最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【その他】 CDの2枚に1枚が海賊盤 INアルゼンチン
http://www.jiji.com/

アルゼンチン国内で流通する音楽CDの50%は正規の流通経路を経ない海賊盤であることが、同国著作権協会の調べで22日までに明らかになったそうです。5年前の1996年の調べでは30%だったとかで、以前より20%も増えているではないですか!この著作権!著作権!と騒がれ、規制が厳しくなった世の中でどうして20%増になるんですかね。私にはそれが不思議でたまりません。CD制作会社が被った損害は年間8200万ドル(約100億円)だとか。50万枚以上の海賊盤CDを押収するとともに、流通や販売に携わった400人を告発したそうですが、これは韓国並みに(いや、以上?)ひどいのでは。ほとんど店舗に並んでいて目をつむっているような状態だったのでしょうか・・・どうしたらここまで海賊版が流通するんでしょうね。ある意味、不思議。アメリカほどではないけれども著作権規制の水準が高い日本では全くもって考えられない事態であります。

Written by fermata2000 at 2001-05-23 00:00:00
【その他】 トランペッター日野皓正さん カンボジアでコンサート
http://www.mainichi.co.jp/eye/school/news/2001/05/17/j-03.html

ジャズトランペッターの日野皓正さんが、4月初めにカンボジアの首都プノンペンで子供たちのためのチャリティーコンサートを開いたそうです。これ、毎日中学生新聞の記事なんですけれど(笑)あまりにも平和なニュースだったのでつい。「カンボジアの子供たちに本物の音楽を聞かせ、夢と希望を与えたい」と企画したのはカンボジアで子供たちに様々な援助活動をしているボランティア団体「蓮の会」。日野さんはステージから降りて子供たちの耳元でトランペットの音を聞かせてあげたりと子供たちは初めて聞くジャズを楽しんだみたいでした。カンボジアだけではなく、日本でも子供たちにこういった直接音楽に触れ合う機会がもっと増えれば良いのに・・・と思います。私の先輩で現在、子供たちを対象にした音楽事業を企画している方がいますが、やはり子供たちは目を輝かせているようです。

Written by fermata2000 at 2001-05-17 00:00:00
【その他】 「新しい自由な音楽は日本から」 NYタイムズ紙が紹介
http://cnn.co.jp/2001/SHOWBIZ/05/13/new.music.from.japan/index.html

米国NYタイムズ紙でマイルス・デイビスを特集をしたそうで、その中で50年代のクールジャズの担い手マイルス、ブルーズのBBキング、70年代サイケデリック・サウンドを導き出したジミヘンを例に挙げ、新たなインプロビゼーションの試みは、日本やヨーロッパの若手アーティストの間で広まっていると紹介。今年1月にロンドン全席ソールドアウトの好評を博した「ジャパナラマ」という日本のミュージシャンのライヴを絶賛してます。グラミー受賞したキタロウしかり単なる批評家の的になるだけでなく大衆に受け入れられているこの事実はこれからの若手に大きな自信与えることでしょう。

Written by fermata2000 at 2001-05-16 00:00:00
【その他】 楽器の魅力追求へ ジャズ演奏家集合
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/music/main.htm

20日の午後5時から東京の五反田簡易保険ホールで第一線で活躍する日本人ジャズミュージシャンたちが「ジャズ・ワークショップ」というコンサートを開くそうです。30代から70代までという、幅広い世代の26名のアーティストたちが様々な演奏を繰り広げる予定だとか。私、あまりジャズには詳しくないのですが、猪俣猛さん、村上寛さん、ジョージ川口さんら9人による、ドラムスだけのステージなんてとても楽しそう!打楽器だけの演奏って迫力があって素敵ですよね。

Written by fermata2000 at 2001-05-15 00:00:00
【その他】 文楽でカーテンコール 名コンビ復活で国立劇場
http://www.asahi.com/culture/update/0513/004.html

今日はニュースが少ないのでこの記事も載せちゃいます。文楽に興味のある人はいますか?一応、日本音楽の伝統芸能の中の一つなんですよ。文楽とは人形遣いの人が歌に合わせて人形を操るというもの。お芝居みたいなものです。で、今日の記事は人気の人形遣い2人が客席のカーテンコールにこたえてあいさつする、という伝統芸能の舞台ではめったにお目にかかれない一幕があったということなんです。その二人というのも人間国宝の吉田玉男さんと吉田簑助さんで、「曽根崎心中」を共演するのは3年ぶりだとか。ファンにはたまらない瞬間だったんでしょうね。

