最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 世界の小沢、ウィーンの征爾
http://www.cnn.co.jp/2000/SHOWBIZ/11/10/ozawa.newyear/index.html

小沢征爾氏が2002年のウィーンフィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサートを指揮することになったそうです。世界各国に生中継されるほどの人気コンサートですが、日本人が指揮するのは今回がはじめてとのこと。小沢氏は2002年からウィーン国立歌劇場の音楽監督就任も決定しており「世界の小沢、ウィーンの征爾」に期待大です。

Written by fermata2000 at 2001-11-10 00:00:00
【クラシック】 過労で入院中の朝比奈隆さん、演奏会取りやめ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011106-00000120-mai-soci

さて、以前、朝比奈隆さんが過労のために緊急入院した事をお伝えしましたが、まだ体調が完全に回復されていないみたいですね。16日に予定されていた東京オペラシティでの公演を取りやめて、20日に予定されていた大阪のフェスティバルホールでの定期演奏会は代わりの指揮者を立てるそうです。ブルックナー「交響曲第3番」は残念な結果になったけれども、年末の「第9」演奏会に向けてゆっくり回復を目指して欲しいですからね。無理はしない方がいいもの。さて、代替の指揮者はどなたかと言うと、外山雄三さん。曲目もシューベルト「交響曲第9番」に変更だそうです。

Written by fermata2000 at 2001-11-06 00:00:00
【クラシック】 二期会創立50周年「ホフマン物語」総力あげてまもなく開幕!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#7

2月にヨハン・シュトラウスの「こうもり」、7月はヴェルディの「ファルスタッフ」の公演を終えてきた二期会。11月は珍しくオッフェンバックの「ホフマン物語」の公演に取り組むようです。上演は2日からで、すでにゲネプロ(ゲネラルプローベ=本番と全く同じ内容で行う総練習)があったようですが、舞台美術が幻想的なイメージを描く象徴的なものになっているようで、楽しみですね。指揮者はフランスからオペラに定評のあるジェローム・カルタンバック氏を招くなど、今回も見どころたっぷりの二期会50周年記念公演になりそうです。リンクで飛ぶとゲネプロの様子が伺えます。

Written by fermata2000 at 2001-11-03 00:00:00
【クラシック】 ピアノのメジューエワ:ロシアの作曲家メトネルの50年目の命日(11月13日)に!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#6

ニコライ・メトネルというロシアの作曲家をご存知ですか?ラフマニノフやスクリャービンのようにコンポーザーピアニストとして活躍していたのですが、作曲家として素晴らしい作品を産み出しながら、その名前はほとんど知られないまま埋もれてしまったそうなんです。そして、最近になって彼に大きな注目が集まりはじめたそうなんです。でも、そういう生後に花咲く作曲家って多いですよね。情報通の人はもう演奏会やCDなどで紹介されているのでご存知かもしれません。さて、今回はそんな彼に大きな関心を持っているロシアのピアニスト:イリーナ・メジューエワが4回のシリーズでメトネルの代表作や主要なソナタを演奏するそうです。そして、そのコンサートの最終日、11月13日は50年目のメトネルの命日にあたるそうなんです。メジューエワは現在日本に住み、日本文化にも深い関心を持っているそうなので、新しい作曲家の発見と同時に日本好きの演奏家の一面なんかも垣間見られて面白いかもしれませんね。

Written by fermata2000 at 2001-11-01 00:00:00
【クラシック】 米バイオリニスト、名器ストラディバリを約5億円で購入
http://cnn.co.jp/2001/SHOWBIZ/10/29/bell.stradivarius/index.html

米の天才バイオリニストといえども、5億をぽ〜んと出してしまう偉大さに感服です。これまでもストラディバリの1732年製を愛用していたんですよ!それで充分なんじゃ・・・と思うのは弦楽器に対する素人さから来る考えですかね。今回のこのバイオリンは1713年に製作されたもの。これまでに2度、盗難に遭ったそうです。彼の手に渡って盗難の被害に遭わない事を祈るばかりです。でも、せっかく楽器として生まれてきたのですから、博物館やうちの大学みたいに保管庫に入れられるよりよっぽど機能を果していると思えます。世界の名器で美しい音を奏で、世界中の人々を音楽に酔わせて欲しいものです。

