最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 特定非営利活動法人(NPO)“トリトン・アーツ・ネットワーク” 本格始動にむけて
http://www.mde.co.jp/menu.htm

"音楽好き!クラシック好き!また企画・制作大好き♪というKみたいなどうしようもない性格の人にはたまらない情報です。2001年11月に柿落としをする東京の晴海に誕生したトリトンスクエアの中心にある第一生命ホールの自主企画運営をするのが東京初の文化サービスNPO「トリトン・アーツ・ネットワーク(TAN)」というところ。で、この団体は今サポーターとNPO会員を募集しているんです。で、NPO会員というのは年一万円の会費を支払って、この会費によってTANの活動が支えられるというから大事な役割をになうことになるのですが、「サポーター」という立場に立つ人々はいわゆるボランティアの人。演奏会周辺の様々なお手伝いをする役割なんです。チケットのもぎり、""かわら版""への執筆や公演制作などなど様々な角度から音楽に関われるそうですよ。ぜひチャレンジしてみては!また6月19日第一生命ホールにて結団式も行なわれ、ミネソタ管弦楽団音楽監督、大植英次氏も登場するとか!詳細はhttp://www.triton-arts.net"

Written by fermata2000 at 2001-06-06 00:00:00
【クラシック】 京都で開催 正式決定 2005年の「世界合唱シンポ」
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2001jun/05/13.html

4日にドイツで開かれた世界合唱連合(本部はスペインにある)の理事会において世界各地の合唱団、合唱指導者たちが集う第七回「世界合唱シンポジウム」が2005年の夏に京都市で開催されることが、正式に決定したそうです。これは全日本合唱連盟と京都コンベンションビューローが京都開催を誘致し、採択されたようです。 「文化を創造し続ける都市京都を世界に向けて発信できる」と語る京都市長、日本での開催を誘致する為に全日本合唱連盟は長い間、準備に追われてきたようです。1998年に日本開催を検討してから、京都府や京都市と連携して活動していたようですね。世界のトップレベルの合唱団や音楽家達が集まるシンポジウムですから注目度は間違いない!観客数も5万人が京都に集まると見込まれているから、観光地京都も更に活気付くことなんでしょうね。

Written by fermata2000 at 2001-06-05 00:00:00
【クラシック】 8月は『神戸がフルートの街に』コンクールとコンベンション同時開催へ!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#3

今年の8月に神戸で4年ごとに開かれる神戸国際フルートコンクールと、同時期に日本フルートコンベンションがひらかれる為に、日本はもちろんのこと世界からこの2つのイベントに向けてフルート関係者や音楽ファンが集まり神戸がフルートで溢れかえりフルートの街になってしまいそうです。神戸フルートコンクールは1985年に始まり、今年で5回目になるそうです。コンクールで入賞する人々はほとんどが世界の一流オーケストラの首席奏者として活躍するなどすぐれた人材を生み出しているご様子。しかも悲しいのはコンクールの水準がとても高い為に日本人で入賞したのは過去に第1回目に出場した佐久間由美子さんしかいないようです。今年のコンクールも日本で出場される方にはぜひ頑張って頂きたいですね。そういえば、話が変わりますが、来年度から神奈川音楽コンクールでもフルート部門が出来るそうですよ。

Written by fermata2000 at 2001-06-04 00:00:00
【クラシック】 ヴェルディスペシャル1 シノ-ポリ追悼
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/html/onair.html

『題名のない音楽会21』。毎週日曜日の朝、9時からテレ朝で放送されている番組。今回は今年で没後100年を迎えるヴェルディの特集を4周に渡って放送されるそうです。イタリアオペラの巨匠と呼ばれ、数多くの作品を残しましたヴェルディ。わたしが彼の作品を初めて知ったのは小学校の音楽の授業で「アイーダ」のビデオを見た時。大掛かりな舞台セットがとても印象に残っていてオペラの存在を知ったのもその頃かな。今週は今年の4月にニュースでもお伝えしましたが、 「アイーダ」の公演中に心臓発作を起こし、そのまま帰らぬ人となってしまったせかいてき指揮者のシノーポリ氏を悼むそうです。演奏はお馴染みの東京交響楽団です。

Written by fermata2000 at 2001-06-02 00:00:00
【クラシック】 ソプラノ歌手ジェシー・ノーマン 6年ぶりの来日
http://www.asahi.com/culture/update/0602/002.html

オペラやリサイタルを中心に活躍している米国のソプラノ歌手ジェシー・ノーマンさんがダンサーとの共同作業、ジャズや映画音楽など様々な活動の幅を広げており、また6年ぶりの来日だとか。また活動ジャンルの幅を広げるだけでなく、歌曲のレパートリーにも新傾向が表れてきたようで、ますます今後の活動が期待できそうですね。また現在、興味を持っているのはロシア音楽だとか。ロシア語を学ぼうと自分のツアーに2ヶ月ロシア人学生を雇って同行してもらったという程の熱のあげよう。あまりにも多忙な為に結局2回しか教わることが出来なかったみたいだけれど、また再挑戦するそうですよ。抜群の歌唱力と美声でロシア音楽も自分のものにしてしまうんですかね。

