最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 團伊玖磨氏が中国で死去
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/topics01.htm

悲しいニュースです。日本を代表する作曲家の一人で、エッセイストとしても知られる文化功労者の團伊玖磨さんが日本時間の17日午前2時40分に心不全のため中国・蘇州市の病院で亡くなったそうです。彼の代表作では初のオペラ『夕鶴』がありましたね。私が日本のオペラを見た初めての曲も『夕鶴』でした。最初は日本のオペラって何かしっくりこないものだと思いましたが、今考えるといつまでも耳に付いて離れない印象深い作品だと思います。また新国立劇場のオープニング公演の『建・TAKERU』を作曲したのも彼ですよね。こちらは賛否両論ありましたが、それでも彼が残した曲はどれも日本の作曲界に大きな影響を与え、足跡を残したと思います。昨年の中田喜直氏といい、團伊玖磨氏といい日本の芸術界においてとても大切な方々の悲報はとても残念でなりません。ご冥福をお祈り致します。

Written by fermata2000 at 2001-05-17 00:00:00
【クラシック】 新国立劇場の芸術監督にノボラドスキー氏
http://www.asahi.com/culture/update/0516/004.html

現在、私の学校の先生でもある五十嵐喜芳氏が新国立劇場の芸術監督なんですが、2003年10月から彼の後任としてウィーン国立歌劇場制作局長のトーマス・ノボラドスキー氏が就任するそうです。で、来月から芸術参与として演目や配役の選定などに当たるとか。新国立劇場といえば、オペラという感じがするのですが、どうやらオペラ部門の客足に伸び悩んでいるみたいですね。ノボラドスキー氏が就任して初の作品は何でしょうね。とても楽しみです!

Written by fermata2000 at 2001-05-16 00:00:00
【クラシック】 日本語で「キャンディード」 指揮者の佐渡裕、宮本亜門の演出で
http://www.asahi.com/culture/topics/K2001051600342.html

フランスを中心に活動する指揮者の佐渡裕さんが、宮本亜門さんの演出による、師のレナード・バーンスタイン作のミュージカル「キャンディード」に取り組むそうです。私の友達で佐渡さんのファンがいますけれど、喜んでいるでしょうね。だって、本格的な演出付きの日本語上演は初めてなんですもの。しかしながら、この日本語上演は、佐渡さんの希望だそうです。「この曲の精神は音楽、言葉、感情が一つになって初めて伝わる。字幕では難しい」だって。でも、そういうのよくありますよね。字幕を読むのに夢中になっちゃって、結局お芝居や歌は二の次に。やはり、アーティストたちや演奏者・制作側にとってはそれが一番残念なこと。期待しております。

Written by fermata2000 at 2001-05-16 00:00:00
【クラシック】 ピアニスト斎藤雅広〜こどもからお父さんまで〜
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#1

子供から大人まで多くの支持を受けている斎藤雅宏さん。例えば、NHKの「お父さまのピアの講座」や親子で楽しむゲーム感覚のピアノ・エンターテイメント番組であるヤマハ「MidRadio(ミッドラジオ)」『スーパーピアニスト斎藤雅広のいっしょに弾こうよ!』などでたくさんの人々にピアノ演奏の楽しさを伝えているようです。リンクで飛ぶと、そんな彼を知る事が出来るWEBサイトへのリンクやインタビューを見る事が出来ます。

Written by fermata2000 at 2001-05-15 00:00:00
【クラシック】 美しき男性ソプラノ歌手 大島渚映画に感銘
http://www.asahi.com/culture/music/K2001051500670.html

ロシア出身の男性ソプラノ歌手、オレグ・リャーベツが先月、東京で国内初のソロ公演をしたそうです。未だ男性のソプラノ歌手の歌声を聞いた事が無いので、聞いてみたいですね。そんな彼が大島渚監督の映画「御法度」を見て、「他人を助けるために自分を犠牲にする精神に感銘を受けた」と語っていたそうです。私は見ようと思っていて結局、見なかった「御法度」。ロシア出身の彼に先を越されたわけですが、日頃バロックやイタリアオペラを歌いこなす彼に日本映画は何か影響を与える事が出来たのでしょうかね。

