最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 キューバへの日本人渡航者数が急増
http://news.yahoo.co.jp/headlines/mai/010728/dom/21450000_maidomm057.html

なぜ、キューバ・・・という感じですが、どうやら昨年に来日したオーケストラ「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」などの音楽の影響や映画への関心の高まりからキューバへ行く日本人が増えているみたいですよ。昨年は前年から倍増の約9000人がキューバに訪れたとか。首都のハバナの旧市街が世界遺産に指定されるなど、観光資源にも恵まれている国だそうで、今までは直行便がなかった為に30時間ほど掛かったみたいですが、今は徐々に直行便を運航しているみたいです。旅行会社は音楽ブームに目を付けてキューバ観光に力を入れ出したみたいで、それが見事当たったんですねぇ。ふ〜んっ。キューバの音楽を聴いた事がないので良く分かりませんが、行ってみたいですね。

Written by fermata2000 at 2001-07-30 00:00:00
【クラシック】 主婦の友社、カザルスホールを日大に売却へ
http://www.asahi.com/culture/update/0727/001.html

なんだかKにとってはとっても悲しいニュースです。以前から主婦の友社の経営悪化や自主公演打ち切りの話は聞いていたのですが、ナント!あの東京・神田駿河台にあるカザルスホールが、主婦の友社から日本大学に売却されるというのです。さらに日大はその近辺のテナントビルを3棟購入し、新キャンパスを整備するようで、つまりあのカザルスホールが日大キャンパス内に立つ事になっちゃうんですねぇ。って売却されれば日大の所有物になるから当然なんですが・・・。とにかく主婦の友社側の「できればホールは残して欲しい」という意向を受け入れて大学側はホールは取り壊さず、芸術学部の発表の場としても利用する方向でいるようですが、う〜ん、1997年にメセナ大賞を受賞してたくらいなんですよ、カザルスホールは。年間平均350公演をこなすほどで、たくさんの文化発展に活躍していたのに本当に残念でなりません。

Written by fermata2000 at 2001-07-28 00:00:00
【クラシック】 涼しい木曽路は音楽祭が真っ盛り!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#4

上手い具合に地域との文化交流を成功させていると思います。今年で27回目を迎えるという木曽音楽祭。過去にさまざまな難しい問題や、ディレクターの一人である数住岸子が病に倒れるといった悲しい出来事を抱えているのも27回というある程度の歴史を踏んできたからこそ何でしょうね。そして、今は定着し始めて来ているし、ボランティアの人もいるようです。今年は8月23日〜26日に行われるそうで観光がてら行ってみるのも楽しいかも。

Written by fermata2000 at 2001-07-27 00:00:00
【クラシック】 最新指揮者異動情報
http://www.ongakunotomo.co.jp/news/index.html

4つあります。“.諭璽瓠Ε筌襯凜は、エーテボリ交響楽団(スウェーデン)の首席指揮者を2001/02年のシーズン(2002年春)で離任の意向。大植英次の後任としてミネソタ管弦楽団に第10代の音楽監督としてオスモ・ヴァンスカが就任決定。発効は2003/04年のシーズン。シノーポリ急逝を受けて、ベルナルト・ハイティンクがドレスデンのザクセン州立歌劇場管弦楽団の首席指揮者に就任。発効は2002年の秋だが、今年9月上旬の定期公演への客演が一足早い“就任披露”となる。ぅ汽リ・オラモ、2003/04年のシーズンからフィンランド放送交響楽団の首席指揮者に就任し、98年以来行なっているバーミンガム市響の首席指揮者と兼務する事になる。”というわけで駆け足で4情報の紹介でした。詳細を知りたい人はリンクで飛びましょう。

Written by fermata2000 at 2001-07-27 00:00:00
【クラシック】 ジュネーブ国際コン審査員にフルート奏者の峰岸壮一氏
http://www.asahi.com/culture/update/0725/001.html

