最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する









音楽ニュース検索
【キーワード検索】
【カテゴリ検索】 洋楽NEWS | 邦楽NEWS | クラシックNEWS | デジタルNEWS | その他NEWS
【洋楽】 James blunt、英ラジオ局で放送禁止
http://www.barks.jp/news/?id=1000023507

英国エセックス州にあるラジオ局が、ジェームス・ブラントの曲を放送禁止にした。これは、リスナーからの「聞き飽きた」とのリクエストに応じたもの。すでに世界中で700万枚以上を売り上げているアルバム「バック・トゥー・ベッドラム」は英国人歌手としては9年ぶりに、米ビルボードチャートで第1位となった作品。今年に入ってからから日本でもFMではかかり捲くりですが、ご当地での発売は2004年。そろそろ新作ださないと。

Written by Grecoviche at 2006-05-31 09:21:22
【洋楽】 The Stone Roses スクワイア、10年ぶりにブラウンへコンタクト
http://www.barks.jp/news/?id=1000023509

元ストーン・ローゼズのジョン・スクワイアが最近、イアン・ブラウンへバッキング・トラックを送ったとか。「数週間前、彼からバッキング・トラックが送られてきたよ。それが96年以来、唯一のコンタクトだな。俺をまだ愛してる、全てが上手くいってることを望んでるっていうメッセージ付きのモーティーザーズ(チョコレート)以外にはな。俺たち昔は、クリスマスにモーティーザーズを送り合ってたんだよ」とイアンの談。再結成への期待が高まりますが、「10年も話してないんだ。まずあり得ないだろうよ。あいつが俺に電話してくるか、どうかだろ?ローゼズが解散したとき、おぼれるか、泳ぐかだった。俺はバタフライで後ろ向きに泳ぐ羽目になったんだ」とイアンは後ろ向きな発言。

Written by Grecoviche at 2006-05-30 09:28:18
【その他】 インターナショナル・ミュージック・コンテスト「DIESEL-U-MUSIC 2006」が応募を開始!
http://www.diesel.co.jp/dum/

ディーゼルが日本で3度目の開催となる、インターナショナル・ミュージック・コンテスト「DIESEL-U- MUSIC 2006」を開催する。ブランド・コンセプトである“For Successful Living”をもとに、将来有望な、才能溢れるアーティストの支援、発掘を目的としたインターナショナル・ミュージック・コンテスト。6年目を迎える今年は、日本、イギリス、アメリカ、イタリア、ベルギーの5ヶ国が密接なタッグを組み、共通のウェブサイトをプラットフォームに、アマチュア・アーティストの音源を募集中。ウェブサイトに音源をアップロードすることで応募完了というカンタンさ。JAPAN WINNERの3組は参加国ごとに選出されたWINNERとともに、10月上旬に予定のロンドンで開催される「DIESEL-U- MUSIC AWARDS 2006」に招待され、パフォーマンスをするとか。応募締め切りは 6/25(日)まで。

Written by Grecoviche at 2006-05-30 09:27:53
【邦楽】 SETSTOCK 06、最終出演アーティスト発表
http://www.setstock.jp/index2.htm

7月22日、23日に開催される西日本最大級の夏フェスSETSTOCK 06。オフィシャルサイトにて、フェス出演アーティストの最終追加出演アーティストが発表。今回追加されたのは、メインステージがHYとKREVAの2組で、オープニングアクトがキャプテンストライダム、GREAT ADVENTURE、ghostnote、DEPAPEPE、Bahashishi、ROCK’A’TRENCHの6組。同時に各ステージ別の出演アーティストも発表。

Written by Grecoviche at 2006-05-30 09:27:38
【邦楽】 竹中直人&ワタナベイビーがカヴァー・シングル「今夜はブギーバック」発表
http://blog.excite.co.jp/otoko-sore/

