最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 ついに解明、ブルックナー交響曲の深遠なる世界
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#3

9月26日から9月30日にかけてすみだトリフォニーホールで《交響曲の世界をめぐる、ブルックナーの旅のはじまりと終わり》というブルックナーづくしのコンサートとワークショップが行われるようです。今でこそ熱烈なファンが多いブルックナーですが、生前の頃は必ずしも多くの人に受け入れられているわけではなかったようです。そんな彼の音楽の全てを知れる密度の濃い3日間になりそうですよ。

Written by fermata2000 at 2001-08-07 00:00:00
【クラシック】 モービル音楽賞
http://www.sankei.co.jp/mostly/index.htm

邦楽部門は長唄三味線方の田島佳子、洋楽部門は大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウスがそれぞれ受賞。

Written by fermata2000 at 2001-08-07 00:00:00
【クラシック】 ステファンスカ国際ピアノコンクール
http://www.sankei.co.jp/mostly/index.htm

昨年スタートしたばかりのアオモリ・ミュージック・フェスティバル(AMF)で、今年から同コンクールが執り行われることに。無事に成功して欲しいですね。

Written by fermata2000 at 2001-08-07 00:00:00
【クラシック】 武満徹作曲賞2005年までの審査員決まる!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

1997年からはじまった武満徹作曲賞。毎年、一人の審査員によって入選者が選ばれることが特色なのですが、2003年から2005年までの審査員が決定したそうです。2003年度はジョージ・ベンジャミン氏(イギリス)、2004年度がマグヌス・リンドベルイ氏(フィンランド)、2005年度はジョン・アダムズ氏(アメリカ)が審査員として選ばれました。これらの審査員の選考は東京オペラシティ文化財団のアドヴァイザリー・コミッティと2000年審査員ルイ・アンドリーセン、2001年のオリヴァー・ナッセン 、2002年の湯浅譲二らの協議によって決まったようです。武満徹氏がまだお元気だった頃は本人が審査員を選考していたようですよ。武満氏自身が審査をやっていたのではなかったのですねぇ。

Written by fermata2000 at 2001-08-04 00:00:00
【クラシック】 ロンドンの主要劇場、観光客減少にもかかわらず観客増加
http://www.asahi.com/culture/enews/K2001080300996.html

ロンドンの主要劇場における今年の第2・四半期の観客動員数は口蹄疫の流行で観光客が減少したにもかかわらず、前年度に比べて7.6%増加したそうです。4―6月のチケット売上総額も昨年の同時期と比較すると20万ポンド(約3500万円)増加したとか。それだけ、地元に根強いファンを構築していっているのと、少しでも質の良い音楽を聴くことを目的として、ロンドンを訪れた観光客が観光客の中でも大きな割合を占めていたのでしょうね。ロンドンの音楽家としては心強い結果となったのではないでしょうか。

Written by fermata2000 at 2001-08-04 00:00:00
【クラシック】 仲道郁代の音楽学校@インターネット
http://www.sankei.co.jp/mostly/index.htm

MIDIを使ってのクラシック講座。MIDIでクラシックの荘厳さは伝わるのか?

Written by fermata2000 at 2001-08-03 00:00:00
【クラシック】 シドニー国際ピアノコンクール、上原彩子堂々の2位
http://www.sankei.co.jp/mostly/index.htm

第7回シドニー音楽コンクールにて、上原彩子はモーツァルトのピアノ協奏曲とラフマニノフのパガニーニの主題による変奏曲を演奏し、第二位ならびにピープルズ・チョイス賞を受賞。いままでも幼少より数々の賞を総なめにしてきた上原彩子。今後の動向も目が離せません。

Written by fermata2000 at 2001-08-03 00:00:00
【クラシック】 世界の小澤、事故った運転手を助ける
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/20000802130603.html

なんと、アメリカで仕事帰りに小澤征爾が、事故で崖から落ちそうになってた車を見つけ、他の人と一緒に警察が来るまで落ちないように頑張ったというではありませんか。世界の小澤がまた1つ勲章を手にしました。日本人の誇りだね。

Written by fermata2000 at 2001-08-02 00:00:00
【クラシック】 パバロッティ、250億リラ支払い脱税起訴を回避
http://cnn.co.jp/2000/WORLD/07/30/pavarotti.tax.evasion.ap/index.html

ドミンゴ、カレーラス、そしてパバロッティ。世界三大テノールの一角を担うパバロッティが、250億リラ(約13億3500万円)の追徴金を支払うことで財務相と合意し、脱税起訴を回避した。イタリアでは脱税罪は最大5年の懲役刑、パバロッティもホッとしているようです。スキーのトンバ等、イタリアでは著名人の脱税疑惑が後を絶ちません。

Written by fermata2000 at 2001-07-31 00:00:00
【クラシック】 イスラエルでのワーグナー演奏
http://www.asahi.com/culture/music/K2001072900295.html

以前、イスラエル芸術祭においてイスラエルではタブーとされていたワーグナーの曲をアンコールに演奏したということがありましたよね?そのことで随分議論を呼んでいるようです。政治家は相変わらず、指揮者であるダニエル・バレンボイム氏に対して「演奏すべきでなかった。時期尚早だ」とか、「ごう慢で無神経だ」などといっているようですが、音楽関係者からは「反対者が退席したうえでなら認められるべきだ。今後、こうした形が受け入れられていくのでは」と言う声も。しかしながら、国会では、「彼が公の場で謝罪しない限り、国内での演奏活動を認めるべきではない」との異例の決議を採択したそうです。話が飲み込めない人の為に説明しますが、なぜイスラエルでワーグナーがタブーとされていたかというと、ヒトラーが愛好した作曲家が彼であった事と、ワーグナー自身、反ユダヤ主義の論文を書いたことなどからホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の生存者が残るイスラエルではタブーとされたいるんですね。しかしながら、今回の演奏では聴きたくない人は予め退場するよう断っていたし、残った聴衆の中には、ユダヤ教正統派やホロコースト世代の人たちの姿もあったようですから、いつまでも傷をズルズル引きずらない方がいいんじゃないでしょうか。でも、ワーグナーってナチスが台頭する前にとっくに亡くなってるんですよ。ヒトラーが愛好したというだけで嫌われちゃうんだから、ワーグナーもかわいそうですよね。

Written by fermata2000 at 2001-07-30 00:00:00
788 件中 601 - 610 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21799159]