取り合っている音楽業界なんでしょうね。

Written by fermata2000 at 2001-11-29 00:00:00
【クラシック】 アチュカロによりロドリゴのピアノ協奏曲日本初演!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

アチュカロというピアニストをご存知ですか?日本では彼の情報があまり無いためにあまり知られていないのですが、スペインでは名ピアニストとして名高いのです。さて、そんな彼が今回、滋賀県にある滋賀県栗東芸術文化会館 さきらと東京の紀尾井ホールでリサイタルを行なうそうです。曲目はロドリゴが作曲した「ピアノ協奏曲」なのですが、実はこれを初演したのが今回のアチュカロ氏。日本でも初演をおさめることになるんですね。で、今回もっとも注目したいのは東芸術文化会館での演奏。2年前にオープンしたばかりの同ホールではナント!5台もピアノを備えているのです。で、今回用いるのはイタリアのファツィオーリというピアノ。このピアノは最高音、最低音にもう1本同じ弦が張られてあり、それには打鍵するハンマーがついていないというのです。どんな音色を聞かせてくれるんでしょうね。ちなみに他の4台のピアノはオーストリアのベーゼンドルファー、ドイツのスタインウェイ、ヤマハとカワイだそうです。

Written by fermata2000 at 2001-11-22 00:00:00
【クラシック】 12月10日の「盛田昭夫メモリアル 東京フィル特別演奏会」 延期に
http://www.mde.co.jp/menu.htm

近頃、体調を壊してしまったアーティストの方が多いですね。12月10日に予定していたコンサートでは指揮者の大賀典雄氏が入院静養を要して出演が困難な状況になったために、公演が延期になったそうです。公演予定はまだ未定だとか。早く回復なさることを祈りたいですね。チケットの払い戻しに関しては12月10日(月)までだそうです。

Written by fermata2000 at 2001-11-22 00:00:00
【クラシック】 アチュカロによりロドリゴのピアノ協奏曲日本初演!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

アチュカロというピアニストをご存知ですか?日本では彼の情報があまり無いためにあまり知られていないのですが、スペインでは名ピアニストとして名高いのです。さて、そんな彼が今回、滋賀県にある滋賀県栗東芸術文化会館 さきらと東京の紀尾井ホールでリサイタルを行なうそうです。曲目はロドリゴが作曲した「ピアノ協奏曲」なのですが、実はこれを初演したのが今回のアチュカロ氏。日本でも初演をおさめることになるんですね。で、今回もっとも注目したいのは東芸術文化会館での演奏。2年前にオープンしたばかりの同ホールではナント!5台もピアノを備えているのです。で、今回用いるのはイタリアのファツィオーリというピアノ。このピアノは最高音、最低音にもう1本同じ弦が張られてあり、それには打鍵するハンマーがついていないというのです。どんな音色を聞かせてくれるんでしょうね。ちなみに他の4台のピアノはオーストリアのベーゼンドルファー、ドイツのスタインウェイ、ヤマハとカワイだそうです。

Written by fermata2000 at 2001-11-22 00:00:00
【クラシック】 堤 剛:11月21日の公演、体調不良で1月に延期!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#1

"チェロ奏者の堤剛氏が今月の21日にサントリーホールの小ホールでブリテンの無伴奏チェロ組曲の演奏会を行なう予定だったのですが、堤剛氏の体調不良のために公演が来年1月9日に変更になったようです。特に病名は記されていなったので、風邪でしょうかね?寒い季節ですから。健康には気を付けて欲しいですね。チケットはそのまま使用できるとのことですが、都合が付かない方は払い戻しが出来るようです。詳しくはサントリーホールHPへ飛んでください。"

Written by fermata2000 at 2001-11-21 00:00:00
【クラシック】 堤 剛:11月21日の公演、体調不良で1月に延期!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#1

チェロ奏者の堤剛氏が今月の21日にサントリーホールの小ホールでブリテンの無伴奏チェロ組曲の演奏会を行なう予定だったのですが、堤剛氏の体調不良のために公演が来年1月9日に変更になったようです。特に病名は記されていなったので、風邪でしょうかね?寒い季節ですから。健康には気を付けて欲しいですね。チケットはそのまま使用できるとのことですが、都合が付かない方は払い戻しが出来るようです。

Written by fermata2000 at 2001-11-21 00:00:00
【クラシック】 アサヒビール音楽賞2001表彰
http://www.mde.co.jp/menu.htm

アサヒビールが芸術活動に勤しんでいることは知っていましたが、財団を持っていることは知るませんでした。あれま。さて、財団法人アサヒビール芸術文化財団は平成6年に外国人留学生支援制度を設けたようで、奨学金を支給するだけでなくアサヒビール音楽賞というものをつくり、入選した学生に演奏の場を与えるという何ともグローバルで若手育成に貢献しているんでしょうといわせるがごとくやってくれますね。今回の第4回目はなぜか対象をアジア人留学生限定としています。近隣国から交流を図ろうということなんでしょうか。西洋楽器、民族楽器、声楽と3つの部に分かれていたようです。入賞者にはアサヒビール吾妻橋ビルのロビーで演奏を披露できたようです。ロビーコンサートへ一度足を運んだことがありますが、なかなかいいですよ。

Written by fermata2000 at 2001-11-17 00:00:00
【クラシック】 アサヒビール音楽賞2001表彰
http://www.mde.co.jp/menu.htm

アサヒビールが芸術活動に勤しんでいることは知っていましたが、財団を持っていることは知るませんでした。あれま。さて、財団法人アサヒビール芸術文化財団は平成6年に外国人留学生支援制度を設けたようで、奨学金を支給するだけでなくアサヒビール音楽賞というものをつくり、入選した学生に演奏の場を与えるという何ともグローバルで若手育成に貢献しているんでしょうといわせるがごとくやってくれますね。今回の第4回目はなぜか対象をアジア人留学生限定としています。近隣国から交流を図ろうということなんでしょうか。西洋楽器、民族楽器、声楽と3つの部に分かれていたようです。入賞者にはアサヒビール吾妻橋ビルのロビーで演奏を披露できたようです。ロビーコンサートへ一度足を運んだことがありますが、なかなかいいですよ。

Written by fermata2000 at 2001-11-17 00:00:00
【クラシック】 ジャパン・グスタフ・マーラー・オーケストラ旗揚げ
http://www.ongakunotomo.co.jp/news/index.html

"マーラーファンには必見の情報でしょう。新しく発足されたジャパン・グスタフ・マーラー・オーケストラ(JMO)はアマチュアオケですが、コンサートマスターや一部の首席奏者にはプロの演奏家も加わるそうで、「アマチュアの概念を超える演奏を」提供していきたいという願いが強いみたいです。アマチュアの概念がどういったものなのかは定かではないですけれど、質の高いマーラーの演奏が聴ければ超したことはないですね。さらに楽団名などは先日ウィーンの国際マーラー協会から承認されたというではありませんか。今月の25日に神奈川県民ホールで第1回定期演奏会が開催されるらしく、今回の公演冊子や録音は同協会に保管されるとか。楽団員も募集しているようですよ。年に一回だけの活動のようですが、それだけ貴重で熱い演奏が期待できそうですね。"

Written by fermata2000 at 2001-11-15 00:00:00
788 件中 481 - 490 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21799175]