Written by fermata2000 at 2001-06-02 00:00:00
【クラシック】 サン=サーンスのピアノ協奏曲2番を一人で演奏
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#5

1999年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで第2位を獲得したロシアのピアニスト、アレクサンドル・ギンジンは編曲がお得意みたいです。昨年の来日の際もシューベルトやラヴェルの編曲がプログラミングされていたそうです。そんな彼が今回の来日公演でビゼーが編曲したサン=サーンスのピアノ協奏曲第2番を演奏するそうです。その他にも様々な曲目があるのですが、今まで一般的なピアノのリサイタルに行っていた人にお勧めしたいコンサートですね。たまにはこういう代わったプログラミングのコンサートを聞きに行くのもいい刺激になると思います。

Written by fermata2000 at 2001-06-01 00:00:00
【クラシック】 円熟、そして新境地へ ピアニストのポリーニ
http://www.asahi.com/culture/music/K2001053101931.html

ショパンを得意とするピアニストのマウリツィオ・ポリーニ氏がドビュッシーやラベルなどのフランス音楽にもレパートリーを広げているようで、最近は近・現代の音楽に傾斜して活動しているようです。しかしながら、今回の来日公演ではショパン、シューマン、リストなどロマン派が中心。彼が考えるプロジェクトというのは現代作品の中にロマン派の知られざる作品を組み合わせて紹介する事だとか。日本ではヨーロッパのように西洋音楽が伝統音楽ではないから、日本人の方が現代音楽を受け入れる素地が有るかもしれないと彼は語っていますが、日本人は頭が固いですからね、そういった一線を脱した芸術を受け入れる器がなかなかないように思うのですけれど。現代作品は別として、私は近代の作曲家たちの作品が大好き。聴く分にはロマン派が好きですが、自分が演奏するとなると近代かな。

Written by fermata2000 at 2001-05-31 00:00:00
【クラシック】 諏訪内晶子、チャイコフスキー・コンクール優勝から10年を経て、新録音も含むベストCDを6月にリリース
http://www.ongakunotomo.co.jp/news/index.html

「チャイコフスキー・コンクール」での優勝からはや10年が経過したヴァイオリニストの諏訪内晶子さん。この10年という節目にチャイコフスキーおよびメンデルスゾーンという2大名曲を収録したCDがヒットするなど好調なご様子。そんな彼女が彼女が「メンチャイ」を除く過去4枚のCDからセレクトされた11トラック、そして2曲の新録音を加えたベスト『クリスタル』を、6月21日にユニバーサルミュージックからリリースするそうです。さらに録音の模様はTBS系のドキュメンタリー『情熱大陸』で放映されるとか放送予定は6月の下旬だそうです。曲目はJ.S.バッハの《無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番》や無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番《妄想》の無伴奏作品!無伴奏作品ってステキですよね。楽しみです。

Written by fermata2000 at 2001-05-30 00:00:00
【クラシック】 2001年度「武満徹作曲賞」受賞者決定!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

2001年度「武満徹作曲賞」の本選演奏会が5月27日東京オペラシティコンサートホールで行われたそうです。この武「満徹作曲賞」がどういう目的で設けられたのかというと、新しい音楽の創造を奨励するためだとか。このコンクールの特徴というのは審査員が一人しかいないということ。今年はイギリスの作曲家・指揮者として活躍しているオリヴァー・ナッセンが審査にあたったそうです。さらに同時代の音楽フェスティバルとして彼の作品の紹介も含めた「コンポージアム2001」が東京オペラ・シティ文化財団によって5月20日から27日まで開かれました。来年は作曲家の湯浅譲二氏が審査にあたるそうです。そろそろ西洋音楽に飽きてきたわ・・・なんて人にオススメですね、現代曲っていうのは。絵画みたいにたまに理解できない領域とかあるけれど。で、今回一位を獲得したのはアメリア人のアーリン・エリザベス・シエラとドイツ人のレネ・メンゼの2人だそうです。

Written by fermata2000 at 2001-05-29 00:00:00
【クラシック】 合併オケお披露目、ずらり168人
http://www.asahi.com/culture/update/0528/006.html

本日、東京のサントリーホールで「東京フィルハーモニー交響楽団」が合併後初のコンサートを開いたそうです。総勢168名の楽団員たちが全員出席したとか。と、いっても楽団員全員が演奏したのはアンコールの時だけだけれど。ステージ上に収まらなかったようで、舞台後ろの二階席の一部まで演奏者が占領したほど!曲目は、「星条旗よ永遠なれ」など3曲。168人なんて相当迫力のある演奏会だったんでしょうね。聞いてみたかった!ちなみに新しい東京フィルハーモニー交響楽団は旧・東京フィルハーモニー交響楽団と新星日本交響楽団が合併して出来上がった楽団です。現在、都内にあるプロのオケはたしかN響、新日フィル、日フィル、都響、東響、読響、東京シティフィルと今回の東フィル(旧・東フィルと新星日響の合併)の8楽団。この8つの楽団の中だけでなく、日本最大の規模の楽団となりましたね。今後は通常のコンサートとオペラの演奏とで団員を振り分けて運営していくそうです。一人当たりの出演回数が減らないのかしら。

Written by fermata2000 at 2001-05-28 00:00:00
788 件中 701 - 710 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [23080737]