最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する








【解説】 c表示
 CDの裏などによく記載されている©という表示ですが、これは一体何を表しているか知っていますか?CDだけではなく、いろんなところでも見かけますね。でも、あれはちゃんとした表示の仕方があって、その規定通りの表示ではないとまったく効力を持たないんですよ。だから、ただの飾りみたいな気分で用いている人もいるだろうし、なんだか良く分からずに、とりあえず使っている人もいると思います。では、ここでその「©表示」について説明しましょう。
 日本の著作権制度を知っていますか?日本では著作権を取得する為にどこかで手続きをする必要はないのです。創作物が出来上がった瞬間に、著作権が発生するのです。しかし、それは世界中の全ての国に言えることではありません。著作権登録をしなければ、著作物として扱ってくれないケチな国もあるのです。日本のように登録をしなくても創作物を著作物として扱おうと約束をしている国々は「ベルヌ条約」という条約を結んでいるので、面倒な申請は要りません。しかし、それとは反対にいちいち著作権の登録をしようと約束をしている国々は「パン・アメリカン条約」という条約を結んでいます。そうしたら、この二つの条約がぶつかり合ってしまうことになります。それは大変面倒なことになるので、「ベルヌ条約」と「パン・アメリカン条約」の架け橋として新たに「万国著作権条約」という条約を結んだのです。それで、「ベルヌ条約」に加盟している国も©という表示がしてあれば、「パン・アメリカン条約」に加盟している国において著作権の保護を認めてもらえるようになったのです。アーティストの立場から立ってみれば、今まで「パン・アメリカン条約」を結んでいる国で自分の曲が使われても著作権使用料が入ってこなかったけれども、 ©表示をすることによって、保護を受けられるようになったのです。

 しかしながら、この©には表示の仕方があって、その規定以外の表示であると、著作権が認められません。まず、必ず©と表示して、その後に発行年、著作(権)者名の3要件を記載します。(発行年と著作(権)者名は順不同です。)

(例)
©2000 フェルマータ
©2000 FERMATA
©フェルマータ 2000
©FERMATA 2000

 しかし!ここが肝心なところです。もともと「パン・アメリカン条約」に加盟していたアメリカが「ベルヌ条約」に加盟してしまったのです。ですから、もう©表示をしなくても大国アメリカで著作権は保護されるのです。現在、中南米の一部では、まだ登録をしないと保護してもらえない国があるので、 ©表示の効力が失われたわけではありませんが、ほとんどの国が日本と同じように登録なしで著作権の保護をしているので、「国内のみでデビューしよう!活動を繰り広げよう!」と思っている人は ©表示というのはほとんど関係が無いですね。(笑)

Written by Kleine at 2000-07-10 00:00:00
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [27398171]