Written by fermata2000 at 2001-05-13 00:00:00
【その他】 音楽で人は癒されるのか?
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei/html/onair.html

毎週、日曜日の午前9時からテレ朝で放送される『題名のない音楽会』。今回は先週に続いて、“音楽の効用”をテーマにするそうです。最近、「癒し」という言葉が流行っているように、ヒーリング音楽がとても増えましたね。私も何枚かCDを聞きましたが、本来癒しと言うのは人それぞれ感じるものが違うと思っています。激しいロックを聞くと心が落ち着くと言う人もいれば、クラシックを聞くと穏やかな気持ちになると言う人もいると思います。ゲストに医学博士の五島雄一郎氏をお迎えし、様々な視点から「ヒ−リング音楽」を分析するそうです。あなたにとっての「癒し」とはどんなジャンルの曲ですか?

Written by fermata2000 at 2001-05-12 00:00:00
【その他】 バーニングプロダクションに物騒な噂
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/may/o20010510_60.htm

最近では小柳ゆき、郷ひろみ、他にも小泉今日子、稲森いずみが所属してるというバーニングプロダクションに、銃弾2発が打ち込まれたそうで、何とも不可解なわけですが、もっと不可解なのは事務所が警察に被害届を出さなかったこと。何で?超あやしい。黒い噂がちらほらとなんて東スポには書いてありましたが、警察はとりあえず銃刀法違反で調べてるらしい。さらに東スポによれば、記事にある匿名の電話というのは犯人で、騒がそうと思って撃ったのにバーニングが何も言わないから自分から警察にかけたって説も唱えてます。いや〜こわっ。

Written by fermata2000 at 2001-05-11 00:00:00
【その他】 ポルノグラフィティのポスター続報
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/may/o20010507_90.htm

やっぱ盗まれたそうで。だって予告してんだし、ナンバリングもされてんだからさ、盗んでちょうだいって言ってたんでしょ。「ポスターが無い!」って苦情が来て張りなおしに行くなんていかんよ。ちゃんと見張ってて盗まれたらすぐ張りなおさないと。でもこの場合は盗んだって表現はおかしいよな。暗黙の了解だもんな。早いもの勝ち公開プレゼントってことだよな。それにしても、100枚限定で最初の2枚を市ヶ谷に張って、盗まれたら張りなおすってのは、他の場所への影響とかってないのかな。ちゃんと予測して多く刷った100枚なんだろうけどさ。

Written by Grecoviche at 2001-05-08 00:00:00
【その他】 JFC作曲賞コンクール 作品募集/東京駅をミュージシャンに開放オーディション参加者募集
http://www.mde.co.jp/menu.htm

社団法人日本作曲家協議会が今年からコンクールを開催するそうです。厳正な譜面審査を経てすみだトリフォニーホールで演奏され、受賞作が決められるそうです。応募資格は1972年5月1日以降に出生し、日本国籍を持っている者で、編成は6人までの室内楽だそうです。また、週末にクラシックやジャズを中心にしたライヴを行ってきたJR東京駅の情報発信スペース「Break」が今年の7月から公募で選ばれた一般のミュージシャンに演奏の場を提供するそうです。応募資格は年齢・国籍・プロアマ・ジャンル・編成不問だそうで、だれでも参加する事が出来るそうです。

Written by fermata2000 at 2001-05-07 00:00:00
【その他】 ビルの屋上でピアニストが熱演
http://www.cnn.co.jp/2001/JAPAN/05/06/asahia6023.asahi/index.html

世界的ジャズピアニストのオスカー・ピーターソンが、タキシード姿でビルの屋上でピアノを弾いている。・・・・・・と思いきや、高さ5メートル、奥行き8メートルの人形だとか。港区海岸3丁目のビル屋上(レインボーブリッジから都心へ向かう首都高速環状線に入って間もなく、右手に見えてくるらしい)で熱演姿を置こうとしたのは楽器輸送の最大手「ピアノ運送」の取締役の花井さん。制作費に1000万円かかったとか。さらに自社ビルだけでなく、各地の配送センター屋上にものせたそうで、三鷹市、埼玉県戸田市、静岡県浜松市……etcで全6体・・・。社員はこんな1000万円もする人形を6体も怒らないんですかねぇ・・・と思ったら、「宣伝ならともかく、そんな金があるなら、おれたちの給料を増やしてくれっ」と言っているようです。

Written by fermata2000 at 2001-05-07 00:00:00
573 件中 531 - 540 件目 を表示しています
検索結果ページ:  前へ  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21800762]