最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する








【コラム】 きよしの「日本武道館−BECKさんレポート00.05.31」
 「生」って素晴らしいんでス、やっぱり。行けなかった人(僕も含め)たちの為にハンドルネーム”きよし”さんからライブリポート送ります!
 九段下の駅を降りると、ライブがある日独特の光景が目の前に。たくさんの人たちや、露店を通り抜けると、田安門が見えてきました。門をくぐり抜けてすぐのところで、ツアーグッズを販売しているのを発見。直行しました。もちろん買ったさ、アホだからね、私は。思うツボだよ、あいつらの。でも買わずにはいられないんだよね、こうゆうの。

今回は、
1:ツアーパンフ(薄っぺらいのに、¥2,000もした!)
2:Tシャツ(こちらはなんと¥4,000!高い!しかもサイズ小さい!家で着てみたら、超ピチピチ・ムチムチ)を購入。

そして会場へ。チケットを切られ,形式だけのカメラチェックを受けて場内に入ると、まず、日の丸が目に入り,次にステージに目が。変なチューブがぶらさがってたりとか、工事現場にある三角コーンが転がってたりして、わけがわかりません。

【19:10】
場内暗くなる。イントロが流れ、こ汚いシーツみたいなものを被った人が登場。それがBECKさんでした。子犬のようにかわいい!そして、なんて華奢なんでしょう!衣装は普通の格好。でも、動きがおかしい。ロボットダンスみたいなの踊ってました,彼。感動しました,私。そうかと思ったら、急にこわいくらい動きが柔らかくなって、なんかふにゃふにゃしながら歌ってた。珍しい生き物を見ているような感覚でした。

【20:00ぐらいだったと思う】
衣装替え。キラキラ・ラメラメの“ピンクだっ!”っていうほどのピンク色のセクシー上下に身を包んだBECKさん登場。すると、上からベッドがステージ中央に降りてきた!そして、BECKさん「今日は忙しい一日だったよ」とか言いながら,ベッドに横になった!「テレビでも観ようかな。NHK?」って地域ネタ!まぁ、NHKなら日本全国通じるしね。きっと、福岡とか、大阪でも同じこと言ってたんだろうなぁ。あっ、バンドのメンバーもベッドに入り始めた!計10人ぐらいの大人がセミダブルのベッドに入っておくつろぎのご様子。完全に休憩とってました、彼ら。このほんの少しの間の休息で、すっかり元気になったのかBECKさん、みんなに「仕事に戻ろ!」とか言っちゃって、みんなをベッドから追い出して、ひとりベッドに残り、枕に抱きついたり,キスしたりしています。寂しいのかしら,彼女と会えなくて。

【20:20頃】
ひとまず終わってアンコールへ。まずは、DJのお兄さんの一人舞台。なんだかとっても暑そうな銀色衣装ですこと。それは、消防士?宇宙飛行士?ガスマスク?防災ずきん??一体なんなのさ???わかんないけど、とりあえず暑いのは確か。一人舞台なもんだから、はりきっちゃって、はりきっちゃって、銀色人。最後にはターンテーブルに「コンニャロー!」って感じでレコード投げつけてました。笑いました。それが終わると,BECKさん達、登場。ここからが、またおもしろかった。今回,私が一番聞きたかった曲がやっときたっ!その曲がおわると、なにやら舞台上が騒がしくなり始めた。セットのチューブとか引っ張って壊してる!三角コーン投げつけてる!ひっこ抜いたチューブ自ら首に巻きつけてる!しかも、自分で首に巻きつけてるのに、ちょっぴり苦しそうな表情浮かべてる!なんだこれ?????と思っているうちに、ステージに立入禁止のテープがはられ、場内が明るくなりました。あらっ、終わったのね。けっこう、あっけなかった。

【20:50前後】
終了。以上です。


--------------------------------------------------------------------------------
さすがのパフォーマンスぶり。きよしさん!ベックチャンはは寂しくないはず。予定より早く来日して彼女と京都に泊まったらしいッスよ。まだいるかどうかは知らないけど。「僕が有名になる以前から好意をもってくれてたってとってもスペシャルなんだ」と彼女のこと語ってましたがうらやましい限りの美人。写真じゃ良く見えないからこちらも生で観たいッス。

Written by きよし at 2000-06-04 00:00:00
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [27398361]