最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する








【コラム】 「最近の音楽ってどう?13」[2000.09.28]
いや、しかし参った。わしのパソコンがいきなりイカレて。なんの反応もありゃしない。せっかく今までためたネタ帳が。せっかく集めた数少ない友達のメアドが。せっかくおとしたMP3が。全てパー。めちゃむかつく。さすが本厄。なんもいいコト起きないと思ってたら、きっちり嫌なことは起きやがって。で、メールはパスワードをなんとか覚えててCにあれこれ聞きながら復活させたから、これをもし知り合いが読んでたら、みんな一斉に何かメールを送れ。アドレスがわからないから。それをもってまだ友達かどうなのか判断できるし。これで誰もこなかったらどうしよう。大いに有り得るから困っちゃう。はて、本題に入りますが、27日はリリースラッシュでした。倉木麻衣の新曲、浜崎あゆみのニューアルバム、他にもPUFFYの「ブギウギNo.5」、DA PAMP、PIERROT、ピチカート、鈴木あみとシングルリリースから、アルバムも浜崎の「Duty」から、ミスチルの「Q」、さらに矢沢永吉、解散決定のT&Cボンバー、久保田利伸、中西圭三、dpsとアイドルから実力派まで、実にリリースラッシュだったのであります。敢えて別に書きますが、何かと注目されている郷ひろみと松田聖子のデュエット曲も昨日発売だったわけです。私は言いたい。このシングルを買うやつは絶対に音楽を心から愛してないやつだと。音楽をなんだと思ってるのかと。こんな話題性最重要視の曲なんて、売り出す方の神経もわからんが、買うやつの神経もさっぱりわからん。絶対に買っても半年後にはほこりを被ってるなんてのが想像つく。郷ひろみもせっかく上り調子だったのに、こんなとこでミソを付けなくても。松田聖子は待ってましたとばかりに、新曲にあわせてリミックスアルバムまで出しちゃうし。やらしいわ。やることが。こんなことで夢を与えるなんて思ってるんでしょうか。私は芸能界でも真面目だと思ってた郷さんに裏切られた感じです。あぁ、やっぱり芸能界なんて所詮美男美女の集まり。やっぱやることは汚いんだわ。己の本能の赴くままに、理性などは存在しないのかと一括りしたい気分。その急先鋒の彼ら、私は今後彼らを絶対応援しません。こんな吐き気が催すことを世間にさらけ出しやがって。ま、わしになんの影響もないんだからこんな一人で怒ってることもないんですがね。
ところで、その新曲ラッシュですが、早くもその日のチャートがオリコンに出てました。なんと、浜崎がアルバム・シングル同時1位です。シングルは浜崎の初回限定「SURREAL」が1位、以下倉木麻衣、鈴木あみ、PIERROTで、5位にポルノ・グラフィティ。どうしたPUFFY、DA PAMP。ま、酷ですかね。今が旬の歌手が上位独占はやむを得ないでしょう。アルバムは浜崎が1位で、以下ミスチル、レディオヘッド、山崎まさよし、矢沢永吉と続きます。ま、初日だし、どんな方法で集計してるのかもわしにはさっぱり分からないので、何日かたってどんな風にチャートがなるのか注目しておきたいとこですね。それにしても浜崎の強さばかりが目立つ。男女問わず若者に受けてるのが強いね。所詮CDの購買層なんて若者がほとんどだし。倉木はインパクトは浜崎に劣るけど、じっくりじっくり売れつづけるだろうから、だいぶ売れるんじゃないですか。鈴木あみは完璧に負けですね。アイドルですから浜崎と同じで、次々出してどんどん売るアイドルパターンですから、売れつづける持続力がないぶん、ぱかぱか出して瞬発力勝負って感じ。競馬みたいにたとえると。相手が浜崎じゃ分が悪いか。完全アイドルの鈴木さんは。チャート見ただけで善し悪しなんて語っちゃいけないんですがね、順位をつけてるので勝ち負けなんて言ってますが、しかしながらこの辺の人は、もう数え切れないくらい大勢のファンがいますからね、他人との優劣じゃなくてその人達にいかに満足される作品を提供するかが重要なんですよ。わたしゃこん中では倉木さんくらいしか縁はないですかね。
で、アルバムですが、しかし浜崎強し。止めらんないな。まだまだ。ミスチルが2位に食い込んでまだまだというとこを見せ付けてくれたんですが、ま、1日の集計じゃね。とりあえず週間チャートが出るまで様子を見たいんですが、このままだと浜崎の1位はまず間違いないでしょう。リリース前の宣伝も注目も、客観的に全然他と違いましたから。個人的には中西圭三の「SINGLES2」とか、dpsはもはやこれまでなのかってとこに注目してるんですが。難しいですね。世知辛い世の中。主力購買層の若者の流されやすい気質を考えますと、売れる歌手がどんどん変わってくのもしょうがない事実。中西圭三は実力派ですから、ファン層は年齢層やや高めだし流されることはないと思うんですが、dpsを支えていたのは紛れもなく高校生を中心とした男子若者。素人コギャルをウリにしてたのに、ここまで同じタイプが出てくると、どうしてもなにか特別なものがないと余程のことがない限り残れません。しかし27日は豪勢な1日でしたね。音楽業界の人にとっては。しかし私はそれどころじゃありません。パソコンをどうしようか。金をどっから調達してくるか、大いに悩んでおります。

Written by YMD at 2000-09-28 00:00:00
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [27398295]