Written by fermata2000 at 2001-05-15 00:00:00
【クラシック】 初夏のかやぶきコンサート
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2001may/12/12.html

ピアノ連弾のザイラー夫妻による「初夏のかやぶきコンサート」が、19日から京都の日吉町上胡麻のかやぶき音楽堂で開かれるそうです。このコンサートは毎年恒例だとか。今回はブラームスの曲を中心に演奏されるそうで19・20日、6月2・3日の4日間で午前の部と午後の部の計8回の公演になるそうです。で、こちらのコンサート、見に行きたい人は葉書で申し込まないといけないみたいです。

Written by fermata2000 at 2001-05-13 00:00:00
【クラシック】 ベルリンからヴァイオリンのナイジェル・ケネディがインターネットライブ!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#6

イギリスの名ヴァイオリニストのナイジェル・ケネディとベルリンフィルのメンバーによる室内オーケストラのフィルハーモニック・バッハ・コレギュームの演奏が日本時間の5月22日(火)の午前3時からインターネットで見られるそうです。円相場署はベルリン・フィル・ハーモニー・ホールで5台ものカメラが設置されているそうです。曲目はバッハのヴァイオリン協奏曲などで約2時間半に渡って中継されるとか。再生プレーヤーはWindows Media Playerと一般的。東芝EMIのサイトから配信サイトにリンクされるそうです。放映時間が夜中だけれど、テレホの時間帯だし、そのまま録画する事って出来るのかな?そうすれば、後から見る事も出来ますよね。詳しい事分からなくてすみません。

Written by fermata2000 at 2001-05-12 00:00:00
【クラシック】 ワーグナー上演を中止へ イスラエル芸術祭
http://www.asahi.com/culture/update/0512/001.html

様々な歴史や宗教などが時には芸術までに影響してくる事は昨今起こっている事ですが、今回は7月のイスラエル芸術祭で予定していたワーグナー楽劇の上演に関して、国会が上演中止を求める決議を出したそうです。なぜならば、ワーグナーというのはヒトラーが崇拝し、ナチス政権の様々な行事で使われたんですね。だから、反対の声が多いみたいなんです。今、別の作品を演奏しようと色々と協議を重ねているようです。ワーグナーの音楽はたしかルートヴィヒにも愛されましたね。あの有名なノイシュバンシュタイン城はワーグナーのオペラ『白鳥』をモチーフとされたほど。それほどまで愛される音楽を作ったワーグナー。(しかしながら当時の市民には性格的な面で嫌われていたようですが)世界的な音楽家でもあるのに残念な事です。

Written by fermata2000 at 2001-05-12 00:00:00
【クラシック】 「アフィニス夏の音楽祭」のポスターに使う写真を募集
http://www.mde.co.jp/menu.htm

アフィニス文化財団では、来年の第14回「アフィニス夏の音楽祭」のポスター及びチラシの背景に使う風景写真を募集しているそうです。題材が決まっていて、しかも「飯田・下伊那地方の風景・初夏から夏にかけて撮影したもの」と地方まで決まっているようで、人物が入らないもの等、ある程度のイメージがあるのですかね。詳しい情報はリンクで飛んで見てみて下さい。

Written by fermata2000 at 2001-05-11 00:00:00
【クラシック】 ショパンコンクール優勝のユンディ・リー:ドイツグラモフォンと専属契約!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#5

昨年の10月4日第14回ショパン国際ピアノコンクールで第1位を獲得した中国人のピアニスト、ユンディ・リーがドイツ・グラモフォンとレコーディング専属契約をおこなったそうです。リンクで飛ぶとそんな彼のインタビューが見えます。ショパン国際ピアノコンクールの過去2回優勝者が出ておらず、彼は15年ぶりの優勝者らしいですよ。しかも、コンクール始まって以来の最年少だとか。先月にも来日してリサイタルがあったようで、次に彼が来日した時にはぜひ聞いてみたいですね。

Written by fermata2000 at 2001-05-10 00:00:00
788 件中 731 - 740 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [23079875]