最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 NHK交響楽団のインターネットライブ
http://www.music.co.jp/classicnews/index.html

なんとついにクラシック界にもインターネットライブがやってまいりました。5月6日(日)16時から「よこすか芸術劇場」におけるNHK交響楽団の演奏の模様が見られるそうです。ブロードバンド、ISDN、一般回線とサービスが受容できる範囲はとっても広い。しかも、今回とっても面白いのが、私たちが見たいアングルを選択できる事。メイン映像のほかに、客席からのオーケストラ全景、ステージ側から指揮者を中心としたオーケストラ全景、指揮者をメインとした映像、ソリスト・コンサートマスターを中心とした映像という4つのアングルから選択してみる事が可能だそうです。このほかにハイクオリティ音声チャンネルがあるなど、TVなんかよりも迫力のあるライブ(コンサート?)が楽しめそう。

Written by fermata2000 at 2001-04-25 00:00:00
【クラシック】 東京フィルと新星日響の合併その後
http://www.music.co.jp/classicnews/index.html

何日にも渡り、この合併についてはお伝えしていますが、結局、合併した後どのように経営を進めていくの?両楽団は対等な立場でやっていっているの?と思っている人も少なくないはず。で、今回その答えがこのニュースです。東フィルの今後の目標というのは、ウィーン・フィルのウイーン国立歌劇場における形態と同じように新国立劇場の基幹オケとして活動していきたいそう。また、アメリカにフレンド・オブ・トウキョウフィルハーモニーという財団を作り、その財団の基金を将来東京フィルの海外公演のために使うという構想を立てているそうです。

Written by fermata2000 at 2001-04-25 00:00:00
【クラシック】 「東京フィルハーモニー交響楽団」合併報告記者会見
http://www.mde.co.jp/menu.htm

「新国立劇場への『奉仕』おかしい」ということで、前回「東京フィルハーモニー交響楽団」合併のニュースはお伝えしましたが、今回はこの合併に関してのより細かい情報をお届けします。本来、オペラ・バレエ公演での演奏を得意とし、国内最長の歴史を誇る東京フィルと、アジア音楽の紹介に尽力し、身近でエネルギッシュな演奏を聞かせていた新星日本交響楽団という個性派の強い両楽団の合併に、管理人Kも1年半前から注目していたのですが、結局世界で名が通っている「東京フィルハーモニー交響楽団」の名前をそのまま残す事になってしまったんですね。でも、別に新星日本交響楽団が吸収されたわけではなく、対等な合併のようです。ですから、財団の名称は「財団法人新星東京フィルハーモニー交響楽団」。他に7つのオケが乱立している東京では、このような大きなオケが誕生した事によって新たな変化が現れてくるかもしれませんね。

Written by fermata2000 at 2001-04-24 00:00:00
【クラシック】 思う存分音楽の練習に打ち込める「音楽合宿の里」
http://jyoho.kahoku.co.jp/news/2001/04/20010424j%5F10.htm

5月の上旬に青森県鯵ケ沢町の高原のログハウスにピアノを常設して、個人や団体が泊まり込みで音楽に没頭できる環境を町が整備するそうです。しかも、合宿したグループは町のコンサートホールを安く利用できるという特典付き!希望があれば、ピアノやバイオリン、チェロ、ビオラ、フルートなどの第一線で活躍するアーティストを講師として紹介することも可能だそうです。こういった、新しい試みで町の名前を広めようとする地域が増えていますよね。そして、その手段として用いられる分野が以前はスポーツなどでよく見られましたが、最近は芸術に力を入れ始めた地域が目立ってきました。サークルの合宿やアマチュアの楽団でも短期間に集中して練習ができそうですね。

Written by fermata2000 at 2001-04-24 00:00:00
【クラシック】 紀宮さま・お婿候補が楽団を結成
http://www.zakzak.co.jp/geino/0424_g_1.html

2年前、紀宮さまの“お婿さん候補”として女性誌やリポーターに追いかけられたことのあるバイオリニスト、服部譲二さん率いる室内オーケストラ「東京アンサンブル」が30日、東京の紀尾井ホールで本格的に始動するそうです。ウィーン育ちで、ロンドン在住の彼は日本の堅苦しいクラシックのイメージを変えようという夢を抱いて、東京で楽団を作り活動するそうです。最も楽しくリラックスのできる雰囲気を作りたいと言う彼の衣装はクラシック定番の黒髪に黒い洋服ではなく、人気ファッションデザイナーの芦田多恵が手がけたというざん新な衣装だとか。