今年の秋にスイスで開かれるコンクールだそうで、フルート部門では日本人は初だとか。フルートの音色って柔らかくていいけれども、本当に澄みきった音を出そうと思うと、とっても大変ですよねぇ・・・って大して吹いた事ないけれど。手の形とかもつりそうだし・・・。峰岸氏はフルートのことを音や形が、何となく日本人の琴線に触れ、力のあるアマチュアも多く、ここぞプロ、というのを示すのが難しい楽器だと語っています。演奏家生活50年になってようやく照れずに吹けるようになったと言われては、普通の人はどうなっちゃうんでしょう。

Written by fermata2000 at 2001-07-26 00:00:00
【クラシック】 椎名雄一郎、バッハコンクールで第3位
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/

オルガニストの椎名雄一郎がライプツィヒで催された第12回国際バッハコンクールで第三位に輝いた。ライプツィヒのトーマス教会にあるバッハオルガンの演奏、気分は最高なことでしょう。バッハイヤーに執り行なわれたコンクールですから喜びも一入でしょう。

Written by fermata2000 at 2001-07-25 00:00:00
【クラシック】 オーディション参加者募集
http://www.mde.co.jp/menu.htm

将来性のある新人音楽家を発掘・紹介する「新進音楽家デビューコンサート」を毎年開催している東京文化会館。次回のコンサートは来年の7月から8月の予定でそのオーディションが今年の12月から翌2月にかけて行われるそう。で、現在そのオーディション参加者を募集との事。募集部門は「ピアノ」「室内楽」「弦楽」「金管」「木管」「声楽」の6部門だそうです。しかし条件があって、現在東京都内に「在住」「在勤」「在学」している者、もしくは、都内で「過去に音楽教育を受けた」ことがある者、そして室内楽部門の場合は、都内に「主な活動場所がある」団体だそうです。でも、地方に住んでいる人でも都内の音大とかのサマースクールみたいなのに参加すれば都内で「過去に音楽教育を受けた」ことがある者になれるんじゃないかしら。なんてね。意外と条件付けているようでゆるい気もするけど・・・ってそんな事言っちゃ駄目か。

Written by fermata2000 at 2001-07-24 00:00:00
【クラシック】 エクサンプロヴァンス音楽祭
http://www.sankei.co.jp/mostly/index.htm

7日、モーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」で開幕。「ドーンジョバンニ〜」で有名な曲です(伝わりにくい・・・)。古楽系のプログラムで高い評価を得ている音楽祭です。

Written by fermata2000 at 2001-07-24 00:00:00
【クラシック】 ブロムスコンサート音楽祭
http://www.sankei.co.jp/mostly/index.htm

14日開幕。バッハ・イヤー(没後250周年)というわけで「ヨハネ受難曲」「マルコ受難曲」「ロ短調ミサ曲」を中心に、ヘンデルの「メサイヤ」、メンデルスゾーンの「聖パウロ」、ベルリオーズの「レクイエム」などなど曲目が管理人好み。いやぁ、いいっすねぇ、ドイツやオーストリアからコンサートレポかきたいなぁ!!!

Written by fermata2000 at 2001-07-24 00:00:00
【クラシック】 塩谷 哲、古澤巌をゲストに新しい音楽を求めて集大成へ!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#1

ピアニスト、アレンジャー・作曲家として活動をしている塩谷哲氏。彼が2年前から「海の日」にBunkamuraオーチャードホールで行なってきた《COOL CLASSICS》シリーズが今年で完結するそうです。今回は最終回として「BACH to SALT via RAVEL」というテーマで、ベートーヴェンからさらに拡げて新しい感覚でクラシック音楽を追求するというコンセプトがあるみたい。ちなみに“SALT”っていうのは谷さんの愛称なんですよ。バロックから現代まで様々なクラシックを聞かせてくれるのですね。プログラムを見ても面白い構成だと思います。出演者もジャンルを超えて活躍するヴァイオリンの古澤巌氏や金子飛鳥氏など有名なアーティストが沢山共演するようなので聞きごたえ充分かもしれませんね。

Written by fermata2000 at 2001-07-23 00:00:00
788 件中 611 - 620 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [23284100]