Written by fermata2000 at 2001-10-31 00:00:00
【クラシック】 ラヴェル・チクルス:すみだトリフォニーホールではじまる!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#3

29日からミシェル・プラッソン指揮、トゥールーズキャピトル国立管弦楽団演奏の「ラヴェル・チクルス」が東京のすみだトリフォニーホールで始まったようです。これは11月1日まで続き、曲目は毎日違うみたいですよ。そして、昨日はナント!演奏される機会が少ないラヴェルの歌劇「スペインの時」を演奏会形式で存分に味わえたようです。ラヴェルは生前、たった2曲しか歌劇を残していないんです。もう一つの「子供と魔法」は演奏会形式で度々演奏されるようなんですけどね。リンクで飛ぶと29日に行われたコンサートの様子を見る事が出来る写真がありますよ。

Written by fermata2000 at 2001-10-31 00:00:00
【クラシック】 文化功労者に小澤征爾氏
http://www.asahi.com/culture/update/1030/001.html

昨日、文化功労者で最長老作曲家であられた松平頼則氏の悲報をお伝えしましたが、今日は嬉しいニュースです。指揮者の小澤征爾氏(66)が30日に文化功労者に選ばれました。顕彰式は5日に東京・虎ノ門のホテルオークラで開かれるようです。その他にも作曲・文化振興の三善晃氏(68)や歌舞伎の四世中村雀右衛門氏(81)もいらっしゃるのですよ。やっぱり、科学的な功績をあげている方々の中に音楽界の人々の名前が入っているのは嬉しいですね。どんどん芸術文化において功績を残していって欲しいものです。

Written by fermata2000 at 2001-10-31 00:00:00
【クラシック】 札響解雇訴訟 元ビオラ奏者の訴え棄却
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011029-00002144-mai-soci

何とも悲痛な叫びが聞こえてきそうな判決が下されたようです。札幌交響楽団を解雇された元首席ビオラ奏者で米国人のヒュー・ラクリンさんは「解雇は違法」と地位確認などを求めて札幌地裁に訴えたようなのですが、結果は「首席奏者を続けた場合、楽団全体の音楽レベルが低下する恐れがあり、解雇に合理的理由があった」とのこと。実力社会の中、こんな判決を下されたら何も言い返せませんね。楽団の中の様子は大丈夫なんでしょうか。この裁判が楽団員に影響しない事を祈るばかりです。

Written by fermata2000 at 2001-10-31 00:00:00
【クラシック】 小澤氏後任にレバイン氏=ボストン響
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20011029-00000015-jij-soci

さて、さて、小澤征爾氏が来年秋にウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任する情報はもうご存知ですよね?そんな彼の後任は現在、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の芸術監督を務めている米国人指揮者のジェームズ・レバイン氏。これ、「米国人」と言う部分を声を大にして言いたいところなんです。でも、突っ込んでください。ボストン交響団は120年の歴史を誇る米国の代表的なオーケストラなんですよ。なのになぜ声を大にする必要があるのか。それは120年もの歴史の間、音楽監督に米国人が雇用された事が無いそうなんです。これにはビックリ!初の米国人音楽監督としてレバイン氏には母国の音楽をより広めていって欲しいですね。

Written by fermata2000 at 2001-10-30 00:00:00
【クラシック】 松平頼則氏死去94歳=最長老作曲家、文化功労者
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/jinji/20011029k0000e060069001c.html

まつだいら・よりつね氏。歴史の教科書に出てきそうな名前を授かった彼は文化功労者。どのような功績を残してくださったかというと、雅楽の語法と近代ヨーロッパの和声を見事に融合させた方なのです。新作曲派協会の設立に参加するなど、その後も従来の日本的な曲に暗い響きが多かったなかで、明るい日本的な響きを発見し国際的にも注目され、多くの賞を受賞されました。非常に残念でなりません。和声と西洋音楽の響きの調和を聞きたい方はぜひ、彼の作品を探してみる事をオススメします。心よりご冥福をお祈りします。

Written by fermata2000 at 2001-10-30 00:00:00
788 件中 501 - 510 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [22772240]