Written by fermata2000 at 2001-04-24 00:00:00
【クラシック】 演奏中に倒れ死去
http://www.asahi.com/culture/enews/K2001042200179.html

イタリアの指揮者、ジュゼッペ・シノーポリ氏が20日の夜、ベルリンのドイツ・オペラでベルディ作曲のオペラ「アイーダ」の演奏中に心臓発作で倒れ、病院に運ばれましたが、まもなく死去したそうです。コンサート中に倒れてしまう事ってあるんですね。指揮者の方は皆さん力入っていますからね。病院に運ばれると言う事態に陥った時、スタッフ側はどういう対応を取ったのでしょうか。当たり前だけど、公演は一時停止ですよね。

Written by fermata2000 at 2001-04-22 00:00:00
【クラシック】 及川浩治さん ベートーヴェンどっぷりツアー
http://www.asahi.com/culture/music/K2001042100799.html

21日の中野のなかのZERO大ホールでの演奏よりピアニスト及川浩治さんのツアーが始まりました。彼は1990年のショパン・コンクールで最優秀演奏賞を受賞している実力派。ベートーヴェンを「新しいことに挑戦し、何かを壊し続けた人」と位置づける彼は今回のツアーでは、耳の病に悩んだベートーベンが自殺まで考えたという「ハイリゲンシュタットの遺書」をステージで朗読するなど、思い入れは半端ではないみたいです。「エリーゼのために」という曲に対して「最初の『ミレミレミ……』なんて、すごいエクスタシーがある」と語るそんな彼のツアーは今後、埼玉、福岡、京都、横浜、札幌と各地で行なわれるようです。

Written by fermata2000 at 2001-04-21 00:00:00
【クラシック】 フルート峰岸壮一音楽生活50年の歩み
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#5

18歳の時にはじめて東京交響楽団のプレイヤーとしてステージに立ったという才能の持ち主、フルーティストの峰岸壮一さん。そして、日本フィルの創立以来首席奏者として、また新日本フィルに分かれてからも変わらないポジションのままオーケストラの顔としてスタープレーヤーの一人だったそうです。そんな彼が4月28日に紀尾井ホールで50年の軌跡をたどるコンサートを開くそうです。それに伴って、リンクで飛ぶと、峰岸壮一さんのインタビューがReal Playerで見る事が出来ます。

Written by fermata2000 at 2001-04-20 00:00:00
【クラシック】 CDショップ クラシック・イベント情報
http://www.mde.co.jp/menu.htm

『ぶらあぼ』というクラシック&バレエ・ダンスの情報誌のインターネット版であるホームページのニュースのページが更新され、CDショップ クラシック・イベント情報が掲載されていました。ヤマハ、HMV、山野楽器等の様々な楽器店のイベント情報が掲載されています。管弦・鍵盤楽器から声楽に至るまで幅広いジャンルのライブやサイン会があるようです。しかも、ほとんどが入場無料と言うから要チェックですね。

Written by fermata2000 at 2001-04-20 00:00:00
【クラシック】 新国立劇場への『奉仕』おかしい
http://www.asahi.com/culture/update/0420/002.html

4月1日付で東京フィルハーモニー交響楽団と新星日本交響楽団と合併したのですが、本日20日に報告記者会見が行われまして、その席上で東京フィルハーモニー交響楽団理事長の大賀典雄氏が「一納税者の立場から」と前置きした上で、「民間オーケストラが新国立劇場に奉仕するのはおかしい」と出演料を含む国の待遇へ不満を表明したそうです。本来、オーケストラの必要経費は平均年間15億円程度だそうで、しかしながら新国の場合、オーケストラに支払われる出演料は年間計約4億円だとか。「我々は経費節減のための派遣社員のようなもの」という団員の怒りも分からないでもないですね。そもそも新国に専属のオケがおらず、東京フィルハーモニー交響楽団と東京交響楽団が契約オケのような立場にいたのでさえ、どうかと思いますがね。この経費問題、随分前から色々と噂は聞いていましたが、こういった公の場で表明するとは随分深刻化しているんでしょうね。

Written by fermata2000 at 2001-04-20 00:00:00
788 件中 751 - 760 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [22544438]