最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 エリザベート・コンクールで6位入賞 バイオリニストの小野明子さん
http://www.jiji.com/

今年創立50周年を迎えたベルギーのエリザベート王妃国際音楽コンクールで東京都出身のバイオリニスト、小野明子さんが6位に入賞したそうです!22歳にして入賞だなんて私とたいして年が変わらないのに素晴らしいですね。 エリザベート・コンクールというのはチャイコフスキー・コンクール、ショパン・コンクールと並ぶ世界3大コンクールの1つなんです。ピアノ、バイオリン、声楽、作曲の3つの部門に分かれていて、今年はバイオリンの年だったんですね。この時期、コンクールが多いですね。今、船台でも国際音楽コンクールをやっているみたいだし、今日も神奈川音楽コンクールのシニア部門のお手伝いをしてきたばかり。小心者のKは一生、コンクールというものには縁が無いでしょう(笑)

Written by fermata2000 at 2001-05-27 00:00:00
【クラシック】 指揮者の岩城宏之さんが復帰会見
http://www.asahi.com/culture/update/0526/005.html

喉頭腫ようの治療のため3月から療養中だったNHK交響楽団の正指揮者、岩城宏之さんが、本日26日に復帰の記者会見を行なったそうです。で、さっそく29日の自身が音楽監督を務めるオーケストラ・アンサンブル金沢の公演において現場復帰するそうで、楽しみにしているようです。喉頭腫ようって歌手や学校の先生のような喉に力を入れることの多い人がなりやすいんですよね。音声学の授業で勉強した気が・・・。正しい発声法を身に付けていれば良いのですが、無理に負担を掛けるとと良くないみたいです。岩城氏も力んで怒鳴ったりしていたのかしら。でも、無事復帰できるみたいで良かったですね。

Written by fermata2000 at 2001-05-26 00:00:00
【クラシック】 ドミンゴさん、オペラ出演3000回 横浜公演で達成
http://www.asahi.com/culture/update/0526/004.html

昨日はドミンゴ氏が3000回達成するよ!というニュースでしたが、今日は達成したよ!というニュースです。さすが三大テノール歌手の一人!芸歴(?)40年が物を言いますね。出演回数3000回も驚くけれど、初舞台以来、ノートに記録を付けてきたというのも驚き。3日坊主で終わるような私の日記とは大違いですね。終演後、客席やオーケストラピットから舞台に次々と花束が投げられ、熱狂した観客の「ドミンゴ、ドミンゴ」の連呼に、手を振ってこたえていたそうですが、その場にいたら全然関係の無いわたしでも泣きそうです。今日だけではなくて、アーティストにとっては毎日が感動の嵐なんでしょうね。そういう人生を送ってみたいものです。

Written by fermata2000 at 2001-05-26 00:00:00
【クラシック】 2001サイトウ・キネン・フェスティバル松本 8月25日から9月13日
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

このサイトウ・キネン・フェスティバル松本というのはどのようなフェスティバルかと言うと、1984年、斎藤秀雄の没後10年に世界各地に散らばって活躍している同門の「志」が集まり恩師斎藤秀雄のメモリアルコンサートを開いたのをきっかけに発展していったようです。初めて開いたのが1992年の9月。で今年で10回目になるそうです。小澤征爾氏が総監督を務めているそうで、サイトウ・キネン・オーケストラによるオケとオペラの2本柱を中心に形成されているとか。内容はヤナーチェクのオペラ「イェヌーファ」、ベートーヴェンの交響曲第4、8番の「オーケストラコンサート」、ほか「武満徹メモリアル・コンサート」、「ふれあいコンサート」、「語りと音楽」などなど。

Written by fermata2000 at 2001-05-25 00:00:00
【クラシック】 テノール歌手のプラシド・ドミンゴ 明日横浜での公演でオペラ出演3000回!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

オペラのレパートリーが118演目あるという世界的なテノール歌手、プラシド・ドミンゴ氏は明日5月26日の神奈川県民ホールで行われるサン=サーンス「サムソンとデリラ」公演でオペラ出演3000回の記録に到達するそうです!これだけの数の公演に出演するのは類を見ないとか。来日記者会見では「あと500回〜600回は歌いたい」と語ったそうで、今後もレパートリーを増やして行くのでしょうかね。すばらしいです。私は118ものオペラ作品を知っているかと言うとそれさえも知らないと言うのに。全て自分のものにしている彼は偉大ですね。

Written by fermata2000 at 2001-05-25 00:00:00
【クラシック】 サントリー地域文化賞に山形交響楽団など5団体
http://www.asahi.com/culture/update/0525/004.html

