最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【クラシック】 韓国大使、両陛下をご招待したのにも関わらずオペラ欠席へ
http://www.jiji.com/

昨日、日韓共催で行われることを記念した文化事業の一環だというオペラ「黄眞伊(ファンジニー)」に崔相竜駐日大使が両陛下に出席を要請した模様とお伝えしましたが、肝心の大使は日本の歴史教科書問題をめぐる韓国政府部内の協議が終了していないために16日までに帰任するのは難しいとのことで出席できないそうです。応接役の大使不在という異例の事態に陥り、今後韓国側はどういう対処を取っていくのでしょうかね?

Written by fermata2000 at 2001-04-14 00:00:00
【クラシック】 幻の音弾き継ごう
http://www.chunichi.co.jp/00/mie/20010413/lcl_____mie_____001.shtml

日本でのオルガン製造草創期の明治中期に作られた長尾オルガンというのは当時は約1万台あったそうですが、現在見つかっているのは三重県の鳥羽市内と静岡県浜松市の楽器博物館のたった2台だけだそうです。そんな長尾オルガンを弾き継いでいこうと、地元住民から寄付金を集め修理をし、オルガン奏者からオルガンの弾き方を学んだそうです。今後も月1回、学んでいくとか。でも、そんな幻といわれているオルガンの音色を聞いてみたいですね。オルガンを聞いた事がないという人はみなとみらいホールで1ドルコンサート等が開催されているので行ってみてはいかが?

Written by fermata2000 at 2001-04-13 00:00:00
【クラシック】 両陛下、韓国大使招待のオペラへ
http://www.jiji.com/

天皇、皇后両陛下が16日に新国立劇場で韓国創作オペラ「黄眞伊(ファンジニー)」を鑑賞される予定だそうです。これはサッカーの2002年ワールドカップ(W杯)が日韓共催で行われることを記念した文化事業の一環だそうで崔相竜駐日大使が両陛下に出席を要請した模様。この日にオペラを見に行ったら、両陛下にお会いできるんですね。マスコミとかも大勢いそう。

Written by fermata2000 at 2001-04-13 00:00:00
【クラシック】 全盲の音楽家2人の共演
http://www.mainichi.co.jp/eye/school/news/2001/04/13/j-02.html

世界の舞台で活躍する全盲の音楽家バイオリニスト、和波孝禧さんと、ピアニスト、梯剛之さんによる共演が初めて実現したそうです。チケット等の収益の一部は毎日新聞社会事業団の「生きる・小児がん征圧募金」に寄託されるそうで、皇后さまや紀宮さまもいらっしゃったそうです。しかしながら、障害を持っていらっしゃる方は我々にはない素晴らしい感性をもっているとよく聞きますし、私自身も実際にそう感じた事がありますが、本当にすごいですね。こういうコンサートに行くと自分の今までの人生を問いただしたくなりそうです。

Written by fermata2000 at 2001-04-13 00:00:00
【クラシック】 ミュンヘンオペラのマチネーチケットがe+(イープラス)のプレオーダーで受付を開始
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

この秋9月に来日するミュンヘンオペラ「バイエルン国立歌劇場」の公演チケット 「平日マチネー特別席」を4月14日からプレオーダーで受付を開始するそうです。特別席というのはどういう特権があるのかというと、始めてオペラを見る人が気軽に鑑賞できるようにD〜F席相当の席を一律1万円というリーズナブルな価格で提供している席の事みたいです。オペラを1万円で鑑賞できるというのは、とてもラッキーな事かも。高い席だとかるく4・5万はしてしまうからね。1万円くらいの席ならば、それほどお洒落をしていかなくても大丈夫です。でも、ジーパンは避けたほうがいいかしら。

Written by fermata2000 at 2001-04-12 00:00:00
【クラシック】 5月の読売日本交響楽団指揮:ペーター・マーク急病によりパイヤールに代わる!
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

5月の読売日本交響楽団の客演指揮者ペーター・マークは急病のため来日出来なくなってしまったそうです。しかしながら、曲目などの変更はないようで、代替の指揮者はフランスのジャン=フランソワ=パイヤール。今回のコンサートはモーツァルトの曲が多いみたいですが、バイヤールはモーツァルトにも定評があるので、期待外れということにはならないのではないかな。

Written by fermata2000 at 2001-04-12 00:00:00
【クラシック】 「ウラディミール・ホロヴィッツ」あるピアニストの神話
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/index.html#2

新刊の紹介です。ヤマハミュージックメディアから発行されたもの。このウラディミール・ホロヴィッツというピアニストは1983年(80歳)にはじめて日本を訪問した偉大な芸術家で多くの音楽ファンはほとんど来日は実現不可能だと諦めていたほどの方だったようです。今回のこの著は彼に限りない敬愛の念をもっていらっしゃる方の執筆。残念ながら、私自身は彼の演奏を聞いた事がないので、機会があればCD等でぜひ聞いてみたいですね。

Written by fermata2000 at 2001-04-12 00:00:00
【クラシック】 タワーレコード渋谷店ストアイベント情報
http://www.ongakunotomo.co.jp/news/index.html

タワーレコード渋谷店の6F、クラシックフロアで行われるミニ・ライヴとサイン会の情報です。詳しくはリンクを飛んで下さい。バイオリニストでは アナスタシア・チェボタリョーワと高嶋ちさ子、ピアニストの野平一郎、ハープ奏者の上松美香が4月・5月にそれぞれ行なうようです。タワーレコードってPOPSのイベントがとっても目立っていたけれど、クラシックのイベントもちゃんとあったんですね!

Written by fermata2000 at 2001-04-12 00:00:00
【クラシック】 フォーエバー・タンゴ・オーケストラwith葉加瀬太郎公演
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/music/main.htm

オーチャードホールにおいてバンドネオン奏者のリサンドロ・アドローベル、チェロ奏者のルイス・ブラボと葉加瀬太郎の演奏が3月31日にあったそうです。今回はタンゴにも挑戦し、ピアソラの作品を中心に高度な演奏を披露した葉加瀬太郎。そういえば、この間、ごきげんように出演していたかな…?

Written by fermata2000 at 2001-04-11 00:00:00
【クラシック】 『What is クラシック---素晴らしきクラシック音楽の世界』
http://www.music.co.jp/classicnews/c-news/

新刊の紹介。日頃、あまりクラシックを聞かない人も実は日常生活の中で沢山触れているんですよ。話によると先頃、高視聴率を遂げ終了した『ヒーロー』の中にもマスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲、マーラーの「交響曲第5番」第4楽章 アダージェットが使われていたんですって。で、今回のこの新刊は色々なチャンスで聴いた音楽にもっと触れる方法とか、意外にも簡単にいい音楽に触れることが出来きる方法を教えてくれるようです。

Written by fermata2000 at 2001-04-10 00:00:00
788 件中 771 - 780 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [22516615]