最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 一味違うクラシック 来月2日、「古澤巌ヴァイオリンの夜in足利学校」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010906-00000007-mai-l09

栃木県のニュース。足利市で「古澤巌ヴァイオリンの夜in足利学校」というコンサートを10月2日午後7時から開くようです。この江戸時代の足利学校を復元した「方丈」にステージ、庭園内と方丈周辺に客席が設置され、純和風の世界でクラシクが楽しめるという何とも摩訶不思議なコンサートなんですねぇ。チケット代も一番高いSS席で4500円、一番安い席は立ち見で1500円とこれまたお手頃。入場者数は800人を見込んでいるとの事ですから、結構な収容人数です。会場もJR足利駅から徒歩10分と近いですね。今、ちょっと調べて見たんですけど、上野からだと各停でだいたい2時間ほどで着くようです。

Written by fermata2000 at 2001-09-08 00:00:00
【クラシック】 マリア・カラス、オナシスの子供を産んでいた
http://news.yahoo.co.jp/headlines/reu/000908/ent/17413301_japan_13712_1.html

伝説の女性オペラ歌手、故マリア・カラスが、なんと1960年にギリシアの海洋王オナシスの子供を出産していたらしい。生まれたのは男の子で誕生の数時間後に死亡したとのことですが、このお話が自体がオペラになりそうですな。

Written by fermata2000 at 2001-09-08 00:00:00
【クラシック】 不用ピアノ、皆のお役に 市の呼び掛けに「寄贈します」20台
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010904-00000004-mai-l09

子供が成長してしまって使われなくなったピアノってけっこうあるんですね。ちょっと寂しい気がしますけど。しかしながら、そういった点に目を付けた音楽好きの足利市の吉谷宗夫市長。「家で眠っているピアノを公民館や空き店舗で再活用します」と市民に呼びかけたら、計20台の寄贈の申し出があったようです。これらの中古ピアノを公民館や集会所に置いて音楽活動に役立てたり、将来的には中心商店街の空き店舗にも設置し、街おこしの音楽イベントなども開きたいという考えのようなんです。ピアノは不用になったといっても廃棄するだけに結構資金が掛かってしまうのですよね、だから、どうにも出来ずただ家の家具と化している家庭が多いようです。本当にもったいない。

Written by fermata2000 at 2001-09-06 00:00:00
【クラシック】 第1回泉州国際音楽祭 オペラや合唱のコンサート NPO法人などが8日から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010903-00000003-mai-l27

最近、地域の文化振興において地域を活性化させようという試みをしている地域が多いですね。泉州二十一世紀協議会というNPO法人があるのですが、彼らは関西国際空港を生かして泉州地域の活性化を進めようと活動しているそうで、9月から11月にかけて、堺、高石、泉佐野、泉南各市で「第1回泉州国際音楽祭」を開催する企画を立てたようです。目的はオペラや合唱のコンサートを重ねて「文化的で、滞在する魅力のある場所づくり」を目指すというもの。地場産業の不振が起こっているだけに良い町興しのきっかけになるといいのですけれど。

Written by fermata2000 at 2001-09-06 00:00:00
【クラシック】 来年はヴェルディ没後100周年
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010903-00000003-mai-l27

イタリア歌劇のミラノ・スカラ座が10日から5年ぶりに日本公演を都内で行う。今回は来年没後100周年を迎える作曲家ヴェルディを記念した内容となっており、ヴェルディ前夜祭とも言える今回の公演は「リゴレット」「運命の力」「レクイエム」と傑作がずらり。また、今回の公演では字幕は一切使われないらしい。聴衆に対して予習を求めるとのことだ。

Written by fermata2000 at 2001-09-06 00:00:00
【クラシック】 市原多朗リサイタル延期
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/

9月6日(水)にサントリーホールで予定されていた「市原多朗リサイタル」が健康上の理由で延期。9月23日(土)に同ホールで行われることになりました。行かれる方は注意をして下さい。

Written by fermata2000 at 2001-09-05 00:00:00
【クラシック】 携帯電話の着信音で交響曲を奏でよう
http://www.hotwired.co.jp/news/news/20010903205.html

コンサートなんかに行くと必ず、携帯電話の電源を切り忘れて、鳴っている人がいる。ホントいい時だと、腹が立ってくるのですが、それは演奏家に言わせてみれば、「殺してやろうか」ほどの激情がよぎるらしいです。しかしながら、そういった着信音に着眼して演奏会を開催する予定の作曲家がいるのです。彼の名は米国人のゴラン・レビン氏。彼は現在、現在、聴衆の携帯電話200台の着信音を楽器として使った、演奏会用の曲を作曲中だそうです。携帯電話による演奏会は、聴衆の嗜好とうまく共鳴し、携帯電話を取り巻く悲観論を排除できるはずと考えているレビン氏。しかしながら、反発もやはりあるみたいですけど。でもこういった発想面白いと思いますよ。これから演奏会中での携帯電話のマナーなども考えさせられるでしょうし、演奏家にとっても憎らしい携帯への考え方が変わるかもしれないですからね。

Written by fermata2000 at 2001-09-04 00:00:00
【クラシック】 本社工場跡地にコンサートホール 東洋ピアノ製造
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20010903-00000012-cnc-l22

どちらかというとローカルネタです。静岡県民のみなさま。中堅ピアノメーカーの東洋ピアノ製造さんが今年の11月の中旬頃に本社工場跡地にコンサートホールを備えた本社事務所などを設立させるようです。コンサートホールは天井高5メートル、客席は130席だそうでキャパ数からみても室内楽向けですかね。発表会などにも使えそうです。しかしながら、ピアノはオリジナルピアノだけでなくスタインウェイも常備させるというからなかなかいいんじゃないですか。YAMAHAの本拠地でもある浜松地区に「音楽文化振興に貢献できれば」と社長は考えているようで、う〜ん、勝負を仕掛けているみたいだわっ。同じ浜松同士負けられないのね。ちなみに本社工場は竜洋工場内に新工場を建設して移設したそうです。

Written by fermata2000 at 2001-09-04 00:00:00
【クラシック】 サイトウ・キネン・フェスティバル松本生放送!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#1

"しばらく旅行に行っていたので、クラシックニュースはちょっとお休みしちゃってました。すみません。というわけで、今日から気合いを入れて頑張ります!って読んでいる人いるのかなぁ(汗)さて、8月25日からサイトウ・キネン・フェスティバル松本がはじまりました。で、この模様は9月7日まで長野朝日放送により長野県松本文化会館に設けられたサテライトスタジオから毎日生放送されるらしく、またたくさんのゲストも訪れるようです。長野県が遠いわ・・・という方もインターネットで閲覧する事が出来るようです。"

Written by fermata2000 at 2001-09-03 00:00:00
【クラシック】 第11回芥川作曲賞:今年は作曲家の原田敬子に!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

芥川作曲賞ってもちろんですけど、芥川龍之介じゃないですよ。作曲家の芥川也寸志氏の功績を記念して19991年にサントリー音楽財団によって創設された賞なんです。さて、今年も8月26日にサントリーホールで第11回芥川作曲賞選考演奏会がおこなわれたそうです。で、公開審査の結果、作曲家の原田敬子女史が芥川作曲賞を受賞しました。彼女は現在、桐朋学園大学の講師をしている傍らで様々な音楽活動をしており、今年の秋には初のソロアルバムのリリースを予定しているようです。また、演奏会においても新曲を発表するなど、これから目が離せない若手作曲家の一人かもしれませんね。

Written by fermata2000 at 2001-09-03 00:00:00
788 件中 561 - 570 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [23273042]