サントリー文化財団が主催する地域文化の発展に貢献した個人・団体に贈られる第23回サントリー地域文化賞に5団体が受賞したようです。贈呈式は6月22日、大阪市北区の大阪全日空ホテルで行われるとか。受賞した団体は山形交響楽団、下関少年少女合唱隊、清和文楽人形芝居保存会、蒲生郷太鼓坊主、沖縄藝能史研究会だそうです。わたしはこの5団体よりも、全国の文化を振興している団体にこの様な賞を贈呈するサントリーに賞をあげたいです。サントリーと言えば、芸術をうまく組み込んで自社の事業を発展させていっていますよね。これは故佐治氏が芸術を愛し、芸術を一事業と同じように扱って下さったおかげですね。これからも続いて欲しいと思います。

Written by fermata2000 at 2001-05-25 00:00:00
【クラシック】 東京フィルハーモニー交響楽団 記者会見
http://www.music.co.jp/classicnews/interview/

22日のニュースに新しく合併された東京フィルハーモニー交響楽団のスペシャル・アーティスティック・アドヴァイザーに韓国の指揮者チョン・ミョンフン氏が迎えられたと言う記事を取り上げましたよね。で、今回、リンクで飛ぶとその東京フィルハーモニー交響楽団の記者会見の様子を見ることが出来ます。そしてあまり聞きなれない“スペシャル・アーティスティック・アドヴァイザー”の役割もその記者会見の中から感じ取ることが出来ます。また理事長である大賀典雄氏と副理事長の黒柳徹子女史のメッセージも聞け、全くタイプの違う2楽団の合併の今後の展望も窺えます。

Written by fermata2000 at 2001-05-24 00:00:00
【クラシック】 霧島国際音楽祭・講習会の音楽監督に堤剛が就任
http://www.mde.co.jp/menu.htm

1980年に創立された霧島国際音楽祭。創立から21年間、音楽監督を務めてきたゲルハルト・ボッセ氏が79歳と高齢の為に勇退し、彼から指名を受けたチェリストの堤剛氏が音楽監督に就任したそうです。堤氏は記者懇談会において、「霧島国際音楽祭・講習会は音楽祭ならではの講師陣、アーティストがそろっており、多彩なプログラムで、聴く喜び、奏でる喜びをシェアしていきたい」と語っていたようです。この霧島は練習したものをロビーコンサートなど客の前で弾く機会を通して、自分の演奏に何が欠けているかというような音大では学び得ないことを学ぶ事が出来、さらにレッスン、演奏会、レクチャー、ソロ、室内楽、オケと充実しているので、学生にとってはとても貴重な体験が出来る音楽祭のようです。また約2年前から企画会議の枠を広げ、広い範囲から意見を出してもらったり、今年からプログラムの諮問委員会を開くなど更なる発展を目指しているみたいです。

Written by fermata2000 at 2001-05-23 00:00:00
【クラシック】 約1000万円のグランドピアノ寄贈 
http://www.mainichi.co.jp/news/flash/shakai/20010524k0000m040127000c.html

佐賀県唐津市の建設会社が創業80周年記念で市高齢者ふれあい会館「りふれ」に、時価約1000万円のグランドピアノをプレゼントしたそうです。しかもそれは、世界の名器といわれる米スタインウェイ社製のC227!!いいなぁ・・・。その会館は200人収容のホールだそうで、市はちょうどこの音響の良いホールに見合ったピアノが欲しかったそうで、タイムリーな贈り物になったとか。だからと言って、1000万のピアノを・・・。そのピアノを一版最初に弾くことになる人は誰なんでしょうね。少しばかり気になります。発表会とかだったら、ちょっとがっくりだわっ。

Written by fermata2000 at 2001-05-23 00:00:00
【クラシック】 ジャン=フランソワ・パイヤールに聞く「モーツァルトとは」
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#1

先月、ペーター・マークが亡くなり、今月の読売日響のコンサートの客演指揮に急遽パイヤールが選ばれました。今回、そのパイヤールのインタビューを見ることが出来ます。パイヤールもペーター同様、モーツァルトを愛しており、モーツァルトの曲は実に純粋なものだと語っています。今月の25日に東京芸術劇場で行われる「読売日響 第73回東京芸術劇場名曲シリーズ」もモーツァルトの「ドイツ舞曲」と「ジュピター」が演奏されるそうです。ぜひ、リンクで飛んでパイヤールのモーツァルトに対する想いを感じ取って下さい。

Written by fermata2000 at 2001-05-22 00:00:00
788 件中 711 - 720 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21799218]