最新音楽ニュース 洋楽 邦楽 NEWS 映画情報 ランキング紹介のブログ、RSSサイト。無料メルマガ ・ 携帯サイトも是非ご利用ください。
ferm@ta2000.com
トップページ | Rock Star Calendar | レコメンド | コラム/解説 | リンク | このサイトについて | お問い合わせ | 泣ける モノ(amazon)
CHART & RANKING
MUSIC NEWS
RECOMMEND
QRコード モバイル版も公開中!
QRコードで簡単アクセス!暇つぶしにどうぞ。
http://fermata2000.com/i/

 RSSリーダーで購読する








【コラム】 演歌について考える
まず最初に、コラムが1日遅れたことに対して深くお詫び申し上げます。って別にいつも長いコラムなんで大した影響はないはず・・・ということを言ってたら根本問題である信頼に関わってきてしまうので、まずはお詫び申し上げます。どうも最近眠くてね。昨日はニュースのコメントを作ったら寝てしまう予定だったんですが、ついつい、ドラクエ7と借りた5をやってしまいました。7は長すぎてしばらくやってなかったので。5は友達に借りて、「すぐ返す」といってる手前早くクリアしなくちゃって思ってついつい。したら明け方近くだったので寝ちゃいました。ごめんね。さて、おととい鈴木あみのドラマについてお知らせしましたが、私もとりあえず見てみました。演技力については昨日ちょろっと書いたので、見てて一つだけ解せないところがあったので、それを。セリフは忘れましたが、それは鈴木あみが暗い部屋の中で、テリー伊藤扮する怪しげな男と会話をしているシーンで起こりました。鈴木「ゴホッ、ゴホッ」、テリー「風邪でもひきましたか?」、鈴木「いや、花粉症・・・」・・・、花粉症はくしゃみだろ!咳してどうする!これ意図的ですかね。今後のドラマの展開の中でなんか関係してきますかね。もしも今後なんも絡まなかったら、俺はこのことを大笑いしてやる。ということは今後も見続けるってことです。ミーハーなんでね。あはっ。
そういえば、今日バイトから帰ってきて新聞を読んだんです。うちは読売なんですが、テレビ欄の下に読者投稿の欄があるんです。そこにですね、「演歌の花道」終了を惜しむ声が11通押し寄せていることが載ってました。この読者投稿欄に10通を超える葉書が寄せられるというのは、比較的反響が大きい方です。そこにはですね、45歳の方の投書が載せてありまして、初回出演者が青江三奈で、先日亡くなったことからも時代の流れを感じるというようなことが書かれてて、その後に演歌をつくる作家の方々への痛烈な批判が書かれてました。曰く、「せっかくいい若者が大勢いるのに、曲を作る作家陣に意欲が感じられない」ようなことが書かれてました。同感です。もひとつ言うとすれば、レコード会社の意欲も感じられません。まずアピール、宣伝が弱い。おそらく企業としては、ある程度の市場規模を考えてるので、そこまで演歌に対して宣伝をかけられないというのがあるでしょう。演歌の市場規模というのは年々小さくなっているとなんかの新聞で読んだことがあります。アメリカ、ヨーロッパの影響をモロに受けてデジタル音楽、はたまたロック全盛のこの時代、企業の利益を考えれば、当然世代が限られかつ購買力の比較的低い、高年齢層を相手にせざるを得ない演歌は、一番先に整理の対象になるでしょう。それが山本譲二や石川さゆりといった大物演歌歌手のレコード会社との契約解除として表れた端的な例だと思います。とか言っときながら僕も演歌を聞くわけではないので、偉そうなことはあまり言えないのですが、しかしながら、現在の歌番組はゴールデンタイムと深夜にいくつかありますが、ターゲットが若者向けの為、演歌を紹介する機会がないというのもあるし、演歌は有線を中心にラジオによる宣伝効果がメインで、若者と違って売れる曲はじわじわ長生きするという特徴もあるので、必ずしもど派手に宣伝しなくてもという、独特の市場が形成されてるという事実もあるので、普通のポップスと同じように露出したからと言って売れるかというと、それもまた疑問。そこで作家の方に話を戻しますが、確かに演歌という曲に対して、新たなファンを広げるという工夫はまるっきり見られません。坂本冬美や香西かおりのように演歌歌手の中でもまだ若い部類に入る人は、若干ポップス調にアレンジして広い年齢層に受け入れられる工夫をしてみたり、天童よしみのように、親しみやすいキャラクターを生かして名前を広めたりとするのがせいぜい。もっと演歌の良さを広める機会があってもいいと思うんです。そういう意味ではフジの深夜にやってた演歌歌手だけを集めたトーク番組なんかは非常にいい番組だと思ってたんですが、この番組改変で終わったんでしょうか。この前見た時総集編みたいに、今までのゲストのトークをもう一度流してたし。わからないんですが、もし、万が一続いてるとしたら、私はしっかり見ていきたいですね。これからも。だから、もうちょっと頑張っていただきたい。日本コロムビア、テイチク、ビクターをはじめとする演歌を扱うレコード会社の方々。整理統合するだけでなく、活性化する為の努力もみせて欲しいわけです。とか、何も知らないくせに、演歌について語って申し訳ない。かくいう私は演歌に対するコメントを書いておきながら、ヘヴィメタを聞いて、今は小室さんのSPEED2のテーマを聞いてます。

Written by YMD at 2000-10-05 00:00:00
【レコメンド】 Bon Iver / 22, A MILLION [購入はこちら]

【2016年心に残ったアルバムベスト1】
米国のフォーク・ロックバンドのサード・アルバム「22, A Million - ボン・イヴェール」。前作はグラミー賞で「最優秀新人賞」と「ベスト・オルタナティブ・アルバム」を受賞する実力派。
何度聴いても飽きない。今年一番聴いたアルバム。






Bon Iver - 22 (OVER S∞∞N)





Written by Grecoviche at 2016-12-21 11:16:13
過去のRecommendを見る
amazon

copyright(C)2000-2009 ferm@ta2000 All Rights Reserved [27398365]