竹中直人とワタナベイビーがコラボしたカヴァー・シングル「今夜はブギーバック」が7月5日にリリース。重鎮アートディレクター信藤三雄の長編映画初監督作品「男はソレを我慢できない」のテーマ曲というから本編も楽しみ。夏公開。

Written by Grecoviche at 2006-05-27 23:18:01
【洋楽】 The Beatles エンターテイメント・ショー『LOVE』の全貌が明らかに!
http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/

アレグリアやキダムでおなじみのエンターテイメント集団シルク・ド・ソレイユがこの夏、開催するビートルズの楽曲を大々的に使用したショー『LOVE』の全貌が明らかに。ジョンのホーム・レコーディングのテープからの「ストロベリー・フィールズ・フォエヴァー」の未公開音源をミックスしたものや、ビートルズの様々な楽曲が新しい曲となって登場し、サージェント・ペパーやレディ・マドンナなどおなじみの楽曲の登場人物たちに扮し、ビートルズの楽曲の中にトリップする、サイケデリック・ジャーニーだとか。また、音には相当こだわったようで、200以上のシステム・スピーカーに加えて、客席にまでスピーカーが埋め込まれており、5.1CHのサラウンドで臨場感あふれる空間となっている模様。残念なことにラスベガスのみの公演となっておりツアーも企画されてますが、そこでまでも大げさでなくともと言う方には、ビートルズが初来日した際、宿泊したキャピトル東急ホテルにて「BEATLES Guest at Capitol Tokyu Hotel」なんてのもいいかも?

Written by Grecoviche at 2006-05-27 23:17:43
【洋楽】 エルトン・ジョン、名誉棄損訴訟で2100万円勝ち取る
http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200605250005.html

エルトン・ジョンが、英大衆紙デーリー・メールの記事で名誉を傷つけられたとして損害賠償を求めていた訴訟で、ロンドン高等法院は同紙に10万ポンド(約2100万円)の支払いを命じた。問題となった記事は「古風な皇族か陳腐な独裁者のようにうぬぼれた高慢な態度を取った」と言う内容。「ひどく当惑し、悩んでいた」んだとか。攻撃的な発言をするわりに傷つきやすいとは。


Written by Grecoviche at 2006-05-27 23:17:24
【洋楽】 キース・リチャーズが無事退院
http://www.mtvjapan.com/news/music/news_music_detail.php?music_news_id=1040

RollingStones.comに掲載されたメッセージによれば、キースは「体調も良好で、家に戻れて喜んでおり、来月ローリング・ストーンズのツアーに復活することを楽しみにしている」とのこと。しかし、バルセロナでの公演が早くとも7月になる見込みで、新たなツアー日程は追って発表するそうです。早く本人のコメントが聴きたいところ。

Written by Grecoviche at 2006-05-27 23:17:05
【邦楽】 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO 第4弾出演アーティスト発表!
http://rsr.wess.co.jp/2006/

8/18(金)・19(土)石狩湾新港樽川ふ頭野外特設ステージにて開催される、エゾロックことRISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZOの出演第4弾アーティストが発表。今回追加されたのは、18日にA Hundred Birds Orchestra、SLY MONGOOSE、SHINICHI OSAWA(MONDO GROSSO)、DJ EMMA(NITELIST MUSIC)、GANGA ZUMBA、19日にZi:LiE-YA、Radio Caroline、LIKKLE MAI、rei harakami feat.矢野顕子、UA×菊地成孔、MONO、sleepy.ab、ポカスカジャン、LONDON NITEの計14組。SLY MONGOOSEは注目!です。

Written by Grecoviche at 2006-05-27 23:16:45
55 件中 1 - 10 件目 を表示しています
検索結果ページ:   1 2 3 4 5 6  次へ
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon
Mail Magazine
毎日のNEWSをメルマガにてほぼ毎日送信中。とりあえず試聴を!(無料) 見本誌

電子メールアドレス:
Festival
music MP3 download
Our Favorite Sites
Label
CD Shop